HEALTH

痩せ菌を増やす方法は食べ物とサプリ!腸内細菌をコントロールしてやせやすい体になる方法とは?

こんにちは、ちょっとポッチャリ系のゆきです。

11月2日の「主治医が見つかる診療所」で、痩せ菌を増やす方法を紹介してくれました。痩せ菌を増やすには、食べ物とサプリがあります。腸内最近をコントロールして痩せやすい体になるにはどんな食べ物やサプリをとっていけばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

「主治医が見つかる診療所」で推奨された食べ物は?

腸内フローラ検査My kinso(マイキンソー)を個人で受けられるそうです。価格は、1回、19,440円(税込み、保険適用外)だということです。これを購入して検便して送るとわかるということでした。

マイキンソー

痩せ菌がよい理由としては、短鎖脂肪酸をつくってくれるということでした。短鎖脂肪酸は、

  • 脂肪の吸収を押さえてくれる
  • 脂肪が燃えるのを助けてくれる

という二つの働きがあるということでした。

そんなすごい短鎖脂肪酸をつくってくれる痩せ菌のえさとして、理化学研究所の農学博士の辨野義己先生が推奨された食べ物は、水溶性食物繊維でした。

番組では、水溶性食物繊維が豊富な食べ物として

  • 切り干し大根
  • 納豆
  • かんぴょう
  • ごぼう
  • にんにく
  • 押し麦
  • らっきょう

らっきょうは特に良いということでした。らっきょうカツ、らっきょうのチーズ巻き、焼きらっきょう、らっきょうドレッシング、らっきょうそぼろ丼を紹介していました。

また、きのこの中のなめこがすごいということで、なめこのみそ汁、マーボーなめこ、なんばんなめこ、納豆汁などが紹介されていました。

らっきょうカツ

らっきょうに豆板醤のぬった豚バラ肉をまいてカツにします。

らっきょうのチーズ巻き

ハムの上に溶けるチーズ、らっきょうを置いて丸めて楊枝で刺します。トースターやオーブンでで3分ほど加熱すれば出来上がりです。

焼きらっきょう

これは、エシャレットのことでした。エシャレットは早く収穫したらっきょうのことで、これをフライパンで焼いて、酒、みりん、しょうゆ、砂糖、酢などでたれをつくってかけて食べるということでした。味噌やマヨネーズでも良いということです。

らっきょうドレッシング

らっきょうをつけ汁ごとオリーブオイル、塩、こしょうを入れてミキサーにかけます。これだけで出来上がりです。

らっきょうそぼろ丼

らっきょうとしいたけをみじん切りにして、フライパンで牛ひき肉と合わせて炒めます。味噌と豆板醤を入れてさらに炒めれば出来上がりです。ご飯の上に乗せてネギなどを振りかけて頂きます。

なめこのみそ汁

なめこはサッと水洗いします。味噌を溶いて煮立ったらなめこを咥えて少し煮れば出来上がりです。仕上げにネギのみじん切りを入れます

なんばんなめこ

山形県の郷土料理です。薄めたダシ醤油でなめこを煮詰めるだけです。良くかき混ぜながら煮詰めていって、最後にネギや唐辛子を入れて出来上がりです。

マーボーなめこ

マーボー豆腐の豆腐の代わりになめこを入れます。

納豆汁

納豆をすり鉢ですります。みそ汁の中にその納豆となめこを入れてひと煮たちするとできあがりです。

痩せ菌とデブ菌とは?

円満退社

理化学研究所の農学博士の辨野義己先生や、アメリカの大学で研究では、腸内環境や痩せ菌、デブ菌に関する情報がだいぶあきらかになってきました。

第二の脳とも言われてる腸には、600兆個以上の細菌が住んでいて、重さにすると1kgもあるといわれています。

その膨大な種類の腸内細菌を働き方で分けると、

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

の3種類に分けることができるそうです。そのバランスは、

善玉:悪玉:日和見=2:1:7

だといわれていて、これが崩れて来たり、悪玉菌が元気になってくると、便秘、下痢などの症状から始まってお肌のあれとか、生活習慣病にも関わってくるといわれています。

その中で、痩せ菌と言われてるものには、2種類あります。

  • ビフィズス菌
  • バクテロイデ―テス

ビフィズス菌は聞いたことがあると思いますが、善玉菌としておもに大腸に存在しています。バクテロイデーテスは日和見菌に属していて、細菌の名前ではなくて細菌の種類の名前です。例えれば、ビフィズス菌はチワワで、バクテロイデーテスは犬ということです。

この2種類の最近は、短鎖脂肪酸を作ってくれることで、血中の脂肪を脂肪細胞に蓄積しないようにしてくれます。カンタンに言えば脂肪をためないでくれるということです。

そして、デブ菌としては、

  • ファーミキューテス

というグループに属する細菌が、知られています。こちらは痩せ菌とは逆で、通常なら吸収できないものまで分解して脂肪として蓄えようとします。

普通に考えると脂肪を増やしてくれるので悪いことをしてるように感じますが、食べるものが少ない時には、少しのものから大きなエネルギーを得ることができるので飢餓から助けてくれる細菌です。

この痩せ菌とデブ菌のバランスによって、痩せやすい、太りやすいが決まってくるとアメリカのWashington大学で、マウスの実験からわかってきました。

やせてるひとでは、痩せ菌の割合が高くて、太ってるひとは、デブ菌の比率が高かったんです。

そして、やせるための理想的な比率は、

痩せ菌:デブ菌=6:4

だということが分かってきました。

なので、痩せ菌を増やしていくことで、痩せやすいからだになっていくと言うことです。理化学研究所の辨野先生も近い将来、その細菌をつかうことでやせ薬が開発されるのではないかと言われています。つまり、ダイエットとか運動とかの前に、まずは、痩せ菌さえ増やしてしまえば、痩せていく!っていうことですよね。痩せ菌・・・増やしたいですよね!?

痩せ菌を増やす方法はコレ!

解決方法

痩せ菌を増やす方法は3つあります。

  • 食べ物
  • 自律神経
  • サプリ

ひとつずつみていきます。

食べ物

痩せ菌はエサを沢山食べることによって、元気になります。元気になると、乳酸などを出して腸内を酸性に保とうとしていきます。腸内は酸性に保たれると、ぜん動運動がおきて排便を促進されます。デブ菌は逆です。酸性では元気がなく、アルカリ性だと元気になります。

なので、デブ菌の元気を失わせて痩せ菌を活発にするには、痩せ菌のエサを与えればいいんです。

その食材とは、

  • 納豆
  • こうじ菌(味噌、醤油、酢など)
  • こうぼ菌(ワイン、甘酒など)
  • 乳酸菌(チーズ、ヨーグルト、漬物など)
  • オリゴ糖(玉ねぎ、ゴボウ、アスパラガス、市販のオリゴ糖など)
  • 水溶性食物繊維(海藻、こんにゃく、きのこ、菊芋など)

これらをなるべく多くとることで、徐々に腸内の環境がととのって行って、痩せる体質に近づいていきます。

理化学研究所の辨野先生は、

  • ヨーグルト 300g
  • 豆乳 100ml
  • バナナ 1本
  • ハチミツ 適量
  • 抹茶 適量

これをミキサーで混ぜたものを食事でとられてるそうです。その結果、5年間で10kg痩せられて、見た目も10歳以上若返ったと話されています。ただ飲むだけでこれだけの効果が得られるのはすごいことじゃないでしょうか?毎日、納豆、ヨーグルト、サラダとこんにゃくと海藻入りのきのこ鍋を食べていきましょう。

自律神経

自律神経を整えることも大事になってきます。内臓は、おもに夜の間に活発に動きます。昼間食べたものなどを夜の間に消化吸収するイメージです。それを管理しているのは、自律神経の中の副交感神経です。副交感神経が有利に働いてる夜中に、内臓は活発化します。

自律神経が乱れていて、副交感神経よりも交感神経が活発になってると内臓はうまく動いてくれません。その結果、便秘がちになったり、腸内環境が壊れていってしまいます。

なので、自律神経を整えることが腸内環境をととのえることにも影響してきます。自律神経が乱れる原因としては、睡眠不足、ストレスなどです。交感神経は、アドレナリンなどを分泌して興奮させるはたらきなどをしますし、副交感神経は逆にリラックスさせます。リラックスしないと良い睡眠は取れないですよね。リラックスする時はしっかりリラックスできる環境を作ることです。

自律神経を整えるには、

  • 寝る90分前にお風呂にはいる
  • お風呂は、42度で15分
  • お風呂でのマッサージも効果アップ
  • 寝る前にパソコンやスマホ、TVなどの電磁波は避ける
  • 朝起きたら30秒太陽を見る
  • 朝起きたら冷たい水で顔をあらい、コップ一杯の水を飲む

などです。よくみてみると、規則正しい生活をしましょうということかもしれません。

サプリ

サプリのお世話になるという方法もあります。

というのも、食べ物にも気をつかって、規則正しい生活をしていてもふとってるひとはたくさんいます。かくいうわたしも毎日ヨーグルト、納豆、サラダをメインに炭水化物は殆ど食べない生活をしていますが、痩せ菌が増えてる感じがしません。それどころか、たまに焼肉やバイキングにいくと、その分が翌日空の体重にプラスされてしまいます。

せっかくがんばってるのに、何がいけないのかな~と考えてると、痩せ菌、デブ菌というコトバを作った東大名誉教授の光岡教授のお話が目に留まりました。そこには、生きてる乳酸菌とかは関係なくて、乳酸菌の量だと書かれていました。よく、腸まで届くからからだに効くとかいうCMがありますが、ほとんど関係ないようです。それどころか、最終的には乳酸菌がこわされてそのなかの成分が腸で吸収されると免疫力アップしたり、腸の活動が活発になるとかかれていました。

さらに驚いたことは、その数です。ひとの腸の中には、100兆もの細菌がいるということです。それに比べてわたしの食べてたガゼリ菌のヨーグルトは1個あたり10億個入ってると書かれていました。それじゃあほとんど意味がない様な感じですよね。外国の病院では、毎日2兆個の乳酸菌をたべて大腸の病気が治ったそうです。

光岡名誉教授は、乳酸菌よりも乳酸菌が作った成分、乳酸菌生産物質がとても大事だと話されています。

どういうことかというと、乳酸菌はからだの中には取り込まれません。乳酸菌が作った乳酸菌生産物質が腸の中に取り込まれることで、腸が元気になったり免疫力が高まるということです。つまり、食べたものを利用して痩せ菌が作ったものを吸収すると、腸が元気になると位事です。カンタンに言えば痩せ菌が少ないとその成分があまりつくられないので、便秘になるということです。

だったら、はじめから乳酸菌でなくて乳酸菌生産物質を食べた方がてっとりばやくて、効果が高いと思いませんか?

それが、わたしのおすすめの「スルーラ」という妊活用サプリです。

わたしはまだ妊娠する可能性はないので安心してください。

この「スルーラ」は、妊娠という一大イベントに向けてからだを作っていこうということですから、入ってる中身がハンパないです。乳酸菌生産物質はもちろんしっかりはいっていますし、乳酸菌やエサとなる水溶性食物繊維、オリゴ糖はもちろん、葉酸、112種類の酵素などがしっかり入っています。そのかわり、添加物などはいっさい入っていませんので、だれでも安心して飲むことができます。

なぜ、妊活用?とおもわれたかもしれません。

ここだけの話、最近の研究では、良い赤ちゃんを授かるためには、そういう行為をする1,2ヵ月まえがとても大事だと言うことです。葉酸をしっかりとってからだの準備をして、その行為をするのがあたりまえのようです。まずは、よい母体、良い卵をつくって、そこに受精させることで流産の危険をさけたり、重い疾患を避けることができるということです。厚労省からも、女性だけでなく、男性もその行為の1,2ヵ月前にしっかりとることが大事だと発表されています。これは、夫婦にとっては一番大切なことです。万が一、先天的な何かを持って生まれてきてしまったら、夫婦も子供も一生苦しみます。妊活してる間だけでも、葉酸をしっかりとっていきましょう。

最近、わたしの周りでも流産が多いのですが、その事が影響してるとわかりました。おそらく、計画性がなく妊娠してるからです。それはみな普段の食生活がわるいためだとお医者さんから言われてると聞きます。若々しいすらりとしたボディを取り戻すとともに、まずは、あなたのからだの中を良い妊娠ができるように整えることから始めてみましょう。

それだけのものが入っていますので、実は妊娠しなくてもいいと思ってる女性や男性にも、普通のサプリよりも効果があるといわれています。健康な赤ちゃんを授かるために、腸内環境をととのえようということですから、それは当たり前のことです。ですから普通のものよりも高いんじゃないの?とよく聞かれますが、定期コースの初回は実質無料です。二回目以降も普通のサプリと同額ですので安心です。

これから多くの雑誌で取り上げられていていきますので、品切れになってしまうかもしれません。そうならない前に、確認しておきましょう。詳しいことはこちらからご覧ください。⇒次はあなたがママになる。そんな至福の喜びを。【スルーラ】

痩せ菌を維持して痩せやすいからだにしていくには?

食べ物、自律神経を整えること、サプリの3種類で2日から2週間で腸内環境は整えられますし、痩せ菌を優位に持っていくことはできるといわれています。

ただ、その後もずっと同じ状態にしていくことがたいせつですよね。そのために気をつけなければいけないことがあります。

それは、

  • 人工甘味料、保存料などをとらない
  • 空腹の時間をつくる
  • 抗生物質は最低限にする

アメリカなどでは、ファストフードを食べ続ける映画があったり、研究所でも同じ実験をしてるようですが、腸内環境を調べてみると、善玉菌はほとんどいなくなっていたそうです。

そして、毎日、なるべく多くの乳酸菌をからだの中に入れることがたいせつです。研究によると、口から飲んだ乳酸菌は、腸の中にはとどまれません。3日ほどで外に出てしまうという研究報告があります。寝だめができないこととおなじです。毎日、続けることがたいせつになってきますので、あなたのなめらかな美肌と若々しいナイスボディを取り戻すためにも、スルーラを試してみましょう。⇒何もかも試した、でも授からない…。授かれない原因はサプリじゃない【スルーラ】

毎日の積み重ねでナイスボディを!

11月2日の「主治医が見つかる診療所」では、痩せ菌について紹介してくれました。

痩せ菌は、腸の中にいる細菌の中で、ビフィズス菌やバクテロイデーテス門の細菌のことです。この細菌たちは、短鎖脂肪酸を作ってくれて、脂肪を脂肪細胞に蓄積しないように働いてくれる最近で、太ってるひとにとってはとてもいい細菌です。

この細菌を利用することで、太りにくく痩せやすい体質をつくっていくことができるといわれれています。

大食い、ドカ食いするけれども、スッキリしてるひとがいますよね。大食い選手権に出てるひとであまり太ってる人を見かけないのも不思議です。そういうひとたちの腸内環境は、痩せ菌が優位にはたらいているので、大量に食事をしても脂肪として蓄積されない仕組みになってるということです。

多くの人が憧れるその体質になるには、食べ物、自律神経、サプリの3種類のアプローチがあります。

とくにたいせつなのは、サプリです。食べ物で補おうと思っても無理があります。それよりは、科学的に認められた方法で痩せる体質になっていくことができれば最高です。

というのも、毎日の食事を見てもらえればわかると思います。あなたのからだはあなた自身でボディメイクしていかないと行けません。ひとのせいにはできませんので、しっかりしたものを選んで毎日つづけていきましょ。スルーラは、アプローズという会社の佐藤貴理香さんという女性社長がつくられています。ご自身の経験をもとにして、つくられました。大切にしてる言葉は、「カラダにありがとう」だと話されています。ぜひ、その内容をこちらから確認してみてください。⇒何もかも試した、でも授からない…。授かれない原因はサプリじゃない【スルーラ】


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

丸山 雪子

丸山 雪子

投稿者の記事一覧

いつもありがとうございます。
ご感想やお気づきのポイントありましたら、何でもいいですので、下のコメント欄にお書きください。

【WEBサイトデザイン、コンテンツマーケティング、サイトマネージメントなど、WEBサイトに関わる仕事がメイン。スノボの季節になると、フラッといなくなったりして・・・】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 椅子
  2. 人生は楽しい!
  3. 未来を変える




疲れたときにおススメ

  1. 極悪がんぼ
  2. 絶対彼氏
  3. 彼女たちの時代
  4. コード・ブルー
  5. とげ
  6. 大奥
  7. OURHOUSE
  8. ボーダー

40代におススメの韓流ドラマ

  1. マンホール
  2. マイリトルベイビー
  3. シングルワイフ
  4. シンイ~信義~
  5. また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~
  6. アンダンテ~恋する速度~
  7. コーヒープリンス1号店
  8. 麗
  9. 逆賊ホンギルドン
  10. あなたはひどいです
スポンサーリンク

最新情報

  1. 中学聖日記
  2. 中学聖日記
  3. 僕らは奇跡でできている
  4. 僕らは奇跡でできている
  5. NBA2017-2018
いつまでも白い羽根
  1. コック警部
  2. 漆黒の四重奏<カルテット>
  3. カビ対策
  4. 恋がヘタでも生きてます
  5. ホリデイラブ
  6. 曇天に笑う
  7. 愛してたって、秘密はある
  8. 細菌

多くの人に読まれている情報

  1. 感情8号線
  2. 僕のヤバイ妻
  3. 結婚式
  4. 走り方
  5. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  6. 就活家族
  7. 夢
  8. リピート~運命を変える10か月~
  9. ブラックリベンジ
auひかりバナー
PAGE TOP