チリ産サーモンは危険なのか安全なのか?イオンやコストコの対応もまとめてみた

チリ産のサーモンが危険とか、安全性が低いという話題があります。初めは、2016年の5月末くらいに話題になったのですが、反対意見も出たりして、ずっと論争状態です。そこで、危険と考えてる人と、安全と考えてる人の意見をまとめてみました。

スポンサーリンク

チリ産サーモンの危険の理由

チリ産のサーモンが危険と言われている理由は、2つです。

  • 抗生物質の平均使用量
  • 殺虫剤の使用量

このどちらもが、もう一つの世界的なサーモン生産国のノルウェーを大幅に上回っているということです。日刊スパによると、抗生物質は、

「私は養殖サーモンを食べません。抗生物質、殺虫剤、防汚剤など、“薬漬け”の実態を目の当たりにしているからです。この付近の住民には養殖場で働いている者も多く、皆それを知っています」
 アイセン州北部(パタゴニア地方)は、チリの首都サンチャゴから1500km。アイセン州北部やその隣のチロエ島では、サーモンの養殖場が爆発的に拡大している。
 チリのサーモン養殖に使われる抗生物質の量は、世界的に見ても特に多い。サーモン1tあたりの平均使用量を比較すると、世界1位のサーモン輸出国であるノルウェーの500倍以上で700.80g

(出展:日刊スパ

殺虫剤は、

「サーモンの細胞組織に損傷を与え、死に至らせる寄生虫『海ジラミ』の対策のため、養殖の全期間を通じて殺虫剤が定期的に投入されているんです」
 こうした寄生虫対策のための殺虫剤使用量もチリが突出。サーモン1tあたりの平均使用量で27.92gとノルウェーの5倍以上に達する。

(出展:日刊スパ

どちらも、かなり多い量を投与しているようです。なぜ、それほどの薬や殺虫剤が必要なのかと言うと、もともと、サーモンはチリの海にはいなかったためです。なので、ノルウェーや日本海に住むサーモンにとっては、未知の海で、ウイルスとか、海ジラミなどに対して、耐性が低いためなんです。なので、数年前には、ほぼ全滅するなどの被害が出たようです。

もともと記事は、5月27日に、朝日新聞系のニュースサイト「THE HUFFINGTON POST」にでた、菊池木乃実さんの

日本のスーパーで売られているチリ産の鮭を地元の人が食べない理由

です。この記事では、上記の抗生物質、殺虫剤の過剰使用以外に、サーモンを育てる時のエサと、サーモンを飼う時の密集度です。1kgのサーモンを育てるのに、5.4kgの魚と、鶏肉、大豆などが使われているようです。また、ノルウェーの2倍の密度で飼育しているようです。

で、この作者が「地元の人が食べない」と言ってるのは、残留物質が人間にとって危険かもしれないといことも多少はありますが、もっと大きなことがあります。それは、サーモンを養殖することによって、周りの環境を破壊してる事なんです。大量の抗生物質、殺虫剤は、サーモンに使われた後は、海の中に垂れ流します。すると、そこにいる他の生物たちも駆逐してしまうんです。この作者が住んでいる土地では、漁業がメインの仕事なんですが、魚や、貝、カニなどが獲れなくなって、廃業してしまう人が多いということです。

さらに、昨年は、このサーモンのおかげで赤潮が発生して、大量の魚が海岸に打ち上げられました。自分たちの仕事が無くなってしまう原因が、サーモンの養殖なんです。ですから、そんな憎い商売敵のサーモンは食べるわけがないですよね。日本には、遠く離れているから、そんな気持ちはほとんど関係ないので、抗生物質とか殺虫剤をクローズアップさせて、記事を書いているようです。

チリ産サーモン危険の反対意見

「THE HUFFINGTON POST」に対する反論をまとめると、

  • チリではサーモンは大人気の魚
  • 養殖魚は皆同じエサ
  • 殺虫剤は垂れ流さない
  • 抗生物質は手のひらサイズの時だけ
  • 政府が考えている密度なので大丈夫

です。この記事を書いた人は、ジョージ・ホルヘさんという水産商社マンです。外国人のプロフィール写真を使ってますが、おそらく、日本の商社マンではないでしょうか。ホルヘは、英語のジョージのスペイン語読みです。なので、「ジョージ・ホルヘ」は「ジョージ・ジョージ」ということですから、たぶん偽名ですね。ジョージさんが言ってることを簡単にすると、「養殖されているもので、ゼロリスクのものはない」と言うことです。豚でも、牛でも、鶏でもいろんな抗生物質を使っています。その上で、国や、世界の機関が決めた基準をクリアしているものを、多くの人は食べているんだから、養殖サーモンも同じです、と、言っていると思います。

ジョージ・ホルヘさんに対する反論

この、ジョージさんの反論に対して、菊池木乃実さんも6月16日に反論されています。

追記 日本の~

この中では、

  • 養殖場近辺の漁民たちは、あえて食べない
  • サーモンを1kg太らすために5.4kgの魚がいる理由
  • 殺虫剤のメーカーバイエル社の使用方法で、海中投棄と書かれている
  • 有効なワクチンがないため、抗生剤は、1~4回投与する

です。菊池さんの記事には、きちんとしたグラフなどが添付されていました。簡単に書くと、抗生物質、殺虫剤は、海中投薬なので、そのまま海の中に拡散されて行ってしまうので、生態系を崩してしまうことが問題だということです。さらには、過剰に投与された抗生物質、殺虫剤は、いずれ人間の口元まで運ばれてくるので、健康被害が懸念されていると書かれています。もっと言えば、そうした薬漬けのチリ産サーモンを食べることを否定しているのは、菊池さんではなくて、アメリカ人だということです。アメリカのスーパー、コストコなどが、健康に害があるのでは?と思って輸入を控えているということです。ですから、ジョージさんは、菊池さんに文句を言うのではなくて、アメリカのスーパーにクレームを起こされた方が良いと思います。

スポンサーリンク

 

まとめます。

ジョージ・ホルヘさんは、チリのサンチャゴに住んでいる人ではないでしょうか。もしくは、日本と行き来している人。というのは、菊池さんは、サーモンを養殖している、もっと南のアイセン州に住んでいるらしいからです。なので、この二人の対立の軸としては、生産者側と、近隣住民側の並立した日本の軸があると思います。ジョージさんの方としては、チリの人たちに、基幹となる事業を作っているので、変な噂は立てたくないし、菊池さんとしては、近隣住民は迷惑していて、結局儲かるのは、大手資本でしかないと思っているのではないでしょうか。

こういった対立は、いろんな産業、いろんな商材に見られます。どちらがどうと言うことでもないですし、簡単に解決できる問題ではないと思います。ただ、食べる側としては、不安です。実際に、アメリカのコストコでは、チリ産サーモンの取扱量を、今までの90%から40%に減らしていますし、他のスーパーも大幅ダウンとう所が多いです。そこから考えると、不安ですが、日本に輸入する場合、厳しい検査があります。抜き打ち検査で、全体の数%ですが、いまのところ、残留の成分は出てきていないようです。

しかも、イオンでも大々的に取り扱いが始まりましたので、ある程度は安全安心で、食べることができると思います。それは、ジョージさんが言ってるように、何事もゼロリスクではないということです。サーモンよりも、もっと他に、危ない食材もあります。こういう記事が、食に対する危険性を考えるきっかけになって、そういったものが浮き彫りにされますので、とてもいいことだと思います。

忘れてはいけないことは、チリでは、環境汚染が進んでいて、現実的に、養殖場のために職を失っている人がいるってことです。もしも、抗生物質、殺虫剤が気になるようでしたら、ノルウェー産、天然ものを食べることをお勧めします。ただ、海はつながっていますので、忘れないでくださいね。^^

以上、チリ産サーモンは危険か?安全か?の記事でした。

NEWS記事一覧に戻る


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク