LIFE

人生をやり直すいちばん簡単な方法はこれ!引っ越しをする前に計画して新しい人生をはじめましょう。

人生をやり直す簡単な方法

こんにちは、転職マイスターの米山慎吾です。

あなたはいま、

  • 人生をやり直したい
  • 新し人生をはじめたい
  • まるっきりあたらしく仕切り直したい

っておもってますよね。

わたしは3回転職してから起業したので、その気持ちよくわかります。転職するときって、うまくいってないときがおおいからです。いままでの仕事、家庭、やってきたことをいちどリセットしたいな~っておもいはじめたら、歯止めが聞かなくて転職してしまいました。そんなわたしが、自分の人生を振り返ってみると、意外にカンタンに人生をやり直すことができることにきがつきました。それは、引っ越しをすることです。どんなかんじで引っ越しをしていけばいいのか、シェアさせてもらいます。

スポンサーリンク

人生をカンタンにやり直すには引っ越し?

引っ越し

なぜ、引っ越しが人生をやり直すことにつながるのか?

それは、それまでの人生をたちきるからです。しかも、会社を辞めて引っ越しすれば、仕事、友達、趣味、生活・・・すべてをリセットしてやり直すことができます。というか、想像してもらえればかんたんに実感できますよね。

たとえば、今あなたが住んでる県から遠く離れた場所にある新しい家に引っ越ししたと、いま目をつぶって想像してみてください。

そこで条件があります。

  • なにも持っていかない
  • 家具は新しく買う
  • 携帯もPCも新しくする
  • 会社を辞める
  • 家族からも離れる
  • 親や友達に連絡先は教えない

こういう引っ越しをすれば、あなたはまったくの別人になれると思いませんか?しごともともだちも家庭もすべていちからはじめることができます。ひつようなのはお金とうきうきわくわくしたきもちだけでだいじょうぶなんです。

ですから、人生をやり直すなんてとても簡単なことです。まずはそれをおぼえておきましょう。いつでも引っ越しできるし、いつでも人生はやり直すことができます。しかもカンタンに。

人生をやり直せばバラ色になる?

人生はバラ色?

ですが、ここでひとつもんだいがあることにきがつきました。

それは、引っ越しをして人生をやり直したとして、はたして今とは違うバラ色の人生をおくれるかどうか?です。

わたしもそうですが、人生をやり直したいっておもうときって、

  • こんなはずではなかった
  • どこかでまちがった
  • あのひとのせいでどん底になった

などと、ほとんどほかの人のせいにしていまの人生がわるくなってるとおもってるはずです。

あのときに戻ってべつなかいしゃにはいればよかった、ちがうひとと結婚すればよかった、あの人が会社にいたから計画が狂った・・・なんて、わたしはおもってました。

でも、人生をやり直したとして、おなじようなことがおきたときにそれを避けることができるのかっておもったんです。もしかしたら、同じような結果になるんじゃないかって。人生をやり直してもバラ色になるかどうかって、かなりギャンブル的なんじゃないかなって感じました。

そこで、もういちどかんがえてみてください。

たとえば、あなたは明日からまったく新しい人生を送ることができたとします。そのうえで、10年後どうなってるか?もしかしたら、いまとおなじようなことになってるかもしれないですよね。そうしたら、またやり直しますか?

わたしはそれをかんがえたときに、その10年ってすごいもったいないな~って感じたんです。っていうのも、今日までの10年がすごいもったいないと感じていたからです。10年後も、同じように「この10年、もったいないな~」って感じてるかもしれないっておもったら、どうにかしないといけないとおもったんです。

単純にいまがいやだからあなたの人生をやりなおしたいとおもってるのでしたら、おなじことの繰り返しがおきるはずです。絶対に10年後に、おなじように「やりなおしたい」っておもってるはずです。そんなのいやですよね。やり直した後には、かならずバラ色の人生、あなたがのぞむ人生を確実に手に入れたいですよね。

それには、しっかりした計画が必要です。

人生をやり直すことはとてもカンタンです。しっかり計画をしてからやり直さないとおなじ結果になってしまいます。人生をやり直すことは誰でも簡単にできますが、あなた望む人生を手に入れるためにもしっかりした計画をたてていきましょう。

スポンサーリンク

 

人生をやり直す計画とは?

人生をやり直す前にたてる計画とは、カンタンに言えば、10年後にどうなっていたいのか?っていうことです。10年後だけじゃなくて、20年後、30年後、この世からおさらばするときにどうなっていたいのか?ってことをはっきりとかんがえることです。

ほとんどのひとはそれを考えず、目先の苦しさしかかんがえていないので失敗します。マラソンなどのスポーツにかぎらず、スタートもたいせつですがゴールはもっとたいせつになります。

わたしが考えた計画は

  • お金の心配をせずに生活できる
  • 毎日おだやかにくらせる
  • 空気の様な夫婦
  • 最後は笑顔の孫や子供たちに看取られる

ってかんじでした。会社にいる時には、この未来はどう考えてもやってきそうもなかったんで、起業したんです。まだ人生をやり直してる最中ですが、会社を辞めて起業する前よりはその未来にはるかに近づいてるかんじです。

ですから、あなたも人生をやり直したいって思いはじめたら、まずは、どんな未来にしたいのか、10年後、20年後、そのさきにどうなっていたら一番幸せなのかをかんがえてみましょう。

やり方は、

  • 誰にも邪魔されない1日をつくる
  • 部屋の中を暗くする
  • 紙とペンを用意する

これだけです。

誰にも邪魔されない日をつくるというのは、とてもたいせつなことです。単純に邪魔をされないというだけじゃなくて、この社会から切り離された環境に身を置くことで、あなたじしんのことを深く考えることができるからです。

あなたにかぎらず、人の脳はPCとおなじです。いろいろなことをかんがえてるときって、PCでいえばいろいろなソフトがうごいてるときなんです。そのソフトでPCのメモリがなくなってしまったら、大切なことをかんがえることができません。あなたのあたまのなかをまっさらにして、「この先どうなっていたいのか?」っていうことをかんがえるために、邪魔をされない環境がひつようになってくるんです。

もちろん、携帯、PC、TVなどもないほうがいいです。この先の人生をかんがえるためですから、1日くらいは我慢されてみてはどうでしょうか。

部屋の中を暗くするのも、たいせつです。あかるいといろいろかんけいないことが浮かんできますので、なるべく薄暗くしたしたほうがいいです。ただ、ずっと薄暗い中にいるとおちこんでしまうときがあるので、水をたくさん飲んで、時々トイレに行くようにしましょう。

紙とペンはなんでもいいです。おもったことをどんどんかきなぐっていきましょう。

かんがえることは、たったひとつです。「10年後にどうなっていたいのか?」ってことです。具体的には、

  • どんな気持ち?
  • まわりにはだれが?
  • 毎日のくらしは?
  • 何を食べていたい?
  • 朝起きてから夜寝るまでに何をしたい?
  • となりにいる人は?

などです。時間のスパンも10年、20年、30年・・・とかんがえていきます。最終的には、病院でねてるあなたです。天国に行く1分前になにをかんがえたいのか?です。わたしは、やはり「いままでありがとう、やりたいことはすべてやれた。あなたたちのおかげです」と妻や子供たちに、笑顔で話したいとかんがえました。

そんな感じで、かなり具体的にかんがえていきましょう。

人生のゴールをかんがえた後は?

人生のゴールをかんがえたあとにやることは、そうなることを強く願うことだけです。すぐに行動を起こしてもいいですし、どうやればそうなるのかを考えてもいいですが、いちばんたいせつなことは、あなたがかんがえた人生のゴールに必ずたどりつくと決意することです。

そのために必要なことは、ふたつあります。

  • 今の先にある未来とあなたが選んだ未来をくらべる
  • 紙に書いて貼る

ということです。

「今の先にある未来とあなたが選んだ未来をくらべる」とは、ぜったいにあなたが選んだゴールにたどりつくと決意するためのものです。とはいっても、かんたんなことで、次の二つをかんがえましょう。

  • いまの先にある未来になったときの気持ち
  • あなたが選んだ未来になったときの気持ち

この二つの気持ちを想像すればいいだけです。A4サイズくらいの紙を用意して、真ん中に線を入れます。そして、左側にいまのまま暮らしていくあなたの未来や感情、気持ち、まわりの人の目、親や子供から言われることばなどをかきます。そして、右側にあなたが今選んだなりたい未来になったときの感情、まわりのひとにいわれる言葉、目、評価などを考えつくかぎりかきます。

かきおわったら、両方をみくらべるだけです。そして、サッカー日本代表のように胸にこぶしを当てて「絶対に右側の未来になる」と何度も心の中でさけびます。もしも、だれもまわりにいなかったら、大声で叫びましょう。あなたが生まれてからだしたこともないような120%の大声で叫べば、それだけ早く未来をたっせいすることができるはずです。

そして、もう一枚紙を用意して、あなたが選んだ未来を大きな字でかきます。それを、いつも見る所に貼っておきましょう。机の前の壁とか、朝起きたときに見える天井や壁などです。何枚も書いてはっておいてもだいじょうぶです。未来を書いて貼っておくって、とても簡単なことですが、とてもたいせつなことです。何か落ち込んだときに、その紙を見て胸にこぶしをあてれば、今の気持ちをおもいだすはずです。

人生をやり直して幸せになるには計画が必要

人生をやり直すいちばん簡単な方法をシェアしてきました。おわかりになってもらえたでしょうか。

人生をやり直すことはとてもかんたんです。すべてをすてて引っ越しすれば新しい人生をはじめることができるからです。人生をやり直すのはムズかしいとおもってるのでしたら、きっと、今の人生のなかですてきれないところがあるからです。

親も子供も妻も仕事も趣味もすべて捨てて、お金だけ持って遠く離れた場所に引っ越しすれば、カンタンに新しい人生は手に入ります。定年退職してそうしてるひとはたくさん7います。東南アジアやヨーロッパ、オセアニアなどに夫婦で移住してる人たちです。きっと、おおくのひとがしあわせにくらしてるはずです。

とはいえ、なにも考えずに引っ越ししてもうまくはいきません。あなた自身が変わらない限り、選択肢や未来は変わらないからです。なにもかんがえずに人生をやりなおしたとしたら、なにかがおきたときに、いままでとおなじ選択肢をセレクトするはずですから、結果はおなじですよね。

10年後、20年後にいまとおなじようなきもちになったり、もういっかいやりなおしたいなんておもったらぜったいにイヤですよね。

そうならないために必要なことが、人生のゴールの計画です。

この先どうなっていたいのか?」をしっかりかんがえて、人生のゴールをきめましょう。どんなゴールを考えてもだれにも迷惑はかけませんし、かんがえるのはただです。どうせなら、とびっきりのすてきな人生のゴールをかんがえましょう。

それをかんがえたら、わすれないように紙に書いていつも見るところにはっておくことです。

ほとんどおかねはかかりませんし、ひつようなものは、あなたのエネルギーだけです。あなたがすてきな未来をかんがえるかどうかだけで、いままでとはちがった幸せな人生にやりなおすことができるなんて、とても楽しくありませんか?マイナスなことはなにもかんがえずに、ためしてみることをおすすめします。

40代はとても大切な時期です。第2の人生とも言えます。ワクワクドキドキする40代を過ごすために、このサイトでは、新しいスタートを切るための誰でもできるノウハウをお伝えしています。あなたの毎日が、今以上の笑顔で満ちあふれることを祈っています。

他の記事もすべて無料で読めます。コメントも多くの方が寄せられています。あなたの人生に少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
1961年、長野県生まれ。静岡大学卒業。大手出版社就職後、何社か経て53歳で会社設立。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. CROSSROAD-40
  2. サラリーマンの後ろ姿

何か悩んでいませんか?

  1. Self-improvement
  2. 未来を変える
  3. 未来を変える
  4. 人生に疲れた時
  5. お盆にレンタカーでドライブ旅行
  6. CROSSROAD-40
  7. 結婚
  8. tired-cat

最新情報

  1. 人生を幸せにするのは質より量
  2. 「なんか疲れたなー」と感じた時
  3. ベースボール
  4. 人生の転機
  5. Self-improvement
yoga
  1. オキシトシン
  2. 待機児童問題
  3. マラソン
  4. 月
  5. 宮﨑キャビア1983
  6. フィギュアスケート
  7. 椅子

多くの人に読まれている情報

  1. 月
  2. 血管年齢?
  3. yoga
  4. ベースボール
  5. 介護
  6. 校閲
  7. 木星のオーロラ
auひかりバナー
PAGE TOP