当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

人生をやり直す方法は「引っ越し」後悔から解放され幸せな人生を手に入れられる

こんにちは、としです。

あなたはいま、

  • 人生をやり直したい
  • すべて新しく出直したい
  • あの時に戻りたい

っておもってますよね。

わたしも「もうやだ。人生やり直したい」って毎日のように思ってたので、あなたの気持ちは痛いほどよくわかります。

安心してください。わたしの場合、意外にカンタンに人生をやり直すことができました。

偶然ですがあることが起きて、一からやり直すことができたんです。

そのあることとは、引っ越しです。

最後まで読んでもらえれば、誰も知らない土地へ、何も持たず、たった一人で引っ越しをすることで、後悔から解放され幸せな人生を手に入れられます。

引越しっていくらかかるの?

引越し屋

人生をやり直したいと思ったら誰も知らないところへ引っ越すこと

引っ越し

人生をやり直したいと思ったら「引っ越し」が一番手っ取り早いです。しかもだれも知らないところに行くのがおすすめです。

なぜ、引っ越しが人生をやり直すことにつながるのか?

それは、それまでの人生を断ち切るのが簡単だからです。

わたしのまわりにもいます。転職を機に一気に性格が変わってしまった人や、引っ越したことで顔つきも変わってしまった人。

環境が人を作っていくんです。

まわりがすべて今までと違う新しいものに囲まれていたら、今の人生の延長線上とはちょっと違う人生を歩くことができます。

人生をやり直したいと思ったら、何も悩まずに誰も知らないところへ引っ越すことです。


【具体例】会社をやめて強制的に引っ越したら・・・

上にも書きましたが、会社勤めをしていた頃、「もうやだ。人生やり直したい」って毎日のように思ってました。

仕事はもちろん、まわりにいる人達も変な人ばかりでした。当然、長く勤められるはずもなくわずか3年で退社しました。

退社した後は、実家の親にも何も言わずに、ひたすら家にこもってゲームばかりしていました。

ちょうど半年くらい経った頃、親にバレて実家に強制連行されたんです。

貯金もなくなってきたということもあって、言われるままに従って引っ越ししました。

実家とは言え親が新しく建てた家だったので、それまでに一度も住んだことのない土地でした。知り合いもいないし、土地勘もまったくないところでした。

ハローワークに行って就職したわけですが、それまでの生活とはまったく違う生活を送り始めることが出来ました。

いわゆる人生のやり直しを体験することが出来ました。

その時に心の中で思っていたのは、

「今までのことは誰も知らないから、新しい自分になれる」

ということでした。

そう思うととっても気持ちが楽になって、いつも笑顔でいられました。陰キャだったのが陽キャ担ったような感じでした。

それがきっかけで初めて彼女もできたのですが、人生180度変わったような気がしました。

振り返ってみると、強制的に引っ越しさせられたのが人生をやり直すきっかけになったと感じています。

人生をやり直す引っ越しに必要な大切な条件

人生を簡単に、強制的にやり直すためには、引っ越しが一番です。

何もかも断ち切って、新しい土地にひっこして1から始めることで、人生をやり直すことができます。

ただし、条件があります。なるべく次に掲げたことをやりましょう。

  • 何も持っていかない
  • 家具もなるべく新しく買う
  • 携帯もPCも新しくする、初期化する
  • 会社を辞める
  • 家族からも離れる
  • 親や友達に連絡先は教えない

つまり、今までの生活にかかわることをすべて引越し元に置きっぱなしにして引っ越すんです。そのおかげで、すべてなかったことになります。

自分の気持の整理、つまりメンタル的な条件もありますし、実際の物理的な条件もあります。

あとは、自分のなりたいキャラやモデルとなる人物を選んで、その人だったらこういうことをするだろうな~と考えながら行動することです。

とりあえず、こういう引っ越しをすれば、あなたはまったくの別人になれると思いませんか?

仕事も友達も家庭もすべてゼロからはじめることができます。

この中でもいちばん大切なのは、今までの人生を今日限りに断ち切る気持ちです。その気持さえ持っていれば大丈夫です。

ですから、人生をやり直すなんてとても簡単なことです。引っ越しはいつでもできます。

なので、いつでも人生はやり直すことができます。しかもカンタンに。

でも、人生をやり直せばバラ色になるって本当?

人生はバラ色?

ですが、ここでひとつ問題があります。

それは、引っ越しをして人生をやり直したとして、はたして今とは違うバラ色の人生をおくれるかどうか?です。

やり直した場合、マイナスになってしまっては意味がないわけです。

だいたい、人生をやり直したいって思うときって、

  • こんなはずではなかった
  • どこかでまちがった
  • あの人のせいでどん底になった

など、思い描いていた未来と現在が全く違ってるときです。

なので、あなたが描く「本当はこうなってもらいたい未来」にしていく必要があるわけです。

ただ、今までのことをよく思い出してみてください。

あなたが今、「こんなはずではなかった」「人生をやり直したい」と思ってるのは、他人のせいだと思っていませんか?

例えば、

  • この会社のせい
  • あの女のせい
  • あいつのせい

なんて。すくなくとも、わたしは「おれは一生懸命にやってるのに、会社のせいで・・・」っておもってました。

でも良く考えてみてください。

引っ越すことで新しい人生をやり直せたとして、良い会社や良い人ばかりがいる土地に行けるとは限りません。

同じように合わない会社、変なやつ、悪意のある出来事が出てくる可能性は今までと同じくらいあるわけです。

人生をやり直したのに、変な人に邪魔される・・・その結果、おなじように「やり直したい」という状態になってしまう。

そんなことって、実はよくあるんです。可能性は50%です。


あなたが望む人生を確実に手に入れるには?

その同じことの繰り返しって、すごいもったいないな~って思いませんか?

人生100年として、10年ごとに同じことを繰り返していたら、いつのまにか高齢者になってしまいます。

人生をやり直した後には、かならずあなたが望む人生を確実に手に入れたいですよね。

そのために必要なのが、しっかりした計画です。

人生をやり直すことはとてもカンタンです。引っ越しればいいだけですから。

ただ、しっかりした計画を立ててからやり直さないと、おなじ結果になってしまいます。

誰も知らない土地でやり直すための計画とは?

では、誰も知らない土地でやり直すための計画ってどういうものでしょうか?

二十歳のときや、学生の頃に夢見ていた将来のことを、もう一度考え直すということです。

人生のビジョンやミッションを考えることがとても大切になります。

カンタンに言えば、10年後にどうなっていたいのか?っていうことです。

10年後だけじゃなくて、20年後、30年後、この世からいなくなるときにどうなっていたいのか?ってことをはっきりとかんがえることです。

今の状態で引っ越したとしても、「たぶん人生をやり直せる・・わくわく」と思ってるうちに、いろいろな障害が出てきて、同じように挫折します。

なぜかというと、目先の苦しさしか考えていないからですし、夢や目標がぼやけてきてしまってるからです。

たとえば、プロ野球選手とか甲子園に行きたい!という将来の夢を持っている人の場合、第1希望の高校やチームに入ることが引っ越しに当たります。

そこで、今まで以上の練習の厳しさ、先輩のいじめ、練習試合でのミス、レギュラーから落とされた・・・などのアクシデントが起きた時に、目の前のツラさから「じゃあ、サッカー部に行こう」なんてふらふらしていてはダメですよね。

このツラさは甲子園のためにある、プロ野球選手になるための試練だ・・・と、将来の夢や目標を見据えて、軸がブレないように行動することで、大きなことを成し遂げることができます。

たとえそれになれなくても、独立リーグや社会人チームに入って活躍するという目標をしっかりと持っていれば大丈夫なんです。

誰も知らない土地でやり直すためには、目の前のことよりも、ゴール、将来のことを見据えながら普段生活していくことがとても大切になります。

あわせて読みたい
40代から人生をやり直したいと思うのは当たり前。だけど今のままでは絶対ムリな理由
「やり直したい」と思ってもなかなかできないのが人生です。そこで、あなたが人生をやり直すための方法をお話します。人生をやり直す方法は、このままでいいのか?ということを一度、自分に聞くことです。一度立ち止まって、あなたの人生を考えてみませんか?

どんな未来にしたいのか?を考える方法

ですから、誰も知らない土地でやり直したいって思いはじめたら、まずは、

  • どんな未来にしたいのか?
  • 10年後、20年後、その先のゴールは?
  • 一番幸せなゴールは?

を考えましょう。

そのための具体的な考え方は、

  • 誰にも邪魔されない1日をつくる
  • 部屋の中を暗くする
  • 紙とペンを用意する

これだけです。

誰にも邪魔されない日をつくるというのは、とても大切なことです。

単純に邪魔をされないというだけじゃなくて、この社会から切り離された環境に身を置くことで、あなた自身のことを深く考えることができるからです。

あなたにかぎらず、人の脳はパソコンと同じです。

いろいろなことを考えてるときって、PCでいえばいろいろなソフトが動いてるときなんです。

動いてるソフトがたくさんあって、PCのメモリがなくなってしまったら、どうなりますか?

フリーズですよね。それと同じように、脳も考えることがたくさんあると、余分なことをかんがえることができません。

逆に言えば、脳の中で考える部分を増やして、「この先どうなっていたいのか?」っていう人生のビジョンだけを考えようということです。

後悔しない生き方を探す質問

もちろん、携帯、PC、TVなどもないほうがいいです。この先の人生をかんがえるためですから、1日くらいは我慢されてみてはどうでしょうか。

部屋の中を暗くするのも、たいせつです。あかるいといろいろ関係ないことが浮かんできますので、なるべく薄暗くしたしたほうがいいです。

ただ、ずっと薄暗い中にいると落ち込んでしまうときがあるので、水をたくさん飲んで、時々トイレに行くようにしましょう。

紙とペンはなんでもいいです。おもったことをどんどんかきなぐっていきましょう。

かんがえることは、たったひとつです。「10年後にどうなっていたいのか?」ってことです。具体的には、

  • どんな気持ち?
  • まわりにはだれが?
  • 毎日のくらしは?
  • 何を食べていたい?
  • 朝起きてから夜寝るまでに何をしたい?
  • となりにいる人は?

などです。時間のスパンも10年、20年、30年・・・とかんがえていきます。

今の段階では到底無理じゃない?と思うようなことでもいいです。何をしていたいのか、何を持っていたいのか、どうなっていたいのかを考えましょう。

最終的には、病院で寝ながら最後の瞬間を待ってるあなたです。

その時のあなたの目標は、

「いままでありがとう、やりたいことはすべてやれた。あなたたちのおかげです」

と妻や夫、子供、まわりの人たちに、笑顔で感謝できることです。

それが書けたら、モデリングをします。

あなたが思い描いた未来を、現在手に入れてる人が世界にはかならずいるはずです。その人をモデルにして、「こうなりたい」と毎日思うことです。

ビル・ゲイツ氏とか孫社長、イチロー選手やプロのアーティストなど、世界中にはいろいろな成功者がたくさんいます。

その中で、貴方が描いた人生のビジョンに一番近い人の名前を、紙の最後に書いておきましょう。

あわせて読みたい
未来を変えるたった一つの行動。誰でもできるけど誰も気づかないシンプルな方法
未来を変えるにはたった一つの行動をすればいいんです。とてもあたりまえのことで、誰でもできるけど誰も気づかないシンプルなことです。多くの人は自分で自分を縛ってることに気づいていません。未来を変えるには、今を変えるしかありません。

人生のビジョンを決めた後は頭の中に刷り込むこと

人生のゴールをかんがえたあとにやることは、そうなることを心に刷り込むことです。

そのために必要なことは、ふたつあります。

  • 2つの未来をくらべる
  • 望む未来を書いた紙を貼る

ということです。

2つの未来を比べる

「2つの未来をくらべる」とは、

  • 今のままの10年先
  • 引っ越した後の10年先

この2つの未来がどうなってるのかを比べることです。

「今のまま」とは、引っ越しもせず、この記事で読んだことも忘れ、今まで通りに「人生をやり直したい」と毎日思いながら暮らしていくことです。

毎日そう思いながら暮らしていくと、今から10年後はどうなってますか?

ちょっと目を閉じて想像してみてください。

あなたは10歳という年を取り、子供も配偶者も10歳プラスされた年齢になり、親も介護が必要になり、いっしょに飲む友達もだんだん少なくなり、会社では今のように肩身の狭い思いをしながらほそぼそと仕事をしてる・・・

逆に、今この瞬間に決断して、計画や目標を考えた上で引っ越した場合、10年後のあなたはどうなっていますか?

わたしはそう考えた時、いてもたってもいられなくなりました。

でも、その違いを作ったのは何でしょう?偶然でしょうか?神様の意思でしょうか?

その違いを作ったのは、引っ越ししようと考えただけです。

つまり、あなたの意思、考え、決断です。

人生のビジョンやゴールを考えてそれに向けて行動したから、あなたが望む未来を手に入れることができるんです。

考えるだけで手に入れられるんだったら、やらない手は無いんじゃないでしょうか。

望む未来を書いた紙を壁に貼る

上で紹介した「どんな未来にしたいのか?」で書いた紙を、いつも見れる壁に貼りましょう。

見やすいように書き直してもいいですし、そのままでもいいです。

ひとつだけお願いがあります。いろいろ書いた目標やゴールの中で、いちばん達成したいもの、やらなければならないものに、赤いペンで丸をつけておきましょう。

目指す人の名前にも、赤丸を付けておきましょう。

そうすることであなたの頭の中に、その目標やモデルの人生が刷り込まれていきます。

さらに効果を高めたいときの行動があります。

それは体に染み込ませるということです。やり方は、

人生のビジョンの紙を見ながら、サッカー日本代表のように胸にこぶしを当てて「絶対にこのゴール・目標を達成する」「絶対にこんな人になる」と何度も心の中でさけびます。

もしも、だれもまわりにいなかったら、大声で叫びましょう。あなたが生まれてからだしたこともないような120%の大声で叫べば、それだけ早く未来にたどり着くことができるはずです。

そして辛くなったときや落ち込んでしまった時には、そのポーズをしてみましょう。何回かやることで気持ちがプラスになっていくはずです。

未来・目標・ゴール・計画などを書いて貼っておくって、とても簡単で誰でもできることですが、とてもたいせつなことです。

ぜひ、騙されたと思ってやってみてください。

人生をやり直す一番カンタンな方法は「引っ越し」

人生をやり直すためのいちばん簡単な方法が「引っ越し」だと説明してきました。

人生の目標やゴールを決めて、いままでのしがらみをすべて捨てて引っ越しをすればいいだけです。

特別なことはいりません。他人から見ると引っ越しをしてるだけです。それだけ、人生をやり直すことはとてもかんたんなんです。

そういうと、

  • そんなわけない
  • 言うのはカンタンだけど
  • やっぱり無理かな

と、今はネガティブに思ってるはずです。

でも、人生をやり直すというのはそういうことなんです。

新しい人生をやり直すというのは、今までのことをゼロにするということです。

「人生をやり直すのは無理!」と感じてるのは、きっと、今の人生のなかで捨てきれないところがあるからです。

「親は捨てられない」「妻がなんというか」「再就職はむずかしそう」などと言い訳をしてるだけです。

親も子供も妻も仕事も趣味もすべて捨てて、お金だけ持って遠く離れた場所に引っ越しすれば、カンタンに新しい人生は手に入ります。

もっと言うと、引っ越しなんてしなくても、すべてを捨てて新しく始めると決意するだけで、新しい人生をやり直せます。

すべてはあなたの心が「やる!」と決断するかどうかです。

すべてを捨てて新しい人生を切り開く・・・とてもいいことじゃないでしょうか。

定年退職して新しい人生を切り開いてる人はたくさんいます。

  • 外国に夫婦で移住してる
  • 熟年離婚してる
  • 夫婦でお店を始める

多くの人が幸せにくらしています。定年退職は、ある意味強制的な社会との断捨離、それまでの社会との関わりからの引っ越しだからです。

ただ、その時に必要なのは人生のビジョンです。

あなたがこうなりたいという未来やゴール、目標をしっかり考えることで、幸せな未来を手に入れることができます。

今何も考えずに10年後、20年後に今とおなじような気持ちになったり、「やり直したいな~」って毎日思っているなんて、絶対にイヤじゃないですか?

そうならないために必要なことが、人生のゴールの計画です。

この先どうなっていたいのか?をしっかり考えて、人生のゴールをきめましょう。

どんなゴールを考えてもだれにも迷惑はかけませんし、考えるのは無料です。どうせなら、とびっきりのすてきな人生のゴールを考えましょう。

それを考えたら、忘れないように紙に書いていつも見るところにはっておくことです。

お金はかかりませんし、必要なものは、あなたのエネルギーだけです。

今、これを読んだ後に人生のゴールを考えるだけで、10年後のあなたの未来が変わってきます。

あなたがすてきな未来を考えるだけで、いままでとはちがった幸せな人生にやり直すことができるなんて、とても楽しくありませんか?

40代はとても大切な時期です。第2の人生とも言えます。

ワクワクドキドキする40代を過ごすために、このサイトでは、新しいスタートを切るための誰でもできるノウハウをお伝えしています。

あなたの毎日が、今以上の笑顔で満ちあふれることを祈っています。

他の記事もすべて無料で読めます。コメントも多くの方が寄せられています。あなたの人生に少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。

\ネットで頼むと安くなる!/

引越し屋

人生の転機の前兆や前触れはこれ!男と女で違うサインや環境の変化を見逃さず行動を!
人生のどん底だ!真っ暗闇だ!毎日が辛い、やる気が出ない同じ事をぐるぐる考えて、眠れない、体調不良、いつも眠い・・・って、毎日感じてますよね。それ、人生の転機の前兆、前触れです。今は苦しいかもしれませんが、大丈夫です。この記事を読んだ後には、人生の転機がやってくるきっかけが得られるはずです。

参考文献

この記事を書いた人
とし

こんにちは、としです。
 
昭和36年生まれで、現在は62歳です。
 
何回も転職を繰り返し、4度目の会社の社長からのきつい言葉がきっかけで脱サラしました。
 
52歳のときでした。
 
脱サラしたときに、40歳からの10年間は何だったんだろう?としみじみ後悔しました。
 
40代のときに何をやるべきなのか、どういうことを考えていくべきか、その有無でその後の人生がだいぶ変わってきます。
 
その気付きから、こころ認定や終活ガイド、P検、安全運転能力検定などの資格を取りました。
 
現在は、ライフタイムアドバイザーとして日々努力を積んでいます。
 
40代は、人生の中でもいちばん楽しくてキラキラしています。
 
何を考えていけば良い結果が出るのか、わかりやすくお伝えしていきます。

としをフォローする
40代からの生き方
としをフォローする