ヒトスジシマカ

ジカ熱は小頭症に!妊娠時期に感染は危険!症状と圧倒的な予防を!

ジカ熱が、ブラジルからアジアにかけてパンデミック的に広がっているようです。「ジカ熱って、症状が軽い」「ブラジルだから」って思ってたら、大間違いです。妊婦の人が妊娠時期にジカ熱に感染すると、子供が小頭症になる確率が高くなると発表されました。ジカ熱に感染しないように予防が必要ですが、その感染時期とか、症状について調べてみました。

▶▶中高年のためのプログラミング教室


ジカ熱とは?

ジカ熱はRNAウイルスの一種で、1947年にウガンダにあるジカ森(zika forest)で、アカゲザルから発見されました。媒介するのは、ネッタイシマカ。日本には、この蚊はいないんですが、同じ属のヒトスジシマカが同じように媒介します。この蚊ですが、見たことありますよね。

simaka

 

見てるだけでかゆくなってきますが、刺されると、メッチャかゆいんです。この蚊が、ジカ熱ウイルスを媒介すると言われています。ジカ熱自体は、1950年代から知られていて、アフリカからアジアの赤道地域で確認されていたんですが・・・2014年、太平洋をまたいで、フランス領ポリネシアとイースター島で発見されました。2015年、南米、中米、カリブ諸国、シンガポールで感染が広まります。2016年、ハワイ、プエルトリコ、ブラジルで急激に広まっていて、渡航自粛も呼びかけられています。

2016年2月2日、WHО(世界保健機関)は、ジカ熱について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。日本の厚生労働省も、感染症法上の第4類感染症に指定しています。(デング熱、インフルエンザと同じ。届け出が必要)今回のリオオリンピックでも、拡散が懸念されましたが、今の所、日本に入ってきたような話は出ていません。

ジカ熱の症状は?

急激に広まってるジカ熱なんですが、感染した時の症状はどいうものがあるのでしょうか。潜伏期間は、3~12日です。出てくる症状は、

  • 発熱
  • 結膜炎
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 関節痛
  • 脱力感
  • おう吐
  • 下痢
  • 食欲不振

など、風邪に近い症状です。しかも、1週間ほど続いて、自然に治ってしまうし、感染しても発症しない人もいるんです。エボラ出血熱とか、西ナイル熱のように、亡くなってしまうことはないですから、安心してください。ただ、問題は、妊娠時期に感染することです。その時期に感染すると、子供が小頭症になってしまう可能性があると発表されました。

ジカ熱と小頭症の関連は?

ジカ熱と小頭症の関連が疑われたのは、ブラジルです。ブラジルの保健省によると、この半年間で、過去5年間の10倍にあたる、2401人の小頭症の新生児が確認されたみたいです。(参考:CNNニュース)小頭症は、

  • 頭が異常に小さい
  • 発達が遅れる
  • 精神発達が遅れる

というような、発達障害が出てくる病気です。ポリネシアでは、ほとんど亡くなって生まれてきているらしいですし、新生児の時に亡くなる子供も多いんです。つまり、妊娠初期にジカウイルスに感染してしまうと、健康な子供である確率が著しく低いということです。なので、ブラジルの国内でも、ブラジルに旅行する人にも、6か月から1年以内の出産をしないように、呼びかけているんです。

実は、日本人の感染例が、3例あります。

  • 2013年12月、タヒチのボラボラ島に旅行。帰国後発症。(男女各一名)
  • 2014年7月、タイのサムイ島に旅行。帰国後発症。(41歳男性)

2013年のお二人は、おそらく新婚旅行だと思われますが、もしも、これから結婚しようとおもっているのでしたら、そちらの方への旅行は、充分に注意をしてもらった方が良いと思います。

スポンサーリンク

さらに問題が・・・

さらに、問題なのは、2016年8月5日から開催された、

リオオリンピック

世界中から、とんでもなく多い人が訪れましたが、今の所、世界中に広まってしまったという話は伝わってきていません。というか、これから半年後位しないと、刺されたのかどうか、症状が出るまでははっきりしないような気がします。万が一、小頭症が増える兆候がみえたら、これをどうやって食い止めるか?きっと厚労省も困ると思います。

選手とかコーチ、競技役員とか、とにかくいろんな人が行来ましたし、蚊にもおそらく刺された人がいるのではないでしょうか。刺されても、熱もあまり出ず、刺されたことにも気づかなかった人もいると思います。一番心配なのは、ブラジルの蚊が、人ごみに紛れて、日本に入って来ていないか?ということです。そればっかりな何ともいえないので、これから1年間くらいは、妊娠を控えた方が良いのでは?と少し、思います。また、なるべく、蚊取り線香とかを使って、蚊を退治してしまうことをおすすめします。

また、2月3日、アメリカのCNNニュースで、人から人への感染が報告されました。リオのカーニバルもあるんで、気を付けてください。

以上、ジカ熱に関する記事でした。このジカ熱に関する記事を読まれた方は、こちらの記事も読まれています。

関連記事

2月4日の『アンビリバボー』で、ハンタウイルスの脅威が放送されました。ハンタウイルスの感染経路はネズミで、ハンタウイルス肺症候群という疾患を引き起こし、致死率は50%です。1993年に、アメリカのヨセミテに住んでいるナバホ族の人がか[…]

関連記事

シャープの蚊取り空気清浄機FU-GK50が爆売れしているようです。2016年の人気のヒット家電の一つとも入れていますが、本当に効果はあるのでしょうか?シャープの人気の蚊取り空気清浄機FU-GK50の価格と口コミを調べてみました。[…]

蚊
関連記事

蚊には蚊取り線香!って思っていませんか?昔ながらの蚊取り線香以外にも、アロマ式、電子式、直接スプレーと、いろいろありますが、話題のワンプッシュが一番効くようです。ワンプッシュの蚊取り線香の種類や、使い方、効果の範囲などを調べてみまし[…]

蚊取り線香

40代からの健康について

40代になると、どこかしら痛くなったり、わるくなったりします。「若いころにはこんなはずではなかった」と思ったりもしてるはずです。

それは誰もが同じことで仕方がないのですが、すこしでも体に良いことをすることが、若さにとってとてもたいせつなことです。

そこで、健康に関するよく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてください。