人生に疲れた40代がやっている事!逆転するための質問と行動は?

こんにちは、転職を3回した後に起業した50代の米山慎吾です。

人生に疲れた40代は多いです。夜寝る前とか、ふとした時に疲れを感じてないですか?

わたしはそうでした。若いときにはそれほど感じませんでしたが、40歳を超えてくらいから明日も同じことをしなきゃいけないのかな~とふと感じて、ため息をついたことがありました。

それでも毎日同じことを繰り返していました。

実は、人は同じ質問をして、同じ行動をします。自分から変えよう!と思わない限り、嫌なことでも、良いことでも、同じことを繰り返すように人はプログラミングされています。その方がエネルギーを使わないで済むからです。

人生に疲れた40代の人たちは、ネットサーフィンしてサイトを見て答えを見つけて少しは改善したとしても、元の木阿弥で、ふたたび人生に疲れてしまう人が多いんです。

疲れを知らない40代になるには、あなたの心に向かって別な質問をしなくてはいけないんです。どういうことを言えばいいのか?その質問と行動についてお話しします。

スポンサーリンク

人生に疲れた人たちがやっている行動とは?

眠い

人生に疲れた人たちがやっている行動は、

  • 毎日同じ行動をしている
  • イヤだと思っても断らない
  • 興味がないことをやっている
  • 義務感でやっている

こういう人が多いです。ほとんど惰性でやっていますが、その方が楽だからです。

ココで質問です。大好きなことをやっていて、人生に疲れている人って見たことありますか?

ないですよね。

自分が好きでなかったり、むしろ嫌なことをやらされている人たちが、人生に疲れているわけです。もしくは、好きなことをやっていても、周りの目が気になってしまい、人生に疲れてしまうこともあります。たとえば、結婚しない事とか。

どういうことかと言うと、結婚したくはないと思っていても、周りの人の目が気になってしまい、結局は自分も結婚しない事が悪だと思って、そのギャップに苦しんで嫌になってしまう感じです。まあ、いずれにせよ、自分の心と行動が逆になっている時に、心が悲鳴を上げているわけです。では、そんなときに、多くの人が言うセリフはどういうものが多いのでしょうか?

人生に疲れた人が言うセリフとは?

会社の辞め方

人生に疲れた人が言うセリフは。

  • 人生、何が楽しいのだろうか?
  • このままの人生でいいのだろうか?
  • 本気で人生をいきていますか?
  • 人生に嫌気がさした
  • 疲れ果てました
  • 楽しいものがない

などですね。みなさん、まじめです。

まじめで、固すぎます。もうちょっとやわらかく考えたらどうでしょうか?

例えば、芸能人で言うと、狩野英考さん。あんなことがあった後ですが、「人生疲れたな~」なんて言うと思いますか?チョット落ち込んでいるとは思いますが、「今度はもっとうまくやろ!」って、きっと思ってるはずです。

そもそも、質問が悪いんです。人間って正直だから、現在の状況の延長で考えてしまうんです。

  • これから何か楽しい事が起きるだろうか? → 今まで何も起きなかったから、これからも起きそうにない
  • 人生、何が楽しいのだろうか? → 今まで何もなかったから、楽しくないはず
  • 本気で人生を生きられるか? → 本気で生きてこなかったから、これからも無理っぽい

あたりまえです。いいことがないから、何かいい事が起きないかなって考えるんです。あたりまえですが、答えは、NO!って考えるはずです。今までにハクバノ王子様、棚からぼた餅的なことが起きてこなかったからです。

すると、さらに、なぜいいことが起きないのだろうか?と過去を振り返って考えます。結果、すべて、悪い方へ考えてしまいます。その繰り返しです。まさに、負のスパイラルです。

逆に人生が楽しい人の質問は、

  • 明日も楽しいことがおきるかな? → 今日楽しいことがあったから、きっと起きる
  • もっといい事が起きるかな? → 今日いい事が起きたから、きっと起きる
  • 明日誰と出会えるだろうか → 今までも良い人と出会ったから、きっと出会えるに違いない

と言う感じになりますよね。正のスパイラルです。右肩上がりですね。

ということで、二つの原因が分かったと思います。

行動と質問

この二つによって、精神的にダメージを負っているわけです。好きでないことをやらされている行動と、間違った質問です。この二つをどうにかしない事には、うまく立ち直れないのではないでしょうか?

では、どのように変えればいいのでしょうか?ただ、その前に、体調管理をしっかりしておくことがたいせつになります。やはり、体がつかれていると、心も疲れてると感じてしまうんです。

病気になった時、けがをしたとき、体調が悪い時・・・弱気になりませんか?もしかしたらこのまま・・・なんて、普段では考えないようなマイナスのことも、心に浮かんでくるはずです。

なので、まずは体を元気にすることが大前提になります。そのための秘訣は、食生活と有酸素運動です。詳しくはこちらを参考にしてみてください。

[clink url=”https://40exchange.com/jinsei-512″]

スポンサーリンク
年収

行動を変えるには質問を変える?

やめた!

行動を変える

体の疲れがとれたら、行動を変えましょう。自分の好きなことをせずに、嫌いな事をやっているわけですから、その嫌いなことをやめればいいだけです。

あなたが何をしているか、何になやんでいるかはわかりませんが、はっきりしていることがあります。あなたが今やっていることは、あなた自身好きではないということです。

そうじゃありませんか?

生きていることが嫌だと言っている人も、良く考えてみてください。生きているということは、空気を吸って、水を飲んで、ご飯を食べているということです。空気を吸うことが嫌なわけではないですよね。食べることが嫌だから・・・ということではないはずです。あることを考えると、食べるのが嫌になるとか、あの人の事を考えるとすべていやになる・・・ってかんじですよね。

その「あること」「あるひと」があなたにとってイヤなものです。それがなければ、気持ちは楽になるはずです。

ですから、いやなことが仕事だったら辞めればイイですし、人間関係なら、縁を絶てばいいんです。きっとさっぱりすると思いますから、嫌なことはすべてやめて、新たな人生を築きましょう。

・・・・

とはいっても・・・やはりできませんよね。お金も必要だし、全てを断捨離のように捨ててしまうのはかなり難しいです。

まずは過去を変える

まずは、過去を変えましょう。

あなたはいま、過去を公開しているはずです。あのとき、ああしなければよかった、別な道に行けばよかった、あれがなければ、あの人がいなければ・・・なんて感じてるんじゃないでしょうか。

でも、あなた自身はそんな状況の中で一生懸命頑張ってきましたはずです。

つらいことを耐えてきたり、嫌な思いを我慢してがんばってきたあなたがいるから、周りの人は今幸せなんだし、決して、それは間違いではなかったんです。

それを思いかえしてください。頑張ってきた自分をほめてあげてください。そして、認めてあげるんです。決して間違いではなかったとあなた自身を納得させてください。

そのうえで、こう考えてみましょう。

「いままで頑張ってきたから、そろそろ、自分のために生きていこう」

もう、つらい思いをするのは卒業してもいいんじゃないでしょうか。あなたはあなたの人生の主役ですし、誰にも縛られずに生きていくことができるはずです。

今までは他人のことを考えることが多かったはずです。でも、今、あなた自身の人生を考え始めるタイミングがやってきたんです。そのためには、ある質問がとても大切になります。

人生を逆転させる質問をする

その質問とは、

本当はなにをしたいのか?

です。これがあなたの人生を逆転するための質問です。

今までそんなことは考えたこともなかったはずですので、すぐには答えは出てこないはずです。でも、考え続けると、答えは必ず出てきます。この質問を紙に書いて、いつも見えるところに貼っておきましょう。

1年後、5年後、10年後、何をしていたいのか、どうなっていたいのかを考え続けることです。過去は関係ないです。今までの人生を卒業して、新しい人生を歩き始めるには、過去も道具もお金も、何も必要ないです。

本当は何をしたいのか?を考えることで、それが手に入ります。

本当は何をしたいのかわかったら?

本当にしたい事が判ったら、ちょっとずつそのやりたいことを始めていけばどうでしょうか。

それと同時に、今やってるいやなことは、食べていくためにやっているとか、仕方がないのでやってると、考えることです。その嫌なことをやってる時に、意識だけ一歩ひいて、他人目線で自分を見るんです。第三者の目線で、いやなことをやっている自分を見るんです。つまり、好きなことをやっているのが本当の自分。嫌なことをやっているのが、仮の自分みたいな感じ。

そして、できれば、いやなことを少しずつ減らしていけばとても素晴らしいんです。

例えば、やりたいことが小説家、イヤでやってることが普段の仕事。

家で夜遅く、小説家になる勉強をしているのが本当の自分。昼間仕事しているのが、仮の自分で、あくまでも一歩ひいて他人目線で俯瞰(ふかん)で見る感じです。そして、ゆくゆくは小説家とか、エッセイスト、コラムニストの仕事を増やしていく方向ですね。

今は、1対9の割合で、いやなことが多いかもしれません。いきなり10対0にするのは難しいですから、少しずつ変えていけばいいだけじゃないでしょうか。2対8、3対7・・・のような感じで。人生はながいんですから、ちょっとずつ、ちょっとずつ増やしていけばいいんです。

今から思い続けてほしい一番大事なこと

ここで一番大事なことは、繰り返しになりますが、

あなたには無限の可能性がある

と言うことです。過去のあなたと、現在のあなたには何の関係もありません。

今この瞬間、「私は小説家です」と言ったら、小説家ですよ。当たり前ですが。芥川小説家の羽田さんも、自分で小説家だと言ったから、小説家なんです。芥川賞を取ったから、小説家になったわけではないんです。しかも、その前に何の仕事をしていたかなんて、全く関係はありません。常に、変わることができるんです。

その事をしっかり覚えて、ちょっとずつ行動を変えるようにしていきましょう。

「人生に疲れた・・・」なんて言ってるヒマ、ありません。見方を変えれば楽しいことにあふれています。

ちなみに、どうしても今の会社を・・・となったら転職するしか仕方がないです。そんなときには、転職エージェントを利用するのが便利です。起業するなら別ですが、登録から入社まで一切無料で転職の支援をしてくれますのでとてもお得です。わたしのおすすめは、マイナビエージェントです。

ただし、あなたが真剣に転職を考えてなければ登録しないでください。転職支援実績、取り扱い求人数がともに日本最大級といわれていますので、登録すればあなたの望んでる結果を得られると思います。コチラからどういう会社か覗いてみてください。

≫マイナビエージェント公式サイト

年収

できたら、直接面談して悩みとか転職の希望を伝えると結果がはやくでやすいです。もちろん、無料で相談に乗ってくれますし、まだ勤めていて転職したいと言えばいろいろと教えてくれます。

ちなみに、なぜ無料なのかというと、あなたが次に就職した会社からバックがあるからです。その分、あなたにピッタリ合った会社を探してくれます。というのも、紹介したけれどもすぐやめてしまったりしたらマイナスポイントになるから、一生けんめい探してくれるからです。

人生を変える質問のまとめ

円満退社

ここまで人生を変える質問についてお話ししてきましたが、お分かりになっていただけたでしょうか?

本当はどうだったらいいんだろうか?

これを、自分に聞いてみてください。「人生、何が楽しいのだろうか?」などと聞くのではなくて、どうやったら、楽しいんだろうか?って考える事です。

ちょっと、今、考えてみてください。

ここでこの記事を読むことをやめて、次の3つの質問を考えてみましょう。あなたはすべてのことをできると仮定して、アイデアが浮かんで来たらなにか白い紙にかけば大丈夫です。では、やってみましょう!

  • 何があったら、たのしいですか?
  • どうだったら、楽しいですか?
  • どのような人生だったら楽しいですか?

・・・・

出来ましたでしょうか?そして、いまかんがえたことを、A4位の紙に、大きく書いておきましょう。「私は、〇〇すれば楽しい!」って。そして、壁に貼っておくことです。いつも見る壁に。これだけで、ちょっとずつ変わってくるはずです。

難しいことはないはずです。考えるだけですし、紙とマジックとテープがあればイイだけです。すべてただみたいなものですから、すぐやってみましょう。

毎日見ていると、ばかばかしくなってくるはずです。楽しくなる方法がわかってるのