当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

趣味としての庭いじりの魅力と始め方。40代の男性にも女性にも大人気!

趣味としての庭いじり

趣味としての庭いじりは、ただの庭の手入れを超えた、心の豊かさを追求する活動です。

40代の男性から女性まで、多くの人々が簡単にできて心が癒やされるからという理由で、ふたたび人気になっています。

なぜ「庭いじり」がこれほどまでに魅力的なのか、そしてどのように始めればよいのか。この記事では、庭いじりの魅力を深掘りし、初心者でもスムーズにスタートできる方法を紹介します。

心地よい風を感じながら、自分だけの庭空間を手に入れる旅へ、一緒に出発しましょう。

  1. 庭いじりの深い魅力とその背景
  2. 40代の男性・女性が特に庭いじりに興味を持つ理由
  3. 庭いじりを始める際の基本的なステップとアドバイス
  4. 心地よい庭空間の作り方とその楽しみ方
スポンサーリンク

趣味としての庭いじりの魅力

趣味としての庭いじり-1

趣味としての庭いじりは、多くの人々に愛されています。その理由は、庭いじりが持つ独特の魅力にあります。

  • 庭いじりとは:趣味としての定義
  • 好きな人の特徴
  • 初心者のためのスタートガイド
  • 楽しむためのポイント
  • 最大のメリットは心の安らぎを手に入れられること
  • 履歴書に「趣味 庭いじり」と書く意味

庭いじりとは:趣味としての定義

庭いじりとは、一見単純に庭を手入れする行為のように思えますが、実際にはその背後には豊富な知識と技術が必要とされる深い趣味です。

庭いじりを趣味として行う際、最初に考慮すべきは土壌の種類やpH値、そして庭の日照時間です。

例えば、アルカリ性の土壌にはラベンダーやタイムなどのハーブが適していますが、酸性の土壌ではアザレアやツツジがよく育ちます。

また、庭いじりにはガーデニングの技術も欠かせません。

ガーデニングとは、庭を美しくデザインする技術のことを指し、これには植物の配置や色の組み合わせ、さらには季節ごとの植物の選び方など、細かな要点が含まれます。

例として、春にはピンクや白の花を中心に、夏には青や紫の花を選ぶことで、季節の移り変わりを感じる庭を作ることができます。

このように、庭いじりは単に庭を整えるだけでなく、植物の生態や土壌の知識、そしてガーデニングのセンスを駆使して、自分だけのオリジナルな空間を作り上げる趣味と言えるでしょう。

好きな人の特徴

趣味としての庭いじりを楽しむ人

庭いじりが好きな人の特徴は、多岐にわたりますが、その中でもいくつかの共通点が見受けられます。

まず、彼らは細かい観察力を持っており、植物の微細な変化や、季節の移り変わりを繊細に感じ取ることができます。

例えば、ある植物が芽吹くのを待ちわびるような忍耐力や、花が咲く瞬間を見逃さない集中力が求められます。

また、庭いじりを愛する人々は、自分の手で何かを育て上げることに対する深い満足感を得ることができます。

具体的には、1年間で5種類以上の植物を育て上げることに成功した場合、その達成感は他の趣味とは一線を画すものとなります。

さらに、彼らは日常の中での小さな喜びや、自然の中での癒しを求める傾向が強いです。

例として、雨上がりの庭で土の香りを楽しんだり、朝の光の中で植物の葉っぱの露を観察するなど、日常の中のささやかな瞬間を大切にする性格を持っています。

関連:読書は楽しすぎる!

