ウチの夫は仕事ができない

『ウチの夫は仕事ができない』の7話のあらすじと感想!司の父親が上京!

ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。司の父親が上京してきます。父親は跡取りがほしいので男の子が言いと言いますが、沙也加とは意見が会いません。さらに、司が仕事ができないことが父親にもばれてしまいます。

スポンサーリンク

7話以外のあらすじ

『ウチの夫は仕事ができない』のキャスト

  • 小林司 錦戸亮、仕事ができない夫
  • 小林沙也加 松岡茉優、司の妻
  • 土方俊治 佐藤隆太、チーフ
  • 黒川晶 壇蜜、上司
  • 田所陽介 藪宏太、同僚
  • 町田あかり イモトアヤコ、沙也加のマタ友
  • 小林みどり 江口のりこ、司の姉

『うちの夫は仕事ができない』のストーリー

沙也加(松岡茉優)の将来の夢はお嫁さん、理想の男性は亡くなった父親でした。やさしくてなんでもできるひとで、どんなことがあっても家族を守ってくれるそんな人が理想でした。そして、その夢は叶い、沙也加にとって理想の男性そのものの小林司(錦戸亮)と出会い、結婚することができました。大企業のイベント会社「マックスエンターテインメント」に勤めている小林司(錦戸亮)は、顔が良く、優しく、仕事が出来て、沙也加が安心して頼ることのできる男性だと思っていました。

ある日、司は、第一制作部に異動になりました。張り切って出かけますが、スマホを家に忘れてしまいます。それを会社に届けた沙也加は、実は司が仕事ができないダメ人間だと言うことが分かってしまいビックリします。司の異動は、辞めさせるための人事でした。そんな司は、相変わらず新しい部署でも自らの判断不足でミスを犯してしまい、第一制作部の全員にそっぽ背かれてしまいました。失意の司は退社することを決意して、本当は仕事ができないんだと沙也加に本当のことを告白しました。

妊娠していることが分かった沙也加は、逆に、そんな会社はやめてしまえと司に言いますが、司は、沙也加と生まれてくる子供のためにもう一度頑張ろうと決意しました。

土方は、司を黒川が仕切ってる東京おもちゃエキスポのイベントに参加させました。黒川は弁当発注を任せますが、予算を気にせずに発注してしまった司は、土方から沙也加の見てる前で怒られてしまいました。ショックを受けた沙也加はマタ友に紹介できませんでした。エキスポが終わった後、クライアントから弁当が特に良かったと言われますが、クライアントは田所だと勘違いして帰っていきました。家に帰ると、沙也加に怒られますが、司は手柄よりもみんなが喜んでくれたことのほうがうれしいと言いました。

翌日、土方はショッピングモールの集客イベントの企画を司と田所と二人に命令しました。その日、決起大会と言われて、黒川とのみに行って酔いつぶれてしまいました。黒川は、酔っ払った司を家まで送ってきてくれます。黒川を男と思っていた沙也加は、送ってきてくれた黒川を見てショックを受けてしまいました。

ショッピングモールの集客イベントの企画は、司の世界的デザイナーのレイジ・カキタニの個展と田所のTシャツ配布イベントのコラボに決まりました。まずは引き受けさせるのが大事だと言う田所に対して、嘘はだめだと一点張りの司。司の熱意が通じて、なんとか、企画を成功させることができました。

司は、TVのイベントの中の、放映されない隙間企画を任されます。沙也加のマタ友のあかりが夫の彦丸の行動に腹を立てて離婚だと言ってることを聞いて、その企画で仲直りさせることを考えました。ミスもありましたが、企画はうまくいって、あかりたち夫婦は元の鞘に戻りました。

老舗文房具メーカー茜堂から万年筆の拡販のイベントで、真知子の声を集めるように言われた司は、老人たちに話を聞きますが、あまり使っていなく、逆に若者たちに流行の兆しがあるとわかります。しかし、気が弱い司は、土方に何もいえませんでした。プレゼンのときに、たまたま知り合いになった茜堂の東会長から惟謙を求められて、土方に逆らって若者向けのプレゼンをして採用されました。土方は腹を立てますが、若者向けの拡販に舵を切り替えました。

ずっと司の家に居候していた姉のみどりは、彼氏ができて、家を出て同棲することになりました。彼氏は、同僚の田所でした。

沙也加は、あかりから喧嘩をしないといい夫婦になれないと脅かされて、何とか喧嘩をしたいと思いますが、無理でした。ところが、沙也加の不注意で司の大事な粘菌を駄目にしてしまい、司は激怒してしまいます。翌朝になると、司も後悔して、何とか仲直りしようと思います、夜帰ってくると、ちょうど停電になって、ふたりとも本音を話すことができて、仲直りをすることができました。

会社では、下請け会社の頼みを土方と合田の手助けを借りて、かなえることに成功しました。

スポンサーリンク

 

『ウチの夫は仕事ができない』7話のあらすじ

「ウチの夫は仕事ができない」は、有料ですが、Huluで見ることができます。⇒ Hulu

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

司(錦戸亮)と沙也加(松岡茉優)はそろそろ性別が判明するお腹の子に、男女どちらでも嬉しいと朝から想像を膨らませてました。

会社では、田丸町の盆踊り大会の運営をしてもらいたいと依頼が来ていました。大手飲料メーカーのスペースビバレッジの依頼だったのですが、司以外のメンバーは全員手がいっぱいで引き受けられないということで、しかたなく土方(佐藤隆太)は司を担当に指名しました。

沙也加が産婦人科からの帰り道、川沿いの公園でくつろいでいると、義理の姉のみどり(江口のりこ)から電話があって、司の父親の辰男(升毅)が上京してきて2,3日泊まらせてくれといわれました。司に連絡しようとしましたが、いつものように携帯を家に置いていってしまいました。

しばらくすると、辰男とみどりがやってきます。辰男はさっそく孫に名前をつけると張り切っていました。しかも、司のことをエリートサラリーマンだと思ってるようでした。そこに司が帰ってきました。

翌朝から辰男とみどりで名前を一生懸命考え始めました。

司は、田丸町の商店街に行って八百屋さんたちにあいさつをしますが、祭りには誰も来やしやないといわれます。今年はやめようと思ってて、イベント会社とか、むしろ迷惑だと思ってるようでした。司は、会社に帰ってきてそのまま土方に伝えました。あきれた土方は、

「スポンサーからの依頼を受けたからにはやらなければならない。それが仕事だ。中止という選択肢はない。やる。とにかくやる。やる以上には盛り上げる。成功するためには何が必要かを考える。小林、一つ一つの地道な行動がお前の将来につながっていくんだよ。とにかく、お前の仕事は、汗かいて涙流して、最後に心からの笑顔で東京音頭を踊ることだよ」

そういって、土方は出て行きました。司も気を取り直してふたたび商店街に行きました。

沙也加は、マタ友たちと赤ちゃんの性別の話で盛り上がっていました。

司が商店街について、八百屋さんに再び話をしますが、人が集まらないから駄目だと断られます。人は僕が集めますというと、「そんな簡単なことじゃないんだよ。やりたきゃ勝手にやれ」といわれてしまいました。

商店街から桃を買って会社に帰ってくると、田所陽介(藪宏太)から桃がほしいといわれて2箱あげました。田所は家に帰ると、みどりの弟と父親にと渡しました。みどりは感激して、今度父親と弟と食事をしようと提案しました。みどりがその2箱をもって司の家を訪ねて、翌日一緒に夕飯を食べようとさそいました。辰男はびっくりしましたが、OKしました。

