屋根裏の恋人

「屋根裏の恋人」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想!樹の証拠で誠が逮捕?

屋根裏の恋人
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
ドクターX 2017最終回
刑事ゆがみ最終回

ドラマ「屋根裏の恋人」の7話のあらすじ(ネタバレ)や感想です。衣香(石田ひかり)は誠(勝村政信)と別れて樹(今井翼)と暮らしていくことを決心して、誠に「もうやっていけない」と言いますが、誠はやり直してくれと頼んでいました。そこに、刑事たちがやってきて誠は逮捕されてしまいます。さてどうなるのでしょうか?


スポンサードリンク


7話以外のあらすじ

「屋根裏の恋人」のキャスト

  • 西條衣香 石田ひかり
  • 西條誠 勝村政信、衣香の夫
  • 西條千鶴子 高畑淳子、誠の父親の後妻
  • 西條勇人 髙橋楓翔、長男
  • 西條帆花 大友花恋、長女
  • 瀬野樹 今井翼、衣香の昔の恋人
  • 菅沼杏子 三浦理恵子、衣香の友人
  • 和田祐一 松沢一之、刑事

「屋根裏の恋人」のこれまでのストーリー

衣香(石田ひかり)と誠(勝村政信)は子供たち二人を連れて、母親の千鶴子が住む豪華な洋館に引越ししてきました。引越し祝いのパーティのときに、衣香の18年前の恋人、樹(今井翼)がいきなり現れます。衣香以外に姿を見せずに、いつのまにか屋根裏に住み着いてしまいます。初めは、出て行けと言っていた衣香ですが、樹に抱きしめられて、ついキスをしてしまいました。そこに、刑事たちが現れて、過去に衣香を襲った男が遺体で発見されたと告げられます。しかも、その男の家には、衣香の写真の切り抜きがあったと言われますが、全く知らないと衣香は答えました。

娘の帆花が、男にだまされていたことが分かります。別れることができましたが、帆花に言われたことが衣香の女の部分を目覚めさせてしまいます。さらに、息子の勇人がいじめられていることが分かりますが、樹のおかげでいじめも無くなりました。

衣香は、自分のせいで樹のバイオリニストへの夢が断たれたことを知って、再び樹への想いがよみがえって、二人は結ばれてしまいました。すると、樹は今までの熱が冷めたかのように冷たくなっていきます。逆に、誠が衣香の母親の借金を何も言わずに返してくれたことに、恩義と愛情を感じて、二人の間を揺れ動いてしまいます。

誠の不倫相手は衣香の友達の杏子でした。誠は部長昇進を機に、手を切るために別れ話をしますが、絶対に別れないと言いきります。誠は杏子から言われる前に、自分で告白して許してくれと言いますが、衣香は「もう無理」と答えました。その会話を帆花に聞かれていました。衣香は、誠への愛情はなく、感謝だけあることに気が付いて、樹と暮らしていく決心をします。諦めきれない誠は、家族のために良い父親になろうとしますが、すでにそれぞれの想いはバラバラでした。そして、金融商品取引法違反の疑いで誠が逮捕されてしまいました。

 


スポンサーリンク

「屋根裏の恋人」7話のあらすじ

ドラマ「屋根裏の恋人」は有料ですが、U-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

和田刑事が帰っあと、衣香は屋根裏に行っていなくなった樹のことを思いながら泣いてると、玄関のチャイムが鳴りました。下に降りて出てみると、マスコミの取材人が殺到していました。電話もひっきりなしにかかってきました。千鶴子も驚いてやってくると、樹のせいだと言います。誠が千鶴子に、逆恨みをして近づいてきたと話したようです。千鶴子は、誠のデータを衣香が渡したと思っていて、もしも誠が帰ってこなかったら一笑許さないと叫びました。

そこに、勇人と帆花が帰ってきて取材人に取り囲まれてしまいました。やっとの思いで帰ってくると、学校でもいじめられたようで、誠のことを二人ともうらんでいました。千鶴子のところにも、習ってる人が次々とやめると言ってきました。30周年記念コンサートも中止にせざるを得ない感じでした。

警察では、誠が取調べを受けていました。

樹が瀬野機器で待ってると、妹の小町がやってきました。すると、そのすぐあとから和田刑事が入ってきました。尾行されていたんです。樹はすぐに隠れました。和田刑事は、西条家が、マスコミに取り囲まれていて、すごいことになってるといいます。

「西条の奥さんが、お兄さんの元恋人だって知ってるでしょ。彼女も彼女の子供も地獄に落とすなんて、あなたのお兄さんもひどい人ですよね。お兄さんは、重要参考人として手配されてます。これ以上逃げ回ると大変なことになると伝えてください」

そいういうと、帰って行きました。

西条家では、衣香が食べるものがなくなったので買い物に行くといいました。

「お母さんの言うとおり、私たち何も悪いことしてない。だから、胸をはっていたい。今日を大事にしたいんです。心無い人に台無しにされるのがいやなんです。いってきます」

そういうと、買い物袋をもって出かけていきました。衣香は取材陣には何も答えずにスーパーに行きましたが、スーパーの中でも、近所の主婦に陰口をたたかれていました。そのまま帰らずに、海辺に行って今までのことを思い出して、気持ちを強く持って家に帰りました。

家に帰ると、みんなの好きなものを作って楽しく食べて、元気を出すようにしました。すると、翌朝、子供たちが制服に着替えて学校に行くと言いました。朝食後、車で子供たちを送っていきました。衣香が勇人の学校に行くと、高校の推薦を辞退してくれと教師から言われました。衣香は誠がどうなるのかわからないので、とりあえず子供の側に立って考えてくれと反論しました。

車に乗って帰ろうとすると、樹が目の前に現れました。二人で海に行くと、衣香は、誠に復習するために近づいてきたのかと聞きました。それは認めましたが、誠の証拠を警察に出してはいないと言います。初めは衣香を利用しようとしたけれども、18年前の気持ちがよみがえって出すことができなかったといいます。

「衣香、俺の気持ちは変わってない。今すぐにでも、君をつれて逃げ去りたい。一緒に逃げてほしい。衣香と一緒なら、一生犯人の汚名を着てもかまわない」

「そんなことできない。できるわけない」

そういうと、衣香は帰って行きました。

衣香が家に帰ると、取材陣はいませんでした。張り紙をはがしていると、パトカーに乗った誠が帰ってきました。釈放されたんです。警察は、

「喜ぶのは早いですよ、証拠不十分で起訴を免れただけで、無実が証明されたわけじゃありません。決定的な証拠を見つけたら、今度は逃がしません」

と言って、かえっていきました。

家に入った誠はみんなに謝った後、屋根裏に行って何かを探していました。そこに衣香が言って、警察が全部持ってったと言って、何を探してるのかを聴こうとしました。誠は、「ちょっとしたもの」とごまかして行こうとします。そんな誠に、

「ほんとに誤解なの?瀬野さんのお父さんの株のこと。パパが株価操作したの?」

「ママは、俺とあの男とどっちの見方なんだ、いいんだ言わなくて、千鶴子さん、さっきああ言ってたけど、ママは、俺がいない間M俺の悪口、何もいわなかったって言ってた。二人はうまく言ってないと思ってたから、余計感心したって。ありがとう。すべて、杏子さんにぐらついたところからはじまったんだ。ただ、俺は家族を守ることを一番に考えてきた、そのことだけは本当だ」

そこに、杏子から電話がかかってきました。

「もしもし、もう電話もやめてくれ。今後、君の電話には出ないから」

そう話すと、下に降りていきました。

 

翌朝、子供たちが出かけると、杏子がやってきました。杏子は、衣香に誠とは分かれてくれと言いますが、衣香は、男女の仲が終わっても家族として一緒にやっていくと言います。すると、誠を告発したのは杏子だと告白しました。すべてを失ったら杏子を選んでくれるかどうか確かめるためだったと言います。衣香は杏子を平手打ちにして「帰って!」と言いました。

その日の夜、衣香は誠を屋根裏に呼んで、樹が屋根裏にいたことを話しをしました。そして、気持ちが戻ってしまったので、家を出て行くと言いました。誠がしたことで樹の父親がなくなったのなら、もうここにいることができない、と言います。

「おれは、自分がきみからよそみしたこと、今ほど後悔したことないよ」

「あなたがよそ見したことと、あの人のことは関係ない。わたしは、あの人が犯人でも愛したの」

「逮捕されるかもしれないんだぞ。逮捕されたら一緒に離れない。なぜ、それを俺に言うんだ。なぜ隠しておかない」

「うそをつくのは苦しい。瀬野さんが教えてくれたの。もし今が家を出たら、子供たちは傷つくでしょう。でも、自分の心にはうそをつきたくないの。たとえ、駄目な母親になろうと」

「駄目な母親になっても、男をえらぶというのか」

「いいえ、私は自分の心を選ぶんです」

 

翌日、樹が誠の前にやってきました。そして、PCからダウンロードしたデータを返すと言いました。

「これを返して、衣香をくれというのか?」

「ちがいます。おれはこの半年間、あなたに復讐するためだけに生きてきました。すべてを失ってもあなたを破滅させられればいいと思ってました。父は苦しんで亡くなった。そのことは今でも許せません。ですが、これをもったまま衣香さんを奪うのはフェアじゃないと思ったんです」

「武器を捨てて、素手で戦おうといのか。妻は、衣香は、君にとっては女かもしれんが、骨の髄まで母親だ。子供から引き離して幸せだと思うか?」

「おもいません、ずっとなやんでいましたから」

「いっときは、君とはなれて寂しさも募るだろう。しかし、彼女はここで、子供たちと一緒に生きていく。それが一番の幸せだ。そして私は、君をあきらめた彼女の悲しみを、受け止めていく覚悟がある」

「おれは、もし、お子さんたちが許せば、彼女と一緒に来てもらっていいと思います。どんなことが会っても家族を路頭に迷わせることはしません。このUSBは、その俺の意思です」

「これが世に出たら、家族を路頭に迷わせると言う私への皮肉か。あいにくだが、私はどんなことをしても、家族は守るつもりだ」

「あなたは、そういう人だと思います。明日の夕方、福井に旅立ちます。彼女も連れて行きます」

「衣香がそうすると言ったのか」

「いえ」

「なのに、なぜそれを私に告げる」

「彼女がそれを選択したら、罪の意識に苦しむでしょう。おれは、それを彼女一人に背負ってもらいたくない」

「私に宣言することで、一緒に背負うと?わたしは衣香と分かれるつもりはない」

「俺も分かれるつもりはないです」

そこに、衣香がやってきました。樹はそのまま帰っていきました。衣香は、樹の後を追いかけました。

玄関の外で追いつくと、衣香は樹に、誠のしたことを謝りました。

「衣香、俺と一緒に来てくれ、おれ、衣香のすべてを一緒に背負って生きてく。明日の五時、由比ガ浜で待ってる」

「わかった。樹くんと行きます」

家に戻った衣香は、誠から話があると言われます。

「井沢と言う男が、命を奪われたのはしってるね。おれがやった」

「えっ」

「ほんとうは、俺が犯人なんだ」

玄関の外には、和田刑事が来ていました。

(⇒ 最終回のあらすじ

「屋根裏の恋人」7話の感想

すごい展開になってきました。誠がすべての犯人だったとは思いもよりませんでした。おそらく、バイオリンケースに入ってる血だらけのナイフには、誠の指紋が付いているのではないでしょうか。そして、それを見た樹は、全てのことを理解して、影から衣香を助けようとしているうちに、一緒に暮らすことが一番いいことだと思うようになったと感じました。

そう考えると、今までの生活がすべてオセロのように裏返って見えてきました。誠は、株価操作をして人の命をうばい、さらにそのことでもう一人の命を奪い、愛人がいて、全てをお金で解決してるような人です。そんな人と一緒に暮らしていた妻と子供たちが可愛そうに見えてきました。

逆に、そのために濡れ衣を着せられて、警察に追われて人目を避けた生活をしないといけなかった樹はかわいそうになりました。真実を話そうにも話せない環境でしたし、これからもきっと、衣香を手に入れることはできないのではないかと思います。衣香としたら、逮捕された誠が不憫に思えてくるのではないでしょうか。子供たちもいるし、なかなか、すぐにほかの男の所にはいけなくなったような気がします。最終回では、どんでん返しが用意されているようなので、とても楽しみです。

以上、ドラマ「屋根裏の恋人」の7話のあらすじ(ネタバレ)や感想などでした。

他にも面白いドラマがあります。

先に生まれただけの僕
民衆の敵

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  2. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  3. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  4. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  5. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  6. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  7. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
スポンサーリンク

最新情報

  1. 刑事ゆがみ
  2. ドクターX
  3. 流星群
  4. FIFAクラブワールドカップ2017
  5. NBA2017-2018
  1. サクラ
  2. セシルのもくろみ
  3. Bリーグアーリーカップ2017
  4. いすみ鉄道
  5. ブランケットキャッツ
  6. 黒革の手帖
  7. 小さな巨人
  8. 蚊
  9. セシルのもくろみ

多くの人に読まれている情報

  1. セシルのもくろみ
  2. ブランケットキャッツ
  3. クモの糸QMONOS
  4. ランニング
  5. 小さな巨人
  6. ロンドン
  7. バイオハザード
  8. コウノドリ2
  9. あずき
PAGE TOP