初心者のためのスタートガイド

庭いじり初心者がスムーズにスタートするためのガイドは、以下のポイントに集約されます。

まず、庭いじりに必要な基本的な道具を揃えることが第一歩です。

具体的には、鋏、スコップ、手袋のほか、園芸大百科などの専門書や、植物の成長をサポートする肥料なども考慮に入れると良いでしょう。

これらの道具は、初心者でも扱いやすく、また、庭いじりの作業を効率的に進めるためのものです。

次に、初心者のうちは、育てやすく、手間が少ない植物から始めることをおすすめします。

例えば、多肉植物は乾燥に強く、水やりの頻度も少なめで済むため、初心者には最適です。

また、ハーブ類は、日常の料理にも使用できるため、実用的にも楽しむことができます。

具体的には、バジルやミント、ローズマリーなどが初心者向けとして挙げられます。

さらに、庭の大きさや日照時間、土壌の種類など、自分の庭の環境をよく知ることも大切です。

例えば、日照時間が4時間以上の場所では、日当たりを好む植物を選ぶと良いでしょう。

逆に、日照時間が短い場所では、日陰を好む植物を選択すると、より成功率が上がります。

フクシアやギボウシ(ホスタ)、シャクナゲなどは、日陰を好む植物として知られています。

また、土壌の種類によっても、適した植物が異なります。

例えば、砂質の土壌は水はけが良いため、乾燥を好む植物が適しています。

一方、粘土質の土壌は水分を保持しやすいので、湿り気を好む植物が向いています。

初心者の方が庭いじりを始める際には、植物のラベルやタグをよく読むことも大切です。

これには、植物の成長条件や水やりの頻度、適した日照時間など、育てる上での基本的な情報が記載されています。

この情報を参考にすることで、植物の健康を維持し、美しい庭を作り上げることができます。

最後に、庭いじりは試行錯誤を繰り返しながら、自分のスタイルを見つける過程でもあります。

初めての失敗を恐れず、様々な植物や配置を試してみることで、自分だけのオリジナルな庭を作り上げる楽しさを感じることができるでしょう。

楽しむためのポイント

楽しむポイント

庭いじりを最大限に楽しむためのポイントは、以下のようにまとめられます。

  1. 自分のペースでの進行: 庭いじりはマラソンのようなもので、急ぐ必要はありません。例えば、最初の1年間で3種類の植物を育てることを目標に設定することで、無理なく進めることができます。
  2. 小さなスペースの最大化: 限られたスペースでも、工夫次第で魅力的な庭を作り上げることができます。たとえば、縦に伸びるクレマチスや、ハンギングバスケットを利用して空間を有効活用する方法が考えられます。
  3. 四季の変化を楽しむ: 日本の四季はそれぞれ異なる風情があります。春には桜やチューリッヒ、夏にはヒマワリやアガパンサス、秋には紅葉やコスモス、冬にはクリスマスローズなど、季節ごとに異なる植物を植えることで、年間を通して庭の変化を楽しむことができます。
  4. 知識の習得: 庭いじりの楽しさは、新しい知識を学びながら深めていくことにもあります。例えば、植物の生育環境や病害虫の対策など、専門的な知識を身につけることで、より高度なガーデニングを楽しむことができます。
  5. コミュニティ参加: 近所のガーデニングサークルやオンラインの庭いじりコミュニティに参加することで、同じ趣味を持つ人々との交流や情報交換ができます。実際、日本国内には100以上のガーデニングクラブやサークルが存在し、それぞれが月に1~2回のペースで集まり、植物の育て方や新しいガーデニングテクニックについて学ぶ機会を提供しています。
  6. 自分だけのオリジナルスペースの作成: 庭いじりの醍醐味は、自分だけのオリジナルな空間を作り上げることです。例えば、好きな色の花を中心に植えたり、特定のテーマ(例: バタフライガーデンやハーブガーデン)に基づいて庭をデザインすることで、他の庭とは一線を画す空間を作ることができます。
  7. 継続的なメンテナンス: 庭は生き物のようなもので、定期的な手入れが必要です。月に2~3回のペースで、枝の剪定や草むしり、肥料の追加などのメンテナンスを行うことで、庭を常に美しい状態に保つことができます。
  8. 新しい試みの導入: 庭いじりの楽しみ方は無限です。新しい植物の導入や、異なるガーデニングスタイルの試みなど、常に新しいことに挑戦することで、庭いじりの楽しさをさらに深めることができます。

最後に、庭いじりは自分自身の癒しの時間としても最適です。

日常の忙しさから離れて、自然と触れ合うことで心のリフレッシュができます。

また、自分の手で育てた植物が成長していく様子を見ることは、大きな達成感を感じることができるでしょう。

最大のメリットは心の安らぎを手に入れられること

庭いじりの最大のメリットは、心の安らぎを手に入れることができる点です。

植物と触れ合うことで、心が落ち着き、日常のストレスから解放される感覚を得ることができます。

それは、雑草を取ることでも実感できます。

庭に生えている雑草を抜こうとしたときに、始めは色々と考えていますが、次第に「動やったらうまく抜けるんだろう」としかかんがえられなくなります。

それが、ヨガや瞑想と同じ効果を生むんです。

「雑草を抜く」という一点に集中することで、頭の中の悩みや妄想が一時停止して、頭の中をクリアにしてくれます。

これはやった人しかわからない感覚なのかもしれません。

仕事や会社、家庭などでなにかこまったことがあったり、悩みがあったら、一度雑草を抜いてみてください。

そこから庭いじりに興味が出てくるかもしれません。

履歴書に「趣味 庭いじり」と書く意味

履歴書に「趣味 庭いじり」と書くことは、自分の趣味や特技をアピールするための一つの方法です。

単純に趣味の欄に書くことが増えるだけでなく、同じ趣味を持ってる年配の方はとても多いので、共感を得ることができるはずです。

ただし、「庭いじり」と書くのがいいのか、それとも「ガーデニング」とか「園芸」「庭造り」と書くのかは、意見が分かれるところです。

というのも、

  • ガーデニング きれいな花を植えて庭をきれいにしているイメージ
  • 園芸 畑などで野菜を作るイメージ
  • 庭造り 植物だけでなく道や石など、トータルで庭を設計するイメージ
  • 庭いじり やってることは同じでも謙遜のイメージがある

といった違いがあるからです。

ただし、「趣味は園芸」と答えたときに、「何を作ってるのかね」と聞かれたときには困ってしまうこともあるので、「庭いじり」程度にしておいたほうが、好感度なのかもしれません。

スポンサーリンク

趣味としての庭いじり実践ガイド

趣味としての庭いじり-道具

庭いじりを実際に始める際のポイントや、具体的な方法について解説します。

  • ガーデニング:女性のための趣味としての楽しみ方
  • ガーデニング:男性が挑戦する際のポイント
  • 庭いじりのベストな時期とは
  • 庭いじりを始める際の服装の選び方
  • 必須!庭いじりの基本道具一覧
  • お金をかけずに美しい庭を作る方法
  • 土の庭をどうにかしたい!改善のヒント

ガーデニング:女性のための趣味としての楽しみ方

ガーデニングは、特に女性に人気の趣味として知られています。

花や植物を使って、自分だけの空間を作り上げることは、女性ならではのセンスを発揮する絶好の機会です。

例えば、季節の花を取り入れたり、カラフルな花壇を作ることで、庭が一気に華やかな空間に変わります。

また、ガーデニングを通じて、植物の成長を日々観察することで、四季の移り変わりや自然の営みを身近に感じることができます。

ガーデニング:男性が挑戦する際のポイント

男性がガーデニングに挑戦する際のポイントは、大胆なデザインや機能性を重視することです。

例えば、庭の一角にBBQスペースを設けたり、ウッドデッキをDIYで作成するなど、実用的な要素を取り入れることがおすすめです。

また、大型の植物や木を植えることで、迫力のある庭を作ることも可能です。

庭いじりのベストな時期とは

庭いじりを始めるには、春や秋が最適な時期とされています。

春は新しい植物を植えるのに適しており、秋は植物の移植や剪定を行うのに良い時期です。

ただ、気温や湿度に注意しながら、植物の種類や状態に合わせて作業を行うことが大切です。

庭いじりを始める際の服装の選び方

庭いじりを行う際の服装は、動きやすさと保護を重視することが大切です。

長袖や長ズボン、帽子を着用することで、日焼けや虫刺されを防ぐことができます。

また、作業用の手袋や膝当てもあると便利です。

created by Rinker
¥9,020 (2024/05/27 15:17:06時点 楽天市場調べ-詳細)

必須!庭いじりの基本道具一覧

庭いじりを始めるには、いくつかの基本的な道具が必要です。

たとえば、

  • 鉢・プランター
  • 鉢底網
  • 土入れ用道具(スコップ等)
  • ハンドスコップ
  • 水やり道具(ジョロなど)
  • 移植ごて(シャベル)
  • 園芸用ハサミ
  • ほうきとちり取り
  • ごみ袋
  • てみ
  • 園芸大百科などの辞典
  • 土壌酸度計

これらの道具は、庭いじりの作業をスムーズに進めるためのものであり、適切な道具を使用することで、植物へのダメージを最小限に抑えることができます。

また、道具の選び方や使い方についても、専門書やインターネットでの情報収集をすることで、より効果的な庭いじりが可能となります。

created by Rinker
¥6,985 (2024/05/27 15:17:06時点 楽天市場調べ-詳細)

お金をかけずに美しい庭を作る方法

美しい庭

お金をかけずに美しい庭を作るための方法として、まずは自分の庭の土壌や環境をよく観察することが大切です。

その際には、園芸大百科などの専門書とか、ネットでの情報調査が大切になります。

というのも、雑草と思っていたらきれいな花が咲くこともありますし、どこからか飛んできた珍しい植物の可能性もあるからです。

でも、何も調べるものがなかったらどうしようもないですよね。そんなときに専門書とかネット情報を使うわけです。

オススメはグーグルクロムの画像検索です。画像検索のボタンを押して写真を取れば、一発でその植物の名前がわかります。

その植物を増やしたいときに、その周りの植物を取ればいいですし、要らなければどんどん取って捨てましょう。

要は、雑草を抜くことです。

いらない雑草を抜くとともに、土を撹拌したり、やわらかくすることも大切です。土壌酸度計を使ってみるのも、面白いかもしれません。

そのうえで、土壌の種類や日照時間、水はけの良さなどを確認し、それに合わせた植物を選ぶことで、長持ちする庭を作ることができます。

その際には、親戚とかまわりの家からその植物をもらってきてもいいです。挿し木とか実から育てることができます。

スーパーで買ってきた果物の種や野菜の一部を植えてもいいかもしれません。

畑になってしまうかもしれませんが、なんでもいいからまずは草花を育ててみることをやってみましょう。

そうすることで、別にお金をかけなくても、きれいな庭を作ることができます。

土の庭をどうにかしたい!改善のヒント

グランドカバー

土の庭をどうにかしたいと思ったときには、

  • 花壇や家庭菜園を作る
  • グランドカバーを植える
  • 芝を植える
  • 砂利や固まる土で草を生えないようにする

などの方法があります。

いちばん普通に考えられるのは、花壇や家庭菜園を作ることです。

趣味のはじまりとして、ガーデニングをすることはとてもいいことです。40代になったからには、いちどは試してみるべきことです

次にオススメなのは、グランドカバーです。グランドカバーとは、地面を這ったり匍匐して伸びていく植物のことです。

代表的なのは、

  • 芝桜
  • セダム
  • アジュガ
  • クラピア
  • タピアン

などです。隙間を埋めてくれる重宝な植物です。

次には芝生を植えることです。グランドカバーと一緒で、見た目に良いですし、雑草を生えなくしてくれます。

最後は砂利とか固める土などで、土の庭をおおってしまうことです。多少は雑草が出てきますが、それほど毎日抜かなくても大丈夫です。

まとめ:趣味としての庭いじりの魅力と始め方。40代に大人気!

この記事のポイントをまとめます。

  1. 庭いじり愛好者は細かい観察力を持つ
  2. 植物の微細な変化や季節の移り変わりを繊細に感じ取る能力がある
  3. 植物を育て上げる過程で深い満足感を得る
  4. 1年間で5種類以上の植物を成功させると特別な達成感がある
  5. 日常の中での小さな喜びや自然の中の癒しを求める傾向が強い
  6. 庭いじり初心者のスタートガイドとして、基本的な道具の準備が重要
  7. 初心者は育てやすい植物から始めることが推奨される
  8. 庭の大きさや日照時間、土壌の種類を考慮し、適した植物を選ぶ
  9. 庭いじりを通じて、四季の移り変わりや自然の営みを感じることができる
  10. 庭いじりの醍醐味は自分だけのオリジナルな空間を作り上げること
  11. 庭いじりは試行錯誤を繰り返しながら、自分のスタイルを見つける過程でもある
この記事を書いた人
とし

こんにちは、としです。
 
昭和36年生まれで、現在は62歳です。
 
何回も転職を繰り返し、4度目の会社の社長からのきつい言葉がきっかけで脱サラしました。
 
52歳のときでした。
 
脱サラしたときに、40歳からの10年間は何だったんだろう?としみじみ後悔しました。
 
40代のときに何をやるべきなのか、どういうことを考えていくべきか、その有無でその後の人生がだいぶ変わってきます。
 
その気付きから、こころ認定や終活ガイド、P検、安全運転能力検定などの資格を取りました。
 
現在は、ライフタイムアドバイザーとして日々努力を積んでいます。
 
40代は、人生の中でもいちばん楽しくてキラキラしています。
 
何を考えていけば良い結果が出るのか、わかりやすくお伝えしていきます。

としをフォローする
40代からの趣味
スポンサーリンク

\お気軽にコメントをどうぞ/