みどりが帰った後、ベランダで辰男と司が飲んでると、辰男が司に文句を言い出します。

「さっきの話し聞いてたで。あのな、男がいちいち会社で起きたことを嫁はんに報告ってどういうこっちゃ。ありえへん。しかも、愚痴と弱音やないか。みんなやる気がないとか、上司にこういわれたとか、それ愚痴やろ、弱音やろ。そのうえ、男を否定されたやろ。最悪や。男として最悪や。ええか、ひとつ言うとくで。男っちゅうもんは、もくもくとやらなあかんねや。愚痴も弱音もみんなしもうて、自分ひとりで戦わな、あかんのや」

「でも、僕は聞きたかったよ。向上が大変だったとき、何も知らなかったし、まだ学生やったけど。父ちゃんの息子としてできることはあったはずだとおもった。ごめん、余計なこと」

辰男は一言、「寝る」といって歩いていきました。

 

翌日。司は、田丸町の盆踊りのチラシをまいたり、出てくれるように自転車で町内を回っていました。そこに、犬を探してる人が現れます。司はかわいそうになっていっしょにさがしてあげました。その日の夜、食事会に向かう途中で会社でトラブルが発生して司と田所は会社にもどりました。

翌日、辰男は司の会社を見に行きました。すぐに見つかってしまいますが、ごまかして司を尾行していきました。すると、田丸町に行って盆踊り大会のチラシを配る司を見てしまい、やってる仕事にがっかりしてしまいました。沙也加も盆踊りの神社を見に行くと、辰男が見ていることを気がついてしまいます。

盆踊りの日、神社にスペースビバレッジの飲料が届きました。しかし、約束したちょうど夕方に解けるように半凍結のものではなく、常温のものが届きました。すぐに担当者に電話をしますが、駆けつけた担当者もなんともならないと言ってパニくります。そして、「小林さん、この祭りの責任者でしょ。あー、頼りにならねえな」と言ってどこかに行ってしまいました。

司はあちこちに電話をしますがどうにもならないようでした。そこに、犬を探してあげた人と、八百屋さんたちが氷と子供のプールを持ってやってきて常温の飲料を冷やしてくれました。商店街の人たちの助けを得て、盆踊りは盛り上がりました。

沙也加は、がんばってる司を何とか辰男に認めてもらおうと、自分の分と辰男の分の浴衣を買います。家に戻った沙也加は、浴衣を着て一緒に行きましょうと誘いました。仕方なく辰男が盆踊りにいくと、多くの人が楽しんでる姿を見て、司の見方を変えました。

夜になると、土方と黒川晶(壇蜜)がやってきて、盛り上がってるところを見てびっくりしました。司に「クライアントも喜んでた。よくやった」と声をかけました。

 

家に帰ってくると、辰男は沙也加を差し置いて名前を考えようとしたことを沙也加に謝りました。

翌日、辰男はみどりに送られてかえって行きました。司と沙也加は午後に産婦人科に行くと、男の子だとわかりました。

(⇒8話のあらすじ

『ウチの夫は仕事ができない』7話の感想

面白かったですね。あの犬を探してる人が出てきたとき、先の展開が読めてしまいましたが、そのままずっと見てられるようなほっこりしたお話で良かったです。今回の事件も、司はほとんど何もやっていないのですが、たまたま、巡り合った人がいい人で仕事を成功させることができました。これは意外にたいせつなことなんじゃないかと感じました。

司は、1話目から見てると、仕事の能力的にはほとんど変わっていません。というか、仕事ができない社員のままです。今回の仕事で言えば、商店街の人から言われたまま土方に話したり、土方に言われてその気になって再び商店街に行って話をします。まるで小学生のお使いですね。飲料メーカーとの打ち合わせはラップバトルのときと同じように、おそらく1回位しかしてないと思います。過去の失敗から何も学んでいない証拠です。さらに、半凍結の飲料の代わりに常温が届いても結局何もできませんでした。

たぶん、今までの部署でも同じように仕事が出来なかったはずです。違うのは、今回のお話の氷屋のおじさんとか、前回で言えば経理の合田とかが出てこない事です。今までの部署ではそういう助けてくれる人がいなかったのでダメ社員のままだったと思います。

