当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

40代におすすめの趣味はクロスバイク!その魅力と爽快感やメリットを徹底解説

40第におすすめの趣味はクロスバイク

40代は仕事や家庭など、多忙な日常に追われることが多い時期。

そんな中で、新しい趣味を見つけることで日常に彩りを加えたいと考える方も多いでしょう。

特に、健康を意識し始めるこの年代にピッタリの趣味として、クロスバイクが注目されています。

都市部の移動手段としても、週末のリフレッシュとしても活躍するクロスバイクは、40代の方々にとっての新しい趣味として最適です。

この記事では、クロスバイクを趣味として選ぶ40代の方々に向けて、その魅力や爽快感、さらには具体的なメリットを徹底解説していきます。

  1. 40代におけるクロスバイクの健康面でのメリット
  2. クロスバイクを趣味として始める際の具体的な魅力や爽快感
  3. 40代の日常生活にクロスバイクを取り入れる方法や活用シーン
  4. クロスバイク選びのポイントや初心者向けのアドバイス
スポンサーリンク

40代におすすめの趣味、クロスバイクの魅力

クロスバイクは最高の趣味

  • クロスバイクとは?普段使いから軽い運動まで
  • 種類別の自転車の乗れる距離(平均時速)と使用目的
  • クロスバイクとロードバイクの違い
  • 趣味にするならクロスバイク
  • クロスバイクの趣味としてのデメリット:気持ち悪いと見られる
  • クロスバイクのメリットと40代にピッタリな理由

クロスバイクとは?普段使いから軽い運動まで

クロスバイクは、ロードバイクの速さマウンテンバイクの安定性を併せ持つ自転車として人気を博しています。

以下に、その魅力的な特徴を詳しく解説します。

  1. ロードバイクのようなフレーム構造
    クロスバイクは、ロードバイクの流線型のフレーム構造を持っています。これにより、風の抵抗を受けにくく、スピーディな走行が可能です。
  2. マウンテンバイクのような安定感のあるタイヤ幅
    クロスバイクのタイヤは、マウンテンバイクのように幅広く、街中の段差や未舗装路でも安定して走行できます。タイヤ幅の目安は28~35Cとなっており、これは一般的なママチャリよりもやや細めです。
  3. 多機能性
    クロスバイクは、カゴの取り付けが可能であり、ライトや自転車スタンドを標準装備したモデルも多く販売されています。これにより、通勤や通学、お買い物などの日常的な用途にも適しています。
  4. 手頃な価格帯
    クロスバイクの価格帯は、5万円~10万円が人気の範囲となっています。この価格帯であれば、初心者から経験者まで幅広く手を出しやすいと言えるでしょう。
【限定特別価格】【送料無料】CHEVROLET(シボレー) クロスバイク 700c 軽量アルミフレーム シマノ6段変速 鮮やか前後アルマイト塗装リム 前輪クイックレリーズ シボレーコルベットWネーム CORVETTE(コルベット) AL-CRB7006

クロスバイクとロードバイクの違い

  1. タイヤの太さ
    ロードバイクのタイヤは細く、直径が23C~25C程度が主流です。これにより、軽量で風の抵抗を受けにくく、高速走行が可能となっています。一方、クロスバイクのタイヤは28C~35C程度とやや太めで、街中の段差や未舗装路でも安定した走行が期待できます。
  2. ハンドルの形状
    ロードバイクのハンドルはドロップハンドルと呼ばれる下向きの形状をしており、エアロダイナミクスを重視した設計となっています。クロスバイクのハンドルはフラットバーやライザーバーといった、直線的な形状が主流で、操作性や視界の良さが特徴です。
  3. 乗り心地と用途
    ロードバイクは競技や長距離走行を目的としており、その設計はスピード重視です。そのため、乗り心地は硬めで、体を前傾させるポジションが基本となります。対照的に、クロスバイクは街乗りや日常の移動、軽い運動を目的として設計されており、快適性や操作性が重視されています。
  4. 価格帯
    ロードバイクは競技用の高性能モデルが多く、10万円以上のものが主流です。一方、クロスバイクは5万円~15万円程度の価格帯が中心となっており、初心者でも手を出しやすい価格設定となっています。

種類別の自転車の乗れる距離(平均時速)と使用目的

自転車は多種多様で、それぞれの特性や用途に応じて設計されています。

以下は、主な自転車の種類とその特徴、1時間でおおよその乗れる距離(平均時速)を簡単にまとめたものです。

  1. シティサイクル:日常の移動に最適。平均時速10-15km/h。ママチャリもこのカテゴリに含まれる。
  2. 電動アシスト自転車:モーター補助で楽に走行。平均時速15-18km/h。
  3. ミニベロ:短距離移動や室内保管に適した軽量自転車。平均時速20km/h。
  4. クロスバイク:街乗りから軽い運動まで。平均時速20-30km/h。
  5. ロードバイク:舗装された道路を早く走る。平均時速30-40km/h。
  6. グラベルロードバイク:舗装されてない砂利道や悪路も走れる。スピードはやや遅い。平均時速25-30km/h。
  7. ピストバイク:トラックレース用。平均時速30-50km/h。
  8. ランドナー:キャンプなどの長距離ツーリング向け。平均時速30km/h程度。
  9. マウンテンバイク:山道や砂利道を走るためのもの。平均時速18-25km/h。
  10. ファットバイク:雪や砂利道でも安定。タイヤの太さが10cm以上。平均時速20-30km/hていど。
  11. ビーチクルーザー:砂浜を走る。平均時速15km/hていど。
  12. タンデムバイク:2人以上でのサイクリング。平均時速20km/hていど。

平均速度は乗り方、自転車、乗る人によってだいぶ変わってきます。

これらの自転車は、それぞれの特性や用途に応じて選ぶことが大切です。

自分のライフスタイルや目的に合わせて、最適な自転車を選ぶことで、より快適なサイクリングライフを楽しむことができます。

created by Rinker
¥32,800 (2024/05/26 18:28:36時点 楽天市場調べ-詳細)

趣味にするならクロスバイク

趣味として自転車を楽しむ際、選択肢は多岐にわたります。

ロードバイク、マウンテンバイク、ミニベロなど、それぞれの自転車には特徴があります。

しかし、私が特におすすめしたいのはクロスバイクです。

なぜなら、クロスバイクは都市部の移動から自然の中のサイクリングまで、多様なシチュエーションに対応できる万能性を持っているからです。

クロスバイクの最大の特徴は、そのバランスの良さにあります。

ロードバイクのスピード性とマウンテンバイクの安定性を併せ持つこの自転車は、平坦な道路はもちろん、少々のアップダウンや未舗装路も快適に走行することができます。

また、平均的なクロスバイクの価格帯は3万円から15万円程度と、比較的手頃である点も魅力の一つです。

初めて自転車の趣味を始める方にとって、機材選びは難しいもの。

しかし、クロスバイクならば初心者から上級者まで、幅広い層に対応しています。

実際、多くのクロスバイク愛好者が、その使い勝手の良さやコストパフォーマンスの高さを指摘しています。

趣味として自転車に乗る際の目的は人それぞれ。

健康維持、ストレス解消、新しい景色を楽しむことなど、理由は様々です。しかし、どんな目的であれ、クロスバイクはそのニーズをしっかりと満たしてくれることでしょう。

関連:趣味としてのジェットコースター

クロスバイクの趣味としてのデメリット:気持ち悪いと見られる

クロスバイクを趣味として楽しむ人が増えてきていますが、まわりから「気持ち悪い」と見られることもよくあります。

この感じ方は、クロスバイクの持つ特定のイメージや、サイクリング文化に対する誤解から来ることが多いです。

まず、クロスバイクやサイクリングに対する一般的なイメージとして、特定のファッションや装備を持つ「自転車オタク」というステレオタイプが存在します。

例えば、タイトなウェアや特殊なサングラス、ヘルメットなどを身につけている姿は、一般の人々からは異質と感じられることがあります。

特に、日常の移動でこのような装備をしていると、過度に本格的だと思われることも。

また、クロスバイクの持つスピード感を活かし、都市部での高速走行を楽しむ人がいます。

これが他の交通参加者や歩行者からは危険な行為として受け取られることも。

実際、交通ルールを守らないサイクリストの行為は、クロスバイク利用者全体のイメージを下げる要因となっています。

このような背景から、「クロスバイク=気持ち悪い」というイメージが生まれることがあるのです。

しかし、実際にはクロスバイクを趣味とする人々の中には、健康や環境への配慮、新しい景色や風景を楽しむための純粋な動機を持つ人が多いです。

クロスバイクの真の魅力を理解し、適切なマナーで楽しむことで、このような偏見を払拭することが期待されます。

MAGIC(マジック) AL-CRB7021Urban

クロスバイクのメリットと40代にピッタリな理由

クロスバイクは、その多機能性と快適性から多くのサイクリストに支持されています。特に、40代の方々にはそのメリットが最大限に活かされると言われています。

では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、クロスバイクの最大の特徴は、ロードバイクのスピード感とマウンテンバイクの安定性を併せ持つことです。

これにより、都市部のアスファルト路面から未舗装の道路まで、幅広いシチュエーションでの使用が可能となっています。

また、平均的なクロスバイクの価格帯は5万円から15万円程度と、比較的手頃であるため、初めての自転車としても導入しやすいのが魅力です。

40代になると、体の機能が自然に落ちてくるため、適度な運動が必要となります。

クロスバイクは、その乗り心地の良さから長時間のサイクリングが可能であり、1時間のサイクリングで約300〜500kcalのカロリーを消費することができます。

これは、ウォーキングやジョギングと比較しても非常に効率的な数値です。

さらに、40代は仕事や家庭の忙しさから、日常のストレスが溜まりやすい時期でもあります。

クロスバイクでのサイクリングは、自然との触れ合いや新しい景色を楽しむことで、心のリフレッシュにも繋がります。

総じて、クロスバイクは40代のライフスタイルや健康維持にピッタリのアイテムと言えるでしょう。

関連:趣味としてのドライブ

40代女性におすすめのクロスバイクの楽しさ

40代女性がクロスバイクを選ぶ理由は多岐にわたりますが、その中でも特に注目すべきは、クロスバイクが提供する健康面や社交面でのメリットです。

まず、健康面では、クロスバイクによる運動は、骨密度の低下が気になり始める40代女性にとって、骨を強化し、骨折リスクを低減するはたらきが期待できます。

また、定期的なサイクリングは、心肺機能を向上させ、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防にも寄与します。

さらに、1時間のサイクリングで平均400kcalのカロリー消費が見込まれるため、ダイエット効果も期待できます。

社交面では、クロスバイクを趣味とすることで、新たなコミュニティへの参加や、同じ趣味を持つ人々との繋がりが広がります。

特に、地域によっては女性専用のサイクリングクラブやイベントも増えており、安心して参加することができます。

また、サイクリングを通じて訪れるカフェや名所巡りなど、新しい発見や経験が増えることで、日常生活に彩りを加えることができます。

つまり、クロスバイクは40代女性にとって、身体的な健康だけでなく、心の健康や社交の場としても非常に価値のある趣味となるのです。

スポンサーリンク

クロスバイクを趣味として始めるステップ

趣味としてのクロスバイクの始め方

  • クロスバイクの種類と価格
  • クロスバイクの選び方:初心者
  • クロスバイクの購入時のポイント
  • 必要な装備やアクセサリーの紹介
  • クロスバイクでの楽しみ方とアクティビティ
  • クロスバイクを趣味にするときに一緒に始めたいもの:ブログ

クロスバイクの種類と価格

クロスバイクはその多機能性から多くの人々に支持されていますが、その種類や価格帯は非常に幅広いのが特徴です。

まず、クロスバイクの種類には、フレームの材質やギア数、タイヤの太さなどによって、初心者向けから上級者、長距離走行を目的としたモデルまで様々なものがあります。

特に、フレームの材質はアルミやカーボンなどが主流で、カーボン製のものは軽量でありながら強度が高いため、価格が高くなる傾向にあります。

価格帯に関しては、エントリーモデルであれば3万円から5万円程度で購入可能です。

これらは日常の移動や週末のレジャーに十分対応できる性能を持っています。

一方、10万円を超える中~上級モデルは、長距離のサイクリングやスポーツ走行に適しており、耐久性や走行性能が高いのが特徴です。

さらに、特別なカスタマイズやブランド性を重視した高級モデルでは、30万円以上の価格になることも珍しくありません。

実際、クロスバイクの選び方は、使用目的や予算だけでなく、乗り心地やデザイン、ブランドなどの好みも影響します。

そのため、購入前にしっかりと試乗や比較検討を行うことで、自分に最適なクロスバイクを見つけることができるでしょう。

【限定特別価格】【送料無料】CHEVROLET(シボレー) クロスバイク 700c 軽量アルミフレーム シマノ6段変速 鮮やか前後アルマイト塗装リム 前輪クイックレリーズ シボレーコルベットWネーム CORVETTE(コルベット) AL-CRB7006

クロスバイクの選び方:初心者

クロスバイクの選び方は、初心者にとっては難しく感じるかもしれませんが、いくつかの基本的なポイントを押さえることで、適切な選択が可能です。

  1. 予算の設定:まず最初に考えるべきは予算です。クロスバイクは3万円から30万円以上と幅広い価格帯で提供されています。自分の設定した予算内で最も性能や機能が良いモデルを選ぶことが重要です。
  2. 使用目的の明確化:クロスバイクの使用目的を明確にすることで、必要な機能や性能を絞り込むことができます。例えば、主に通勤や通学で使用する場合、荷物を積むことができるキャリアが付いているモデルや、泥除けが装備されているモデルがおすすめです。
  3. サイズの選択:自転車のサイズ選びは非常に重要です。身長や脚の長さに合わせて適切なサイズを選ぶことで、快適な乗り心地を実現できます。店舗での試乗やスタッフのアドバイスを参考にすると良いでしょう。
  4. 装備や機能の確認:ライトやベル、キャリアなどの装備は、後から追加することも可能ですが、初めから装備されているモデルを選ぶことでコストを抑えることができます。
  5. デザインやカラー:実用性だけでなく、デザインやカラーにもこだわりたい方は多いでしょう。自分の好みやファッションに合わせて、気に入ったデザインのものを選ぶことで、乗る楽しみも増えます。

以上のポイントを踏まえながら、自分のライフスタイルや好みに合ったクロスバイクを選ぶことで、長く愛用することができるでしょう。

基本的には、サイクリングショップに行って、まず見て、店員と話をして、店員のアドバイス西方って購入を検討するのが、一番いいです。

関連:趣味としての庭いじり

クロスバイクの購入時のポイント

クロスバイクの購入を検討する際、適切な選択をするためのポイントはいくつか存在します。

以下に、購入時に考慮すべき主要な要素を詳しく解説します。

  1. サイズの確認:クロスバイクのサイズは、身長だけでなく、腕の長さや脚の長さも考慮する必要があります。例えば、身長160cmの方であっても、腕や脚の長さによって最適なサイズが異なることがあります。適切なサイズを選ぶことで、疲れにくく、安全にサイクリングを楽しむことができます。
  2. 試乗の重要性:実際に試乗することで、乗り心地やハンドルの取り回し、ブレーキの感触など、細かな部分を体感することができます。特に、ブレーキの効きや変速のスムーズさは、試乗しないと分からない部分です。
  3. フレームの材質:アルミニウムやクロモリ、カーボンなど、フレームの材質によって重さや乗り心地が変わります。例えば、カーボンは軽量で振動吸収性が高いため、長距離を快適に走行することができますが、価格が高くなる傾向があります。
  4. 予算の設定:クロスバイクは5万円から数十万円までと幅広い価格帯で展開されています。自分の予算内で、最もコストパフォーマンスが高いモデルを選ぶことが求められます。
  5. アフターサービスの確認:購入後のメンテナンスや修理を考慮して、店舗のアフターサービスを確認することも大切です。定期的な点検や無料のメンテナンスサービスがある店舗を選ぶと、長く安心して使用することができます。

これらのポイントを踏まえて、自分のライフスタイルや使用目的に合ったクロスバイクを選ぶことで、より充実したサイクリングライフを送ることができるでしょう。

【限定特別価格】【送料無料】CHEVROLET(シボレー) クロスバイク 700c 軽量アルミフレーム シマノ6段変速 鮮やか前後アルマイト塗装リム 前輪クイックレリーズ シボレーコルベットWネーム CORVETTE(コルベット) AL-CRB7006

必要な装備やアクセサリーの紹介

クロスバイクを最大限に楽しむためには、適切な装備とアクセサリーが欠かせません。

以下に、クロスバイク愛好者におすすめの装備とアクセサリーを詳しく紹介します。

  1. ヘルメット:安全第一の考えから、ヘルメットは必須の装備です。頭部を保護するためのもので、万が一の転倒時に重大な怪我を防ぐ役割があります。市販されているヘルメットには、通気性や衝撃吸収機能を持つものも多く、価格帯は3,000円から20,000円程度と幅広い。
  2. グローブ:手のひらや指を保護するためのもので、長時間のライド時に手の疲れや振動を軽減します。また、転倒時の怪我を防ぐ効果もあります。価格帯は1,500円から10,000円程度。
  3. ライト:夜間や薄暗い場所での走行時に必要となる装備です。前方を照らすフロントライトと、後方からの視認性を高めるリアライトがあります。価格帯は1,000円から15,000円程度。
  4. サイクルコンピューター:走行距離や速度、消費カロリーなどの情報を表示するデバイス。トレーニングの効果を数値で確認することができます。価格帯は2,000円から30,000円程度。
  5. ボトルケージ&ウォーターボトル:長時間のサイクリング中に水分補給をするための装備。ボトルケージは自転車のフレームに取り付け、ウォーターボトルを固定します。
  6. サドルバッグ:サドルの下に取り付ける小型のバッグ。予備のチューブやタイヤレバー、携帯工具などの小物を収納するのに便利です。

これらの装備やアクセサリーを選ぶ際は、自分の走行スタイルや頻度、予算を考慮して、最適なものを選ぶことが重要です。適切な装備を整えることで、サイクリングの安全性と快適性を高めることができます。

関連:40代で趣味がないのはヤバい?

クロスバイクでの楽しみ方とアクティビティ

クロスバイクはその多機能性から、さまざまなシチュエーションでの楽しみ方が広がっています。

日常の移動手段としてだけでなく、アクティブなレジャー活動としても非常に人気があります。

  1. 健康維持のツールとして:日常の通勤や買い物にクロスバイクを取り入れることで、日々の運動量を増やし、健康的な生活をサポートします。例えば、毎日の通勤で往復合わせて1時間走行すると、約500kcalの消費が期待できます。
  2. 週末のレクリエーション:友人や家族とのサイクリングは、新しい風景を楽しみながらのコミュニケーションの場として最適です。特に、季節の花や風景を楽しむルートを選ぶと、より一層の楽しさが増します。
  3. ツーリングの挑戦:クロスバイクでの長距離ツーリングは、自分の体力や技術を試す絶好の機会です。100km以上のロングライドに挑戦することで、達成感や新しい場所の発見などの喜びを得ることができます。ただし、ツーリングには十分な準備や計画が必要です。特に、ルート選びや休憩ポイントの確認、天気のチェックなどをしっかりと行うことが大切です。
  4. サイクリングイベントへの参加:全国各地で開催されるサイクリングイベントやライドに参加することで、同じ趣味を持つ人々との交流や新しい経験を積むことができます。

これらの楽しみ方を通じて、クロスバイクは日常生活に彩りや活力をもたらしてくれることでしょう。

クロスバイクを趣味にするときに一緒に始めたいもの:ブログ

クロスバイクの魅力をさらに引き出すために、ブログの運営を併せて始めるのは絶好のアイディアです。

以下は、クロスバイクとブログを組み合わせることで得られる具体的なメリットと、その専門的な側面を強調した内容です。

  1. 記録としての価値:サイクリングの際の経路、走行距離、平均速度などのデータをブログに記録することで、自身の成長や進化を数値で確認することができます。例えば、月間で走行した距離が500km、平均速度が20km/hといった具体的な数字を共有することで、他のサイクリストとの比較や目標設定の参考にもなります。
  2. 技術や知識の共有:ブログを通じて、自分が学んだサイクリングのテクニックやメンテナンスの方法を共有することで、初心者を含む多くのサイクリストの参考になります。
  3. コミュニティの形成:ブログを運営することで、同じ趣味を持つ人々とのネットワークを築くことができます。コメントやフィードバックを通じて、新しいルートの提案やイベントの情報交換など、有益な情報を得ることができます。
  4. ブランドとのコラボレーション:ブログの人気が上がると、自転車関連のブランドやショップからのスポンサーやレビュー依頼が来ることも。これにより、最新の製品情報や特別なオファーを受け取ることができます。

総じて、クロスバイクとブログの組み合わせは、サイクリングの楽しさを一層深め、より多くの人々との繋がりを持つための最適な手段と言えるでしょう。

最近では、アクションカメラ(GoPro)を積んで走ることがはやっています。

最新機種では手ぶれ補正も当然ありますし、走行中の振動なんて感じさせないほどの画像が撮れます。

動画が取れるので、ユーチューブにアップしたり、それをまたブログに乗せることも可能です。

下記のようなサイクリング動画を撮る方法を解説する動画も出ています。

ブログではテキストが主な表現方法になっていますが、この動画を載せることで、多くの人に共感を得られるブログを作ることが可能になります。

見た人も「やってみようかな」と思わずつぶやきそうです。

まとめ:

この記事のポイントをまとめます。

  1. クロスバイクは多機能性と快適性から多くのサイクリストに支持されている
  2. 40代の方々にはクロスバイクのメリットが最大限に活かされると言われている
  3. クロスバイクはロードバイクのスピード感とマウンテンバイクの安定性を併せ持つ
  4. 都市部のアスファルト路面から未舗装の道路まで使用が可能である
  5. 平均的なクロスバイクの価格帯は2万円から15万円程度で手頃である
  6. 40代には体の機能が自然に落ちてくるため、適度な運動が必要である
  7. クロスバイクの乗り心地の良さから長時間のサイクリングが可能である
  8. 1時間のサイクリングで約300〜500kcalのカロリーを消費できる
  9. 40代は日常のストレスが溜まりやすい時期である
  10. クロスバイクでのサイクリングは心のリフレッシュにも繋がる
  11. クロスバイクは40代のライフスタイルや健康維持にピッタリのアイテムである
  12. クロスバイクとブログ、GoProはとても相性が良い
この記事を書いた人
とし

こんにちは、としです。
 
昭和36年生まれで、現在は62歳です。
 
何回も転職を繰り返し、4度目の会社の社長からのきつい言葉がきっかけで脱サラしました。
 
52歳のときでした。
 
脱サラしたときに、40歳からの10年間は何だったんだろう?としみじみ後悔しました。
 
40代のときに何をやるべきなのか、どういうことを考えていくべきか、その有無でその後の人生がだいぶ変わってきます。
 
その気付きから、こころ認定や終活ガイド、P検、安全運転能力検定などの資格を取りました。
 
現在は、ライフタイムアドバイザーとして日々努力を積んでいます。
 
40代は、人生の中でもいちばん楽しくてキラキラしています。
 
何を考えていけば良い結果が出るのか、わかりやすくお伝えしていきます。

としをフォローする
40代からの趣味
スポンサーリンク

\お気軽にコメントをどうぞ/