ウチの夫は仕事ができない

『ウチの夫は仕事ができない』の9話のあらすじと感想!沙也加が一人ぼっち?

ウチの夫は仕事ができない
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
奥様は取り扱い注意

ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。司は轟会長の大イベントを成功させて、会社のみんなからできる社員と認められました。飲みに誘われるようになりましたが、その代わり、家にはなかなか帰れないことになってしまいました。


スポンサードリンク


9話以外のあらすじ

『ウチの夫は仕事ができない』のキャスト

  • 小林司 錦戸亮、仕事ができない夫
  • 小林沙也加 松岡茉優、司の妻
  • 土方俊治 佐藤隆太、チーフ
  • 黒川晶 壇蜜、上司
  • 田所陽介 藪宏太、同僚
  • 町田あかり イモトアヤコ、沙也加のマタ友
  • 小林みどり 江口のりこ、司の姉

『うちの夫は仕事ができない』のストーリー

沙也加(松岡茉優)の将来の夢はお嫁さん、理想の男性は亡くなった父親でした。やさしくてなんでもできるひとで、どんなことがあっても家族を守ってくれるそんな人が理想でした。そして、その夢は叶い、沙也加にとって理想の男性そのものの小林司(錦戸亮)と出会い、結婚することができました。大企業のイベント会社「マックスエンターテインメント」に勤めている小林司(錦戸亮)は、顔が良く、優しく、仕事が出来て、沙也加が安心して頼ることのできる男性だと思っていました。

ある日、司は、第一制作部に異動になりました。張り切って出かけますが、スマホを家に忘れてしまいます。それを会社に届けた沙也加は、実は司が仕事ができないダメ人間だと言うことが分かってしまいビックリします。司の異動は、辞めさせるための人事でした。そんな司は、相変わらず新しい部署でも自らの判断不足でミスを犯してしまい、第一制作部の全員にそっぽ背かれてしまいました。失意の司は退社することを決意して、本当は仕事ができないんだと沙也加に本当のことを告白しました。

妊娠していることが分かった沙也加は、逆に、そんな会社はやめてしまえと司に言いますが、司は、沙也加と生まれてくる子供のためにもう一度頑張ろうと決意しました。

土方は、司を黒川が仕切ってる東京おもちゃエキスポのイベントに参加させました。黒川は弁当発注を任せますが、予算を気にせずに発注してしまった司は、土方から沙也加の見てる前で怒られてしまいました。ショックを受けた沙也加はマタ友に紹介できませんでした。エキスポが終わった後、クライアントから弁当が特に良かったと言われますが、クライアントは田所だと勘違いして帰っていきました。家に帰ると、沙也加に怒られますが、司は手柄よりもみんなが喜んでくれたことのほうがうれしいと言いました。

翌日、土方はショッピングモールの集客イベントの企画を司と田所と二人に命令しました。その日、決起大会と言われて、黒川とのみに行って酔いつぶれてしまいました。黒川は、酔っ払った司を家まで送ってきてくれます。黒川を男と思っていた沙也加は、送ってきてくれた黒川を見てショックを受けてしまいました。

ショッピングモールの集客イベントの企画は、司の世界的デザイナーのレイジ・カキタニの個展と田所のTシャツ配布イベントのコラボに決まりました。まずは引き受けさせるのが大事だと言う田所に対して、嘘はだめだと一点張りの司。司の熱意が通じて、なんとか、企画を成功させることができました。

司は、TVのイベントの中の、放映されない隙間企画を任されます。沙也加のマタ友のあかりが夫の彦丸の行動に腹を立てて離婚だと言ってることを聞いて、その企画で仲直りさせることを考えました。ミスもありましたが、企画はうまくいって、あかりたち夫婦は元の鞘に戻りました。

老舗文房具メーカー茜堂から万年筆の拡販のイベントで、真知子の声を集めるように言われた司は、老人たちに話を聞きますが、あまり使っていなく、逆に若者たちに流行の兆しがあるとわかります。しかし、気が弱い司は、土方に何もいえませんでした。プレゼンのときに、たまたま知り合いになった茜堂の東会長から惟謙を求められて、土方に逆らって若者向けのプレゼンをして採用されました。土方は腹を立てますが、若者向けの拡販に舵を切り替えました。

ずっと司の家に居候していた姉のみどりは、彼氏ができて、家を出て同棲することになりました。彼氏は、同僚の田所でした。

沙也加は、あかりから喧嘩をしないといい夫婦になれないと脅かされて、何とか喧嘩をしたいと思いますが、無理でした。ところが、沙也加の不注意で司の大事な粘菌を駄目にしてしまい、司は激怒してしまいます。翌朝になると、司も後悔して、何とか仲直りしようと思います、夜帰ってくると、ちょうど停電になって、ふたりとも本音を話すことができて、仲直りをすることができました。

会社では、下請け会社の頼みを土方と合田の手助けを借りて、かなえることに成功しました。

司の父親がやってきて、司の家にしばらくとまることになりました。司の父親は男がほしいと勝手に名前も考え始めます。そんな時、司が地域の盆踊り大会を負かされます。偶然が重なってなんとか成功させることができました。

 


スポンサーリンク

『ウチの夫は仕事ができない』9話のあらすじ

「ウチの夫は仕事ができない」は、有料ですが、Huluで見ることができます。⇒ Hulu

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

司(錦戸亮)が社長賞をとってから3ヵ月後、司は仕事ができる社員になっていました。日々、忙しくなってきて、毎晩食事をいっしょに取れなくなり、沙也加(松岡茉優)とも話をあまりしなくなってきてしまいました。沙也加はさびしく感じましたが、できる社員になったから我慢!と思っていました。

パリオリンピックの足がかり的なイベント「和食フェスティバル」を任された司は社報の取材を受けますが、やってきたのはかつて司の写真を間違えて掲載した社報課の中年社員・宝田(小林隆)でした。宝田は結婚もしていなくて、その態度から、司からも「何が楽しくて仕事してるんだろうね」といわれてしまいます。

休憩中、土方(佐藤隆太)と黒川晶(壇蜜)は、司が配属された頃とは大違いだと話していました。

沙也加は、いつものもんじゃ焼き屋に行ってあかり(イモトアヤコ)たちと話をすると、司が爆発するかもしれないと驚かされました。

司の元に、社報が届きましたが、以前とは逆に、別の小林司の写真が載っていました。司が宝田のもとに持っていって直してくれといいますが、今日はもうすぐ定時になるので明日もって行くといいます。司が驚いていると、「仕事より大事なものがあるものですから」と笑顔で言いました。

制作部に帰ってきてその話を田所にしてると、黒川から

「おまえ、仕事できるようになったけど、その分いやなやつになったな。ほめてんだよ」

といわれました。

家では、沙也加がおでんを作っていましたが、司から夕食はいらないとメッセージが来て、みどり(江口のりこ)のところに持っていって、いっしょに食べました。みどりに最近話をしていないと愚痴ると、仕事ができるのとできないのとどっちがいいの?といわれてしまいました。

司は、会社で、和食フェスティバルの担当と打ち合わせをしていました。さばき名人の動画をみせられて、この名人をテレビに出演させて有名になってから和食フェスティバルに呼べば、成功間違いないといわれます。司はこの人を探して出演を依頼すると約束しました。司は家に帰ってもそのことで頭がいっぱいで沙也加がはなしかけてもロクに返事もしませんでした。

翌日から、司は一人で、釣りしてる人や包丁屋さんを尋ねてさばき名人を探しましたがなかなか見つけられませんでした。会社に帰ってくると、宝田から社内報をもらいます。司がさばき名人の動画を見てると、宝田が、この会社の元社員で吉田武史(ドランクドラゴン、塚地武雅)だという人物だと教えてくれました。そして、宝田を通じて吉田と喫茶店で会いました。