では、なぜ、制作部の仕事にかぎってそういう人が出てきたのかと言うと、ドラマだということもありますが、やる気、本気度の違いなのではないでしょうか。仕事ができないなりにも、絶対に何とかするという気持ちが少し芽生えてきたので、助けてくれる人が出てきたんだと思います。きっかけは、妻の沙也加の妊娠だと思います。1話では、もうやめようと辞表も書きましたが、妊娠が分かって瀬戸際に立たされました。自分の人生を振り返って妻と子供のために何とかもう一度頑張ろうと思った結果が、成功を引き寄せたのではないでしょうか。

もしもあなたが、ダメ社員を抱えてる管理職だとして、仕事が出来なくてもがんばろうと思ってる人と、あきらめてるひとではどちらに目をかけますか?それと同じで、周りにいる人も、できないなりに頑張ってるひとがいれば応援しようと思うのではないかと思います。

そして、そうやって頑張ってれば、普通の人だったらかならず進歩するはずです。自分の能力全開の100%いつもがんばってれば、101,102,103%・・・と、少しずつ能力は上がっていきます。上ったら上がった分だけ、それが100%になります。半年前の自分からしたら120%がんばんないといけないものが、100%の力でできるようになるんです。司が進歩しないのは、100%でやっていないからだと思います。

もっとできる男になりたいとか、人生を豊かにしたいと感じていれば、たいせつなことは、この100%だと思います。どこかしら、「ままいいや」とか「おれなんて」と思う心があると、成長するには難しいのではないでしょうか。毎日100%で生きていれば、なぜか助けてくれる人は出てきます。わたしにもそう言いう経験がありますので、「今の自分が100%か?」と思いながら毎日仕事をしています。

そして、一番違うのは、土方チームリーダーがいることです。今回も、全く分かってない司に、基本を教えてくれました。

「スポンサーからの依頼を受けたからにはやらなければならない。それが仕事だ」

というセリフです。これは新入社員研修のときに教わったり、教わらなくてもわかることです。こんなことまで怒らずに面倒見てくれる上司はめったにいないと思います。しかも、最後には、盆踊り大会に来て褒めることも忘れていません。もしかしたら、制作部のメンバーもそうやって育ててもらったのかもしれないと感じました。

土方は、1話では「やめろ」と言ったのですが、司の一生けんめいさに何かを感じて、引き上げてあげようと思ったのではないでしょうか。そこに答えられてるかどうかは、また別な問題ですが、司の行動で少なくとも土方は何かを感じて動き出したんだと思います。

次回の予告では、司がいきなり仕事ができるようになるようですが、どうやって仕事ができるようになるのかとても楽しみです。

以上、ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. communication
  2. 人生は楽しい!
  3. コミュニケーションスキル




疲れたときにおススメ

  1. ディナー
  2. ラストシンデレラ-1
  3. 探偵物語
  4. 101回目のプロポーズ
  5. 花にけだもの
  6. 極悪がんぼ
  7. エンジェルハート
  8. ガリレオ
  9. ナサケの女

40代におススメの韓流ドラマ

  1. シングルワイフ
  2. 恋のゴールドメダル
  3. レディの品格
  4. 王は愛する
  5. Wー君と僕の世界ー
  6. ソロモンの偽証
  7. 君を守りたい
  8. アンダンテ~恋する速度~
  9. キャリアを引く女
  10. また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. yoga
  3. 結婚式
  4. 腰みがき
陸王
  1. スマホ
  2. モンテクリスト伯
  3. メゾンドポリス
  4. アトピー性皮膚炎
  5. 確定申告
  6. 僕は彼女に絶対服従
  7. リオパラリンピック車いすテニス
  8. oil
  9. BG~身辺警護人~

多くの人に読まれている情報

  1. ドクターX
  2. シグナル
  3. おんな城主直虎
  4. 正義のセ
  5. グッドワイフ
  6. ゴルフ
  7. マラソン
  8. 冬鳥
  9. 借りぐらしのアリエッティ
  10. 弁護士
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP