ビジョンとミッションとは?意味の明確化が起業の始まり!企業の例は?

こんにちは、3回転職してからやっと起業することができた米山慎吾です。ビジョンとミッションという言葉があります。意味の違いは分かりますか?

起業する時に大切なことの一つに、ビジョンとミッションを明確にするということがあります。企業の大小にかかわらず、ミッションがしっかりしていない所は上手くいかないような気がします。特に、これから起業しようとしているのでしたら、何のために、何を目標に、どうやって起業するかを考えておく必要があります。そこで、ビジョンとミッションについてお話しします。

スポンサーリンク

ビジョンとミッションの意味は?

まず、ビジョンとミッションの意味を明確にします。

ミッションとは、目的

ビジョンとは、目標

です。

さらに言えば、ミッションは、使命、役割、存在意義ということで、何のために生まれてきたか?ということです。ビジョンは、夢、志、方向性と言ったもので、ミッションを達成するためのものです。

簡単ですよね。多くのサイトには、いろいろなことを書かれていますが、突き詰めると目的と目標です。

ソフトバンク、セブンイレブン、ケンタッキーなど、今では一流の大企業ですが、一番初めは一人の人間の思いから始まっているはずです。

しかも、ミッションはどんどん変わってきているはずです。何も知らない一人の人間と、何百億を稼ぐことができるようになった人の考えは変わっているはずですからね。

ですから、これから起業しようとしているあなたにとって、一番大事なものは、

目的と目標

です。もうちょっと詳しく分解しましょう。

ミッションの見つけ方は?

あなたが起業する上でのミッション、目的とは、

あなたの人生の目的

です。

ビジョン、目標は、

目的を達成するため手段

です。なので、ミッションが

  • 月収1000万円
  • 家族と世界旅行に行く
  • マンションを買う

と言うのは、ちょっと違う気がします。これらは、どちらかというとビジョンですね。もしくは、得たい結果です。そういうことではなくて、あなたの人生の中で、何をするのが目的か?と言うことを考えて文章にしてみてください。言ってみれば、あなたの中の憲法みたいなものですね。

書き方は、

「私の人生の目的は・・・・・・・・である。」

です。

どうですか?できましたか?

・・・

まあ、いきなりはムリだと思うので、まずは自分自身を見つめ直すために、次の質問をしてみてください。

答えは必ず紙に書いて下さいね。

  • 一番大切な人はだれ?
  • 一番大切なことは何?
  • 一番大切なものは何?
  • 今まででいちばんおもしろかったことは?
  • 今まででいちばん悲しかったことは?
  • 小さいころにやりたかったり、なりたかった職業は?
  • 学生時代にやりたかったり、なりたかった職業は?
  • 今、一番やりたいことは?
  • 何をほめられると、うれしいか?

最後に、もう3問

  • あなたの余命があと1年として、やっておかねばならない10個の事は?
  • あなたの余命があと1年として、何の制約もなかったらやってみたいことは何?
  • 時間、お金、全ての事の制約がなく、すべて成功するとしたら、やってみたいことは何?

この質問を、一生けんめい考えてみてください。

 

マインドマップを使って考えると楽ですよ。マインドマップを使ったことが無ければ、ヒントをさしあげます。^^

スポンサーリンク

 

まず、A4位の白い紙の真ん中にマルを書きます。そして、例えば、一番大切な人は?の質問なら、その質問をその丸の中に書き入れます。

そして、その丸から線をいがぐりの様に出していきます。その先に今まで知っている人、あった人、家族などを一つの線に一人ずつ、すべて書いていきます。

全ての人を書き終わったら、大切だな~と思われる人に丸を付けて行くんです。丸をつけ終わったら、丸を付けた人の中で順位を付けて、一番になった人があなたの一番大切な人です。パッと見ではなくて、1対1で比べてみてくださいね。

そして、出来上がった答えを、別なA4の紙などに書いていく訳です。

全部の答えがでたら、それを見ながらもう一度、

「私の人生の目的は・・・・・・・である」

を考えてみてださい。

大切な誰かに、どうなってもらいたいのか、どうしたいのか、どうするとあなたが一番うれしく思うのかを考えます。

この時のコツは、1回で書こうとは思わない事。何べんも書き換えても、誰も文句は言わないです。一番初めは、さらっと書いてみましょう。で、読んでみてください。きっと、「なんか違うな~」と思うはずです。そしたら、納得のいくまで書き変えればイイだけです。1日でできなくても良いんです。1週間かかっても良いと思います。だって、あなたのこれからの人生の基本となるミッションですから、そのくらいの時間はかけても問題ないと思います。

ただ、勘違いしてほしくないことは、ビジョンにならない事です。つまり、目標を目的にしない事です。

どういうことかと言うと、目的はあなたの内側(心)に向かっているもので、目標はあなたの外側に向かっているものです。簡単に言うと、手段を目的にしてはダメと言うことです。

例えば、

  • 100億円の企業をつくる
  • 信頼される企業になる
  • お客様第一主義を実践していく
  • 心に残るおもてなしをする
  • 必ず目標を達成する

などです。良いように見えますが、全て手段です。ビジョンですね。

  • 100億円の企業を作って、どうしたいのか
  • お客様第一主義を実践して、何を与えたいのか
  • 心に残るおもてなしをして、どう感じてもらいたいのか
  • 必ず目標を達成して、どういう未来を得たいのか

という、先の部分がミッションなんです。

企業の例で見てみましょう。

イオンさんのミッションとビジョンは、

お客様を原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する。 (ミッション)

絶えず革新しつづける企業集団として、「お客さま第一」を実践してまいります。 (ビジョン)

です。(イオン様のHPより引用させてもらいました)

簡単にすると、「お客さまを第一に考えて、地域社会に貢献する。」ということですね。

マツモトキヨシさんでは、

あなたにとっての、いちばんへ。1st for You  (ミッション)

私たちは、すべてのお客様のためにまごころをつくします。

私たちは、すべてのお客様の美と健康のために奉仕して参ります。

私たちは、すべてのお客様にとって、いちばん親切なお店を目指します。 (ビジョン)

(マツモトキヨシ様のHPより引用させてもらいました。)

簡単にすると、「お客様の事を考えて、お客様にとっての一番のお店になります」ということです。HPへの載せ方、名前はそれぞれですが、こちらの心にドーンと伝わってきますよね。

あなたも、これを参考にして、まずはミッションを考えてみてはいかがでしょうか。

まとめます。

多くの人は、起業する時にそれほどかんがえずに始めてしまうことが多いようです。それが原因かどうかは分かりませんが、起業後の5年間で消えて行ってしまう企業は7割以上だと言われています。

逆に考えれば、5年経っても残っている企業と同じことをすれば、成功できるともいえます。多くの企業では、当たり前のように、ミッション、ビジョン、バリューなどがHPに掲載されています。それがない企業はないくらいですよね。

なので、起業する時に、一番初めにやることがミッションとかビジョンを考える事だと、私は思っています。好きなことを仕事にすれば、うまくいくよ~って、単純に言う人もいます。でも、それって自己満足にしか過ぎないような気がするんですよね。自分の好きな仕事というのは、ビジョンだと思います。さらにその上に目指すべきミッション(目的)をしっかり持たないと、成功するのにかなり苦労しそうな気がします。

ただ、ミッションを初めから持っている人はごくわずかです。

私も、40歳を過ぎてから何のために生きているんだろう?なんて考え始めました。かなり遅いですよね。^^

まあ、気付いてよかったっていうのもありますが、何歳になってもそういう気付きというのは、全然遅くはないと思います。だって、1回限りの人生ですし、気づいた日が、残りの人生の中で一番初めの日ですからね。気付いただけでも、ラッキーかもしれません。

ミッションを考える時の質問は、上にもあげましたが、一番は、残りの人生で何をやりたいのか?ということです。あなたもミッションを考えながら、せっかくの人生ですから、思いっきり楽しんで生きてみませんか?

40代はとても大切な時期です。第2の人生とも言えます。ワクワクドキドキする40代を過ごすために、このサイトでは、新しいスタートを切るための誰でもできるノウハウをお伝えしています。あなたの毎日が、今以上の笑顔で満ちあふれることを祈っています。

他の記事もすべて無料で読めます。コメントも多くの方が寄せられています。あなたの人生に少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。

仕事や会社について

会社をやめたい、仕事がつらい、転職したい・・・会社や仕事で悩んでる方は本当に多いです。

そんなときに、少しでもあなたのお役に立てればと思って、仕事や会社について、よく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてください。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク