ウチの夫は仕事ができない

『ウチの夫は仕事ができない』の6話のあらすじと感想!司と沙也加が喧嘩?

ウチの夫は仕事ができない
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
おんな城主直虎
陸王
今からあなたを脅迫します

ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。司の姉のみどりは、彼氏ができて家を出て行きました。彼氏は司の同僚の田所でした。喧嘩をしないといけないと聞かされた沙也加は、必要ないと思いますが、うっかり司の大事な粘菌を駄目にしてしまいます。


スポンサードリンク


6話以外のあらすじ

『ウチの夫は仕事ができない』のキャスト

  • 小林司 錦戸亮、仕事ができない夫
  • 小林沙也加 松岡茉優、司の妻
  • 土方俊治 佐藤隆太、チーフ
  • 黒川晶 壇蜜、上司
  • 田所陽介 藪宏太、同僚
  • 町田あかり イモトアヤコ、沙也加のマタ友
  • 小林みどり 江口のりこ、司の姉

『うちの夫は仕事ができない』のストーリー

沙也加(松岡茉優)の将来の夢はお嫁さん、理想の男性は亡くなった父親でした。やさしくてなんでもできるひとで、どんなことがあっても家族を守ってくれるそんな人が理想でした。そして、その夢は叶い、沙也加にとって理想の男性そのものの小林司(錦戸亮)と出会い、結婚することができました。大企業のイベント会社「マックスエンターテインメント」に勤めている小林司(錦戸亮)は、顔が良く、優しく、仕事が出来て、沙也加が安心して頼ることのできる男性だと思っていました。

ある日、司は、第一制作部に異動になりました。張り切って出かけますが、スマホを家に忘れてしまいます。それを会社に届けた沙也加は、実は司が仕事ができないダメ人間だと言うことが分かってしまいビックリします。司の異動は、辞めさせるための人事でした。そんな司は、相変わらず新しい部署でも自らの判断不足でミスを犯してしまい、第一制作部の全員にそっぽ背かれてしまいました。失意の司は退社することを決意して、本当は仕事ができないんだと沙也加に本当のことを告白しました。

妊娠していることが分かった沙也加は、逆に、そんな会社はやめてしまえと司に言いますが、司は、沙也加と生まれてくる子供のためにもう一度頑張ろうと決意しました。

土方は、司を黒川が仕切ってる東京おもちゃエキスポのイベントに参加させました。黒川は弁当発注を任せますが、予算を気にせずに発注してしまった司は、土方から沙也加の見てる前で怒られてしまいました。ショックを受けた沙也加はマタ友に紹介できませんでした。エキスポが終わった後、クライアントから弁当が特に良かったと言われますが、クライアントは田所だと勘違いして帰っていきました。家に帰ると、沙也加に怒られますが、司は手柄よりもみんなが喜んでくれたことのほうがうれしいと言いました。

翌日、土方はショッピングモールの集客イベントの企画を司と田所と二人に命令しました。その日、決起大会と言われて、黒川とのみに行って酔いつぶれてしまいました。黒川は、酔っ払った司を家まで送ってきてくれます。黒川を男と思っていた沙也加は、送ってきてくれた黒川を見てショックを受けてしまいました。

ショッピングモールの集客イベントの企画は、司の世界的デザイナーのレイジ・カキタニの個展と田所のTシャツ配布イベントのコラボに決まりました。まずは引き受けさせるのが大事だと言う田所に対して、嘘はだめだと一点張りの司。司の熱意が通じて、なんとか、企画を成功させることができました。

司は、TVのイベントの中の、放映されない隙間企画を任されます。沙也加のマタ友のあかりが夫の彦丸の行動に腹を立てて離婚だと言ってることを聞いて、その企画で仲直りさせることを考えました。ミスもありましたが、企画はうまくいって、あかりたち夫婦は元の鞘に戻りました。

老舗文房具メーカー茜堂から万年筆の拡販のイベントで、真知子の声を集めるように言われた司は、老人たちに話を聞きますが、あまり使っていなく、逆に若者たちに流行の兆しがあるとわかります。しかし、気が弱い司は、土方に何もいえませんでした。プレゼンのときに、たまたま知り合いになった茜堂の東会長から惟謙を求められて、土方に逆らって若者向けのプレゼンをして採用されました。土方は腹を立てますが、若者向けの拡販に舵を切り替えました。

ずっと司の家に居候していた姉のみどりは、彼氏ができて、家を出て同棲することになりました。彼氏は、同僚の田所でした。

 


スポンサーリンク

『ウチの夫は仕事ができない』6話のあらすじ

「ウチの夫はしごとができない」は、有料ですが、Huluで見ることができます。⇒ Hulu

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

第一制作部では、ルール至上主義で有名な経理の合田(袴田吉彦)がやってきて、田所陽介(藪宏太)が、締め日に1日おくれたと言うことで伝票を突っ返されました。田所は、自分のミスを人のせいにして周りに八つ当たりをしていました。

沙也加(松岡茉優)は、あかり(イモトアヤコ)のもんじゃ焼き屋に行って、マタ友たちと話をしていました。司と喧嘩をしたことがないというと、あかりたちに、本音をさらけ出していなくて、いい顔しか見せてないと言われてしまいます。そして、喧嘩していない夫婦は、1回の喧嘩で別れてしまうこともあると、脅かされて、なんとか司とケンカをしたいと思いました。

司がお昼にお弁当を食べてると、大貫工芸の大貫と看板の下請け会社の人がやってきます。大貫が請け負った看板が延期になってしまい、経理からは納期が決まったら支払うと言われたようです。小さな会社で、すでに看板はできているのでお金をもらわないと倒産してしまうと泣きくずれてしまいました。司は、その話を経理の合田にもって行きますが、やはり断られました。

制作部に戻って、大貫に断られたというと、何とかお願いしますといわれて、何とか努力すると答えました。午後の仕事が始まって土方(佐藤隆太)が帰ってくると、大貫の話をしてみました。土方は、

「担当はお前だ。大貫工芸の大事な問題だ。経理とけんかしてでも支払ってもらえ」

といわれました。上司の黒川晶(壇蜜)からも、

「おまえ、仕事できないんだからさ、けんかぐらいできる男になれよ。会社や仲間を守るためにはな、喧嘩しなきゃいけないときもあるんだよ」

と言われてしまいます。

家では、沙也加が司と喧嘩をする原因を考えて、家事放棄しました。ところが、肩がぶつかっても、沙也加が投げたおタマがあたっても、夕飯がなくても、まったく怒りませんでした。しかたなく寝てると、深夜、田所と喧嘩したみどり(江口のりこ)が、家出してきたと酔っ払ってやってきました。

 

翌朝、司は沙也加に、大事な粘菌を外に出しておくので水を与えないでくれと言いました。沙也加はみどりの彼氏の話に夢中になっていて聞いてなく、お昼に水をたっぷり与えてしまいました。

みどりは、彼氏と仲直りして家に帰っていきました。司は、喧嘩するよりも説得しようと、大貫工芸の今までの実績をあつめていました。

司が家に帰ると、粘菌に水をかけられてだめになってしまったことがわかります。司は顔色が変わって、沙也加に怒りだします。

「駄目になってる。粘菌が、イタモジホコリが駄目になってる。これに水かけた?」

「うーん。水遣りのときに、かかっちゃったかも」

「え?なんで?今朝、言ったよね。聞いてなかったの?粘菌に水は駄目になっちゃうんだよ。こうなったら取り返しつかないんだよ」

「ごめんなさい」

「全然、悪く思ってないじゃないか」

と、二人は喧嘩になります。沙也加は布団の中にもぐりこんで大声でどなりちらしました。司は、自分の飼育室の中に閉じこもって無言で粘菌を見つめていました。

 

翌朝、目が覚めた司は、「なんてこと言っちゃったんだ」と後悔しました。寝室の沙也加を覗いて、声をかけましたが、思いっきり怒っていて司のほうを見向きもしませんでした。

沙也加はあかりのところに言って、初めて喧嘩をしたことを言いました。すると、これからが大変だといいます。どうにかして、司から謝らせるか?が問題だそうです。

一方の司は、会社で仕事をしてると、緊急事態が発生して、全員で現場に行くことになってその日は帰れなくなりました。<今日は帰れません>を間違えて、<今日は帰りません>とだけメッセージを沙也加におくりました。それを読んだあかりたちは、ぜったいに沙也加から謝ってはだめだと釘をさされます。

翌日、緊急の仕事から帰ってきた司は、大貫工芸の実績を持って合田の所に行きましたが、「ルールですから」を繰り返されました。

休憩時間に、土方から、

「俺もお前も合田も、同じ会社の人間だ。やってることはひとつの仕事。何か手はあるんじゃないか?」

「けんかですか?けんかなんて、お互いきずつくだけじゃないですか」

「じゃ、つぶしてもいいのか、ひとつの会社を。こつこつがんばってくれた職人たちを路頭に迷わせていいのか?お前が言ったことだ。お前の仕事なんだよ。お前しだいだ」

司は経理の部屋に行って、必死になって経理の仕事をしている合田の後姿を見ました。

 

家で待ってる沙也加は、母親にどうやったら仲直りできるのかを聞いてみました。すると、

<よく言うでしょ?「夫婦は向き合うんじゃない、同じ方向を向いて歩むんだ」って、それを忘れずに>

というメッセージがかえってきました。

そこに、司がかえってきました。二人とも、お互いに仲直りしたいと思っていながら、目もあわすことができませんでした。仕方なく、司がお風呂に入ってると、停電になってしまいました。沙也加は、スマホのライトでバスタオルを渡します。出てきた司はろうそくに火をつけながら、沙也加に素直に謝りました。沙也加も謝ると、二人とも笑顔になって、仲直りすることができました。そして、沙也加は、喧嘩をしたいと思ってたけど、いざしてみると、仲直りの方法がわからなくて困ったと話しました。そのとき、停電が直りました。

仲直りした司は、明日からもお弁当を作ってくださいとお願いしました。沙也加は、

「お弁当を作ってると、一緒にがんばってるような気持ちがしてたの。ツカポンのお弁当をつくるのが、私の活力だなって気がついたの。だから、私の人生で、ツカポンのお弁当を作らないのは、物足りないんだってきづいたの。だからね、これからも、お弁当を作らせてください」

「ありがとう、そんなお弁当を食べられる僕はしあわせです」

二人はだきあいました。

 

翌朝、司はお弁当を持って出社しました。会社に着くと、すぐに合田の所に行ってあやまりました。そして、

「今日は、喧嘩をしにきました」

といって、なんとか大貫工芸のお金を払ってくれと頼みました。無理なら上層部まで行くと言うと、出世できないからやめとけと言われます。司は、すでに仕事ができないと言うレッテルを貼られてるのでかまわないと言って、直接常務に話をすると駐車場に行きました。合田は、司が出て行った後に、常務と土方に連絡を入れておきました。

駐車場では、常務が車を降りてくるところに、司が出て行って、大貫工芸を助けてくれと稟議書を差し出しました。常務は何も言わずに受け取って上にあがっていきました。

しばらくすると、土方が稟議書を持って司のところにやってきました。

「小林、おまえ、常務に直談判に行ったのか?常務、合田とお前に喧嘩を売られたと怒ってたぞ」

そういって、稟議書を司の前に差し出しました。そこには、常務のはんこが押してありました。

(⇒ 7話のあらすじ

『ウチの夫は仕事ができない』6話の感想

面白かったですね。今回はケンカがテーマでした。恋人、夫婦のケンカ、会社の中でのケンカ、いろいろなケンカが出てきていましたが、ケンカはしないに越したことがないですが、本音と本音がぶつかり合えば、ちょっとずつ衝突が出てきてしまいます。それが大きくなってくとケンカになってしまいます。

ケンカにも2種類あると思います。単なる意地の張り合いで、発展性がないこどものケンカと、良い会社、良い夫婦、良い関係を築くための大人のケンカです。こどものケンカはダメですが、大人のケンカはどんどんやっていくべきだと考えています。というか、そうしないと偽物の夫婦とか、ただのなかよしグループになってしまいます。相手を思いやる本当の関係をつくるには大人のケンカが必要です。特に、夫婦には必要だとわたしは思います。

司と沙也加のケンカは子供のケンカでした。単純に自分の大事なものを壊されて、怒りにまかせて怒鳴っただけのケンカです。そんなケンカは、やっても意味がないです。あかりたちのケンカなどは、ちゃんと意味があります。より良い関係になるためのケンカでした。そのあたりを良くわかってないので、というか、司も沙也加も精神的にお子様なので、あんな形になってしまったと感じました。

しいて言えば、あのケンカは司の方が悪いのではないでしょうか。それほど大事なのものなら、「ちゃんとしておけよ」って感じですし、「わたしよりも粘菌のほうがだいじなのか!」っていう気持ちが沙也加の中にあったのではないでしょうか。

大貫工芸の話でも、司の子供っぽさが出ていました。仕事ができないという感じではなくて、自分の仕事も相手の仕事も、仕事が何なのか判ってない感じでした。それは、大貫工芸がやった仕事は司のモノでないですし、郷田の所にひとりで行って、すぐに返ってきてしまうし、揚句には、土方や合田の言った通りにしかやりませんでした。これは、1話から全く変わっていない部分です。すでに半分以上話が進んでいますので、もうすこし、努力したり、影で頑張ったり、何かに気が付いて、ちょとずつ仕事ができるような脚本にしてあげないと、演じてる錦戸さんも可哀そうだと思います。

このままいくと、結局最後に、「ウチの仕事は仕事ができない」のではなくて、仕事はできるのだけども、周りに優しくし過ぎてしまい、ぜんぶしわ寄せをかぶってしまう夫だという落ちになりそうです。

以上、ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  2. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  3. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  4. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想と視聴率!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  5. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  6. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  7. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  8. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  9. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  10. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
スポンサーリンク

最新情報

  1. 今からあなたを脅迫します
  2. 陸王
  3. 陸王
  4. おんな城主直虎
  5. ACL(AFCチャンピオンズリーグ)
犯罪症候群
  1. おおかみこどもの雨と雪
  2. お迎えデス。
  3. サクラ
  4. 人は見た目が100%
  5. サッカー
  6. ステーキ
  7. 今からあなたを脅迫します
  8. 水族館

多くの人に読まれている情報

  1. スニッファー嗅覚捜査官
  2. 刑事ゆがみ
  3. 火花
  4. カルテット
  5. 刑事ゆがみ
  6. サクラ
  7. ラード
  8. 都知事選
  9. クラゲ
  10. 健康診断
PAGE TOP