司は吉田にフランスのテレビに出てくれないかとお願いしますが、もう関係ないし良い思いでもないので・・・といわれて断られてしまいました。ですが、翌日、和食フェスティバルの担当から電話が来て、吉田がTV出演OKしてくれたといわれました。社内的には、司が吉田を説得したと思われていましたが、実は、宝田が吉田にお願いしてくれたんです。司は吉田に会って理由を聞くと、辞めるときに社内報に載せる写真を撮ってくれて、「お疲れ様でした。人生とは積み重ねていくものですよね」といわれて救われたんだといっていました。司は宝田にお礼を言いました。

すると、土方から社長室に来いと連絡が来ました。社長室に行くと、今期の社長賞を司にすると言われました。司は宝田のことを言いませんでした。土方は制作部に戻ってみんなに、司が二期連続の社長賞をとったと報告するとみんな喜んでくれました。司だけは複雑な表情で、土方は見逃しませんでした。

家に帰っても、みどりから社長賞のことを聞いた沙也加にお祝いされましたが、あまりうれしそうではありませんでした。子供のための両親学級もあるといわれましたが、むずかしいかも?と司は断りました。そして、司がその日のお弁当を食べずに持ち帰ってきて、お昼は忙しくてあまり食べれないので、お弁当も作らなくていいと言われてしまいました。司がお風呂に行った後、司の前では笑顔だった沙也加が、一人になって残されたお弁当を見て泣いてしまいました。

よく朝、「しばらくひとりになりたいです 沙也加」という書置きを残して沙也加はいなくなってしまいました。

 

沙也加やあかりのもんじゃ焼き屋に行って、泣きながらあかりに寂しいと思ってる自分がいやだと悩みを相談しました。司はあちこち電話をしたあと、あかりの店に行きました。すると、沙也加はお店を手伝っていました。

司が外に連れ出して話をしました。

「思ってることあったら言ってくれればいいのに。お弁当の件は本当に悪かったし、でも、時間がなくて食べられないこともあって。だいじな仕事を任されて、責任だってあるし、家出って、沙也加と生まれてくる子供ためにがんばってるのに、何でわかってくれないの」

「自分のためでしょ。ツカポン変わったよ。私の好きだったツカポンどこ行っちゃったの?正直でやさしくて、まっすぐで、わたしはそんなツカポンが好きだったの。いまのツカポンと話しても意味ないよ」

そういって、歩いていきました。司は後も追いかけませんでした。

沙也加があかりのところに戻って、話をしました。謝ろうと思ってたけど売り言葉に買い言葉で言っちゃった、と話しますが、あかりはやさしく慰めてくれました。

 

日曜日、みどりが司のところにやってきました。司は、どうせ分かり合えないからと迎えに行かないと言いました。そこに、あかりが沙也加が作ったポトフをもってやってきて、実は心配してると教えてくれました。

司が買い物をして川沿いを歩いてると、宝田が少年野球のコーチをしていました。宝田に社長賞をもらったことを言って、宝田のお手柄だといいますが、気にしないでくれといわれました。

「いろんなタイプの人がいますよね。仕事のために生きてる人、人生のために仕事する人。わたしはたまたま、仕事より大切なものがあるってだけです」

そういうと、子供たちに呼ばれてコーチに戻っていきました。

家に戻った司は、沙也加が作っていたお弁当のノートを見つけて読み始めました。読みながら司は涙が出てきてしまいました。

翌日、司は土方に社長賞と新しいビッグプロジェクトのリーダー辞退しました。そして、やっぱり仕事ができないとやっと気がついたと正直に話しました。

そのあと、あかりのところに行くと、沙也加は帰ったと告げられます。家に戻って沙也加とはなしをすると、沙也加は家出はまずかったと謝りました。司もこんな思いをさせて悪かったと謝りました。そして、社長賞とリーダーを辞退したことを話しました。そして、大切なのは、沙也加といる時間だとやっと気がついたと話して、抱き合いました。

(⇒最終話のあらすじ

『ウチの夫は仕事ができない』9話の感想

おもしろかったですね、後ほど、感想を載せて行きます。結局、司は仕事ができない男のまま終わりそうですね。その方が本人的にも幸せなのかもしれません。宝田が言っていたように、いろいろなタイプがいるので、他の人と同じようにしなくてはいけないということはないと思います。

司の場合は、自分が直接がんばったのではなくて、たまたま周りの人たちのおかげで上手くいって、人から初めて褒められてとても気持ちがよかったんだと思います。仕事が好きだったのではなくて褒められるのが好きで、その気持ちが忘れられなかったので沙也加のことをほっておいてしまったんだと思います。仕事ができる人なら、さっさと定時で終わらせて、仕事と家庭を両立しています。仕事ができないので家まで持ち込んで、ずっと考えていたんです。

たぶん、この脚本家の方は、仕事ができて、家でも司のように優しい人が理想だと言いたいのではないでしょうか。もしかしたら、沙也加のような感じで夫に接することが良い妻だと思ってるのかもしれません。夫からしたら、少し重荷になってしまうかもしれませんが、毎日、あんな笑顔で家の中にいてくれたら、きっと頑張って仕事して早く家に帰ってくると思います。

今回の沙也加は、少し自分のことしか考えていないように感じましたが、それも司が悪いような気がします。沙也加が言っていたように、沙也加が好きになったのは、優しくて、言うことを聞いてくれて、仕事ができる司でした。なので、仕事ができないとわかると、初めの理想通り何とか仕事ができる男にしようと頑張ったわけです。司が、沙也加の望み通り、仕事ができるようになれば良かったのですが、なれずに、ただ忙しくなってしまいました。さらに、そのおかげで「優しくて、言うことを聞いてくれる」という理想の夫でもなくなってしまったんです。

なので、「いまのツカポンと話しても意味ないよ」と沙也加は言ったと思います。

実は、そこに離婚が増えてる原因の一つがあるように思います。結婚する前と結婚した後のギャップに耐えられなくなってしまうと、簡単に離婚してしまうのではないでしょうか。少し前までは、「離婚は悪だ」のようにおおくのひとがかんがえていたので、多くの人はたとえ「だめだ!」と感じても離婚しなかったと思います。今では、その考え方がだいぶうすらいできてるので、司と沙也加の状態が続くと離婚してしまうとおもいます。

そう考えると、なるべく結婚する前に本当の姿を見ておいた方が良いと思います。恋愛してると、目の前にフィルターがかかってしまい本当の姿が見えにくくなってしまいますので、なかなか難しいと思います。まずは、自分が相手に何を求めてるかを考えることから始めてはどうでしょうか。

沙也加の場合は、優しさ、言うことを聞く、仕事ができる、お金に困らない、の4つだと思います。その4つを結婚前に見ることができたら、もしかしたら結婚しなかったかもしれません。其れでも結婚したいと考えると、仕事ができるはあきらめて司のおしりをひっぱたくことはしなかったと思います。それができるかどうかで、離婚を回避できるような気がします。

ですから、最後に重大なプロジェクトのリーダーをやめたと聞いたときに、沙也加は涙して喜んだんだと思います。司にしても、期待されることがなくなってホッとしたのではないでしょうか。会社的には、宝田とか、司のような社員がいると迷惑ですが、司の人生の中ではやっと居心地がいい場所を見つけることができたんだと思いました。

以上、ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  2. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  3. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじ。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  4. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  5. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  6. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  7. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  8. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  9. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  10. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
スポンサーリンク

最新情報

  1. 民衆の敵
  2. 奥様は、取り扱い注意
  3. プロ野球
  4. NBA2017-2018
  5. 監獄のお姫さま
コード・ブルー3
  1. 地味にスゴイ!
  2. リバース
  3. コック警部
  4. お迎えデス。
  5. 花
  6. イケア
  7. お茶漬け
  8. おんな城主直虎

多くの人に読まれている情報

  1. 下剋上受験
  2. autophagy
  3. カインとアベル
  4. スーパーサラリーマン左江内氏
  5. 釣りバカ日誌2
  6. 釣りバカ日誌2
  7. バルミューダ ザ・ゴハン
  8. スミカスミレ
  9. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  10. ロンドン
PAGE TOP