当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

過去があるから今がある。未来を切り開くためのたった1つの考え方

過去があるから今がある-1

40代にもなると、将来のことが不安になってくるはずです。そんなときに多くの40代の方が考えるのが、

  1. 過去があるから今がある
  2. 過去は過去
  3. 過去に戻ってやり直したい

だいたいこの3パターンになります。

過去で失敗よりも成功が多い人は1番、失敗は多かったけどポジティブな人は2番、失敗ばかりでネガティブになってる人は3番、という傾向が高いです。

わたしは3番の「戻ってやり直したい」とずっと思っていました。あなたは何番ですか?

でも、未来を輝かせたいと思われたら、1番の「過去があるから今がある」と思うことがとても大切です。

そこで、そう思ったほうが明るい未来が手に入るい理由と、未来を輝かせるためのたった1つの考え方を紹介します。

この記事でわかること

  • 過去の経験と現在の自分の関係性についての理解が深まる
  • 過去の記憶がどのように現在の感情や行動に影響を及ぼすかがわかる
  • 過去を切り離し、現在に集中することの大切さを学ぶ
  • 過去の経験から学び、現在を最高のレベルで生きる方法を理解する
スポンサーリンク

過去があるから今がある。過去と現在の価値観との向き合い方

過去があるから今がある-2

こんにちは、40代のあなたへ。

過去はただの時間ではなく、今の自分を形成する大切な要素です。過去をどのように捉えるかは、今の生活にも大きな影響を与えます。

一般的に、人は過去の出来事を振り返り、それが現在の自分にどう影響しているかを考えます。

たとえば、学生時代の経験が今の仕事の仕方に影響を与えているかもしれませんし、昔の失敗が今の成功の礎になっているかもしれません。

過去をどのように捉えるかによって、現在の自分がどのように感じられるかが変わってくるのです。

  • 過去⇒現在⇒未来を考えることがとても大切
  • 今があるから未来がある
  • 今までの積み重ねが今のあなた!
  • 過去は過去として切り離すことがとても大切
  • 昔の記憶は美化される
  • 苦しくて辛かったことでも、今から思えば良かった・・
  • 過去に戻りたい・・・は過去への執着
  • 昔を振り返りすぎるのはやめた方がいい
  • どうあがいても最高だった昔に戻ることはできない
  • あの頃に戻りたいと本気で思ったら?
  • 昔の記憶を引きずってはダメ
  • 昔の記憶がどんなに眩しくても未来はもっと眩しいはず
  • 過去と未来の中間地点としての現在の役割
  • コントロール可能なことと、不可能なこと
  • 事実は変えられないけれど、意味は変えられる

過去⇒現在⇒未来を考えることがとても大切

では、過去の価値について考えてみましょう。過去とは、一度しか経験できない貴重な時間です。過去の出来事一つ一つが、今のあなたを形作る重要なピースとなっています。

たとえば、あなたが過去に経験した失敗や挫折は、今のあなたにとって大切な教訓となっているはずです。それらの経験がなければ、あなたは今のような強さや賢さを持つことはできなかったでしょう。

同時に、過去の楽しい思い出や成功体験は、今のあなたに自信や前向きな気持ちを与えています。

過去を振り返ることは、自分自身の成長を再確認する良い機会です。どんな小さな経験も、あなたにとっての宝物です。過去を大切にし、その経験から学びを得ることで、今の生活がより充実したものになります。

このように考えると、過去はただの過ぎ去った時間ではなく、今を生きるための貴重な財産であると言えます。

いちばん大切なのは、このように、過去の出来事や過去で選んだあなたの意志を大切にし、それを自分の成長や学びの機会として捉えることです。

そうすることで、今のあなたの生活や人生はもっと豊かで意味のあるものになるでしょう。過去を振り返ることで、今をより良く生きるヒントを見つけることです。

今があるから未来がある

あなたは、「今は過去」という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉は、とても深い意味を持っています。簡単に言うと、「今この瞬間が過ぎ去れば、それはすぐに過去になる」ということです。

でも、これはただ時間が流れるということではありません。今この瞬間にあなたが選ぶ行動や決断、考え方が、将来のあなたを形作るということなんです。

つまり、今あなたが何をするか、どう感じるかが、これからのあなた自身を作り上げるのです。

だから、今を大切に生きることがとても重要なんですね。

けっして大切に、慎重に生活しようと言ってるわけじゃないです。無駄に悩んだり、いろいろと考えたりせずに、今すぐ行動することがとても大切だと言ってるんです。

この記事を読んだ後に、スキルアップのための書籍を読んだり、講座をユーチューブでみたり、筋トレを始めたり・・・行動を起こすことで、それがどんどんと雪だるま式に大きくなっていくんです。

今日のあなたの選択が、明日のあなたを決めると言っても過言ではありません。

だからこそ、今この瞬間に最善を尽くし、積極的に生きることが、豊かな未来を作る第一歩になるのです。

過去があるから今があるという本当の意味

あなたが今ここにいるのは、過去のあなたが積み重ねてきた経験や決断の結果です。

たとえば、過去にあなたが一生懸命勉強したおかげで、今の仕事ができているかもしれません。

また、過去に選んだ道が、今のあなたの人生を形作っているのです。

時には、過去の失敗や挫折が、今のあなたをより強く、賢くしていることもあります。その経験がなければ、今のあなたは存在しないのです。

逆の人もいるはずです。悩むだけで何もせず、安全安心な道を通って来ていたら、ほとんど成長していないでしょう。

だから、過去の自分を大切にし、過去から学んだ教訓を今に生かしていくことが重要です。

過去は変えられませんが、その経験をどう活かすかは、今のあなたが決めることです。過去の自分があるからこそ、今のあなたがいる。そのことを再認識し、今を生きる力に変えていきましょう。

過去は過去として切り離すことがとても大切

あなたは、過去をどのように捉えていますか?

過去は過去、これはとてもシンプルだけど、大切な考え方です。過去に起こったことは、もう変えることができません。

時には、過去の出来事に囚われて、今を生きることを忘れがちになることもあるかもしれませんね。

でも、大事なのは「過去は過去」として受け入れ、今を生きること。それがあなたの人生を前に進める鍵です。

過去の経験から学ぶことは大切ですが、それにとらわれすぎると、新しい可能性を見失ってしまうかもしれません。

だからこそ、過去を適切に位置づけ、今をしっかりと生きることが重要なんです。今を生きることで、過去の自分にありがとうと言える日が来るでしょう。

昔の記憶は美化される

人間の記憶は不思議なもので、時とともに美化されることがあります。

たとえば、過去の辛かった経験も、時間が経つと、そのときの苦しみよりも得た教訓や成長した自分に焦点が当たるようになることがあります。

これは、記憶が歪むことで、過去の出来事をより良いものとして思い出す現象です。

あなたも、過去を振り返るとき、すべてが美しい思い出として記憶されていることがあるかもしれませんね。

これは自然なことで、人間の心が過去の経験をポジティブに捉えるためのメカニズムです。

しかし、これを理解していると、過去の出来事を客観的に見ることができるようになります。

過去は美化されることを知ることで、今という現実をより明確に捉えることができるようになるのです。

苦しくて辛かったことでも、今から思えば良かった・・

過去を思い出すとき、そこから希望を見つけることができます。

苦しくて辛かったことでも、今から思えばよかったな~って思うことありますよね。

過去に苦しい経験や失敗をしたとしても、それがあなたを成長させたり、新しい道を開いたりしたはずです。

それを意識的にやってみましょう。

過去をポジティブに捉えることで、その経験が今のあなたを支え、未来への希望を育む力に変わります。

そのために便利なのが、リフレームです。

過去の経験を出来事と感情に分け、意味を書き換えて感情も書き換えるやり方です。

たとえば、苦しい辛かったことでも、今から思えば良かった出来事だと思うことで、意味が変わってきます。意味が変われば感情も変わります。

リストラされたのが辛かったとしたら、退職金までもらって辞めることができたと思い直すわけです。

そうすることで、過去をポジティブに捉え直すことができます。

関連:リフレームのやり方

過去の出来事をただの失敗や後悔として終わらせるのではなく、そこから学び取ることができれば、その経験は貴重な財産になるんです。

あなたが過去を振り返るとき、そこには必ず成長の糧が隠されていることを忘れないでください。過去の経験全てが、あなたの未来に光を与える希望となり得るのです。

過去に戻りたい・・・は過去への執着

過去に戻りたいと思うことは、過去への強い執着です。

これは、現在の自分や状況に満足していないとき、または過去の幸せな記憶に縛られているときによくある心理状態です。

過去に戻りたいと思うのは、それが安全で快適な場所と感じられるからかもしれません。

たとえば、「高校生のときに戻ったら、あの時の告白は絶対成功するはず」と思ってしまうようなことです。

過去を美化してるので、そう思ってしまいがちですが、たとえ戻ったとしてもそうそう上手くは行きません。

昔のドラマ『プロポーズ大作戦』のように、今を変えることでしか明るい未来を得られないんです。

過去にフラレてしまったのは、何らかの理由があるからです。それはあなたがタイプじゃなかったり、別に好きな人がいたり、色々な理由が考えられます。

それなのに、タイムリープすればうまくいくなんてことは、妄想の妄想に過ぎません。

過去は変えられないし、時間を戻すことはできないんです。

大切なのは、過去を見続け、過去に縛られるのではなく、過去から学び、現在を生きることです。

現在の自分を受け入れ、過去の経験を肯定的に捉えることができれば、心理的にも前向きな姿勢を取ることができるようになります。

過去への執着を手放し、現在を生きる勇気を持つことが、幸せな未来への第一歩です。

昔を振り返りすぎるのはやめた方がいい

繰り返しますが、過去を思い出すことは大切ですが、いつも過去ばかり振り返っていると、現在を生きることが難しくなります。

あなたがもし、過去のことばかり考えてしまって、今を大切にできていないと感じるなら、少し考え方を変えてみることをおすすめします。

過去は変えられませんが、現在はあなたの手で変えることができます。過去の思い出にとらわれ過ぎると、今この瞬間を大切にすることがおろそかになりがちです。

過去ばかり見ていると、新しいチャンスや可能性を見逃してしまうこともあるんです。

だから、過去にこだわるのではなく、今、この瞬間に集中しましょう。現実に目を向け、今できることに力を注ぐことで、より豊かな未来を築くことができます。過去は大切な財産ですが、それに囚われて現在を生きることを忘れないでください。

今、この時を大切に生きることが、未来への一歩となるのです。

どうあがいても最高だった昔に戻ることはできない

時には「もし過去に戻れたら」と思うこともあるかもしれませんが、過去に戻る方法はありません。

ネットを探すと、

  • はちみつをつかう
  • 明晰夢を利用する
  • 戻りたいと切に願う
  • 時間を戻す呪文を唱える

など、いろいろなスピリチュアルな方法が紹介されていますが、戻ることはできません。ドラマの中だけです。

空想科学的なことを言うと、もしも戻れたとしたら、平行宇宙が星の数ほどあって、あなたが今まで生きてきた人生の中の限られた瞬間に戻るのはかなりむずかしいんです。

しかも、今の時代に戻ってくるのは不可能です。アニメやドラマ、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のように、行った先の世界の人間関係が変わっているから、行く意味も無いんです。

なので、「過去に戻る」ということは不可能だと理解してください。

でも、それは悪いことではありません。過去に戻れないからこそ、今この瞬間が大切なんです。

過去は変えられないけれど、それを受け入れることで、あなたは今をより良く生きることができます。

過去の出来事にとらわれてしまうと、今この瞬間を大切にすることが難しくなります。過去を受け入れ、今に集中することが、未来を切り開くための大切なステップです。

今を生きることが、新しい未来への道を開く鍵なのです。過去を振り返りつつも、今を生き、前を向いて歩いていきましょう。

今、この時にできることに全力を注ぐことが、最も良い選択なのです。

あの頃に戻りたいと本気で思ったら?

「もし過去に戻れたら」と考えることは、誰にでもある感情です。特に、何かを後悔しているときや、辛い経験をしたときには、過去を変えたいと強く思うことがありますよね。

過去に戻りたいと感じたら、実際に戻ったとして果たし何ができるのか、ちょっと想像してみてください。

たとえば、高校生の時にフラレてしまってもう一度やり直したいと思ったとき。

戻って何ができますか?ダイエット?筋トレ?ファッション?

たとえそれらができたとしても、過去の高校生のあなたの頭の中にいるのは40代のおじさんです。

フラレてしまった相手を見て、どう思いますか?今の時代のほうがきっときれいで可愛い女の子はたくさんいるはずです。戻ってみた時に、おそらく「えっ?」と思うはずです。

同時に、相手も「なんか、おじさんくさい話し方するな・・」ってきっと思うはずです。しかも好きだともなんとも思ってないんです。

そんな状態で、もう一度告白をやり直してうまくいくと思いますか?

仕事でミスした時に戻りたいですか?

そして、どうしてその時に戻りたいのか、その理由を掘り下げてみるのも良いでしょう。それは、今のあなたに何かが足りないと感じているからかもしれません。

過去に戻りたいと思う気持ちを理解し、今のあなたが何を求めているのかを見つけて、今を充実させる努力をしましょう。

昔の記憶を引きずってはダメ

過去は、今のあなたを形成する大切な要素ですが、過去を引きずりすぎてはいけません。

過去に執着し続けることは、心の健康を害する原因になります。

過去に起きた出来事は変えられません。だからこそ、過去にとらわれるのではなく、今をどう生きるかに焦点を当てるべきです。

過去の経験は大切ですが、それに縛られることなく、今を生きる勇気を持つことが重要です。

今、この瞬間にできること、今を豊かにするためにできることに意識を向けましょう。

過去の経験を糧にして、より良い未来を築くためのステップとして活用することが、心の健康を保つためには必要です。

過去を手放し、今に集中することで、心はより軽く、前向きなものに変わるでしょう。

昔の記憶がどんなに眩しくても未来はもっと眩しいはず

「過去は輝かしかった」、そう思い返すこと、きっとあなたにもありますよね。

でも、ここで大切なのは、未来が過去以上に素晴らしい可能性を秘めているということです。

過去の成功や幸せな思い出にしがみつくのではなく、これからの人生でどれだけ素敵なことが起こりうるかを想像してみましょう。

というか、素敵なことが起きる幸せな未来を創造して、今を生きることが大切です。

多くの人は、未来というと今の続きでしか想像しません。

今はスキルがないから、今はお金がないから、今は子供がたくさんいるから、今は忙しいから、もう40歳だから、もう50歳だから・・・

その延長線でしか未来を見ていないので、幸せな未来は訪れることなく終わってしまう人が多いんです。

わたしから見ると、言い訳してるようにしか見えません。きっと、人生が終わるときにも、どうせ俺の人生なんて、って言いながら亡くなっていくんじゃないでしょうか?

そんな人生でいいんですか?

ここで1つ提案です。逆にしましょう。どうせ未来は決まっていないし、どうなるかわからないのですから、思いっきり楽しく、素敵な未来を創造してしまいましょう。

その未来に向かって何ができるかを考えていくほうが、今の状態をうだうだと悩みながら生活していくよりもよっぽど毎日が楽しくなるはずです。

叶わなくたっていいじゃないですか?

まいにち頑張って暮らして行って、そこまでやったんだったら、きっと納得して人生の幕を引けるはずです。

ぜひ、逆から未来を考えてみてください。

過去と未来の中間地点としての現在の役割

過去と未来、この二つの時点の間に位置する現在は、過去の経験を未来の成功につなげる重要な役割を果たしています。

過去は変えられませんし、未来はまだ起こっていないこと。

だからこそ、今この瞬間に集中することしかできないんじゃないでしょうか。

あの松下幸之助氏も過去・未来・現在について、こう語っています。

「どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである」

当たり前といえば当たり前ですよね。

でも、ほとんどの人がわかっていながら過去を変えようとしたり、未来を心配しています。

あなたもそうじゃないですか?

「明日、雨が降ったらどうしよう」と心配していたって、降るものは降るし、降らないものは降りません。今できることは、傘を用意することだけです。

過去の経験から学び、それを未来へのステップとして活用する。今、この時にできることに集中し、一歩一歩前に進むことで、望む未来へと近づいていくのです。

過去や未来に思いを馳せることも無駄ではないですが、最も重要なのは「今」にどう向き合い、行動するかです。今を大切に生きることで、未来は自然と明るいものになっていくでしょう。

コントロール可能なことと、不可能なこと

あなたがどんなに望んでも、過去と他人は変えられません。

過去の出来事や他人の行動について、悔やんだり、何度も考えたりすることは、あまり意味がありません。

なぜなら、それらはもう変えられないからです。

だからこそ、自分がコントロールできることに焦点を当てましょう。

精神科医 エリック・バーン氏や心理学者のアルフレッド・アドラー博士は、

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」

と語られています。

自分の考え方、感じ方、行動、これらはすべて自分の手の中にあります。過去を変えることはできなくても、今どう感じ、どう行動するかは自分で選べます。

今、この瞬間に集中し、自分のできること、変えられることに力を注ぐことが大切です。自分自身に目を向け、今を生きることで、より良い未来を築くことができるでしょう。

事実は変えられないけれど、意味は変えられる

過去に起こったことは変えられませんが、その意味は変えることができます。

過去の経験、特に辛かったり苦しかったりしたことでも、それをどのように捉えるかによって、その意味は大きく変わります。

たとえば、失敗したと思っていた経験も、それによって得た学びや成長を考えれば、貴重なステップだったと考えることができます。

過去の出来事をただの失敗や悲しい記憶として留めておくのではなく、それをどう生かすか、どう再解釈するかを考えることが重要です。

過去の経験は、今のあなたを形作る大切な要素です。

そういった経験を再評価し、自分の成長や未来の糧として活用することで、より充実した人生を送ることができるでしょう。

スポンサーリンク

過去があるから今がある:未来への展望

過去があるから今がある-3

あなたの過去は今のあなたを作り上げています。

それは紛れもない事実です。世界中の誰一人、このルールから逃れてる人はいません。

それはまるで、長い旅の途中でたくさんの経験をしてきたようなものです。

過去の出来事、たとえ小さなことでも、今のあなたを形作る大切なピースの一つなんです。

時には、過去を振り返って「もしもあの時違う選択をしていたら」と考えることもあるでしょう。でも、それはあなたが今を生きている証拠です。過去の経験から学び、今を生きる力に変えていくことができるのです。

そして、今を積み重ねていくことで、新しい未来が開かれていきます。過去に感謝し、今を大切にすることが、明るい未来への第一歩です。

過去の経験を未来への糧に変え、新たな道を切り開いていきましょう。あなたの未来は、あなたの選択と行動によって作られるのです。

  • 人生はゲームと同じ。経験だけがレベルをあげられる
  • 経験でレベルは上がる。誰もが、今が最高のレベル

人生はゲームとおなじ。経験だけがレベルを上げられる

これはRPGのゲームとおなじです。

ゲームの主人公のレベルはどうやって上がっていきますか?

あなたもRPGゲームをしたことがあればわかると思いますが、敵を倒したり、敵にやられたり、いろいろな経験を積んで武器や防具を選び、魔法を覚えてレベルアップしていきます。

たとえ強い敵にやられっぱなしだとしても、弱い敵を倒したり、攻略本を読んでなんとか敵を倒そうとすることで、レベルは上がっていきます。そこには、無駄なことは何一つ無いんです。

あなたも過去もおなじです。いろいろなことを経験してきたからこそ、実は、あなたのレベルは今の段階で人生最高になっています。

気づいていないかもしれませんが、1年前のあなたよりも今のあなたのほうが、知識もスキルも運もレベルアップしています。

これは誰にも当てはまります。

こう言うと、

「そんなことないよ。むしろレベル下がってるよ」

と反論する人も多いです。

でも、よく考えてみてください。少なくとも、この1年間で知識の量は増えたはずです。忘れた知識は、必要ないから忘れただけです。

体重も増えたり減ったり、髪の毛も増えたり減ったりしているはずです。よくよくみてみれば、あなたは気づかないうちに、1年前よりもだいぶ進化してるんです。

ということは、今できないことは1年前や10年前には当然できなかったんです。

逆に言えば、1年前や10年前にはできなかったことも、今ならできるということもあるわけです。

ちょっと目を閉じて考えてみてください。10年前にできなかったことや持っていなかったものが今ではふつうになってること、ありますよね。

もっとわかりやすくいうと、今できないこともこれからスキルや知識をアップすることで、1日後、1週間後にはデキるようになります。

なので、今があなた史上最高のあなたになってるんです。

これが、未来を輝かせるためのたった1つの考え方です。

今が最高、これからもっと最高になっていくこれを覚えておいてください。

経験でレベルは上がる。誰もが、今が最高のレベル

一番初めにお話しましたが、たとえあなたが気づいていなくても、経験はあなたを成長させています。

今のあなたは、過去の経験を積み重ねてきた結果、これまでで最高のレベルに達しています。

毎日の小さな経験や挑戦、さらには失敗からも、あなたは学び、成長しています。

大事なのは、自分が経験したことすべてに価値があると認め、それを自分自身の成長の糧にすることです。

過去を振り返るときは、どのように成長したかを確認する機会として捉えましょう。自己成長に重きを置くことで、自信を持ち、より充実した人生を送ることができるでしょう。

まとめ:過去があるから今がある。未来を切り開くためのたった1つの考え方

この記事のポイントをまとめます。

  1. 色々な意味で、あなたのレベルは今が最高!
  2. 過去の捉え方次第で現在が変わる
  3. 「今は過去」の真の意味を理解することが重要
  4. 過去の自分の行動や決断が今の自分を形成している
  5. 過去を過去として切り離し、前に進む視点を持つ
  6. 過去の記憶は美化されやすく、客観的に見ることが必要
  7. 過去からポジティブな影響を受け取る方法を学ぶ
  8. 過去への執着を心理的に分析し、現実を受け入れる
  9. 過去ばかり振り返ることは、現在の生活に集中することを妨げる
  10. 現実を受け入れ、過去に戻ることの不可能性を理解する
  11. 過去の感情的な対処法を学び、心の健康を保つ
  12. 過去は変えられないが、過去に対する意味付けは変えられる

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

すこしでも参考になったと思われましたら、ポチッといいねマークを押してもらえると嬉しいです。

ブログの始め方を基礎から知りたい方へ

ブログの始め方を基礎から知りたい方へ、無料メルマガ講座のご案内です。

>>こちらからすぐ無料登録する

40歳から60歳までの20年間が、人生の中で一番楽しくておもしろい時間です。それを知らずに過ごしてる人がたくさんいます。

当サイトはそんな損をしてる中高年の方に向けて、今日からの人生をおもしろ楽しく過ごすためのノウハウをまとめています。

でも、面白おかしく生きていくためには、なにはともあれお金が必要になってきます。

そのために、殆どの方が副業をしたいと考えています。でも、どうやっていいのかわからない・・・。

副業の第一歩は、ブログです。リスクゼロで始められて、うまく行けば6桁のお金が毎月手に入ります。

こう言うと「嘘くさいな~」と言われそうですが、多くの人が失敗してるのは基礎を知らないからです。何をすれば良いのか誰も教えてくれないからです。

基礎さえしっかりしていれば、あとは応用していくだけです。

そこで、誰にでもできて、何も知らない人にもわかりやすい無料のメルマガ講座~基礎編~を作りました。

7回の無料基礎講座の後には、不定期でブログに関する知識や毎日の暮らしを楽しむ豆知識などを紹介しています。

今すぐ無料で読めますので、こちらをクリックして登録してください。

\無料で誰でも読めます/
無料メルマガ講座

無料メルマガ講座

人生に迷っていたら

毎日がつらい、苦しい、大変、・・・など、どうしたらいいのかわからないってことはよくあります。

そんなときに、少しでもあなたのお役に立てればと思って、人生の生き方について、わたしの経験を元に色々と記事を書いています。

その中で、40代の方によく読まれている記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてお読みください。

この記事を書いた人
自己嫌悪をなくして平和に

はじめまして、りおです。

わたしの書いた記事を読んでいただいて、本当にありがとうございました。

わたしは、長野県出身の元公務員で、高校生の子供が二人いる母親です。

とし編集長からさそわれてライターをさせてもらってますが、記事がおそいといつもおこられてばっかりです。

他の記事もぜひお読みください。

40代からの生き方
スポンサーリンク



40's Exchange

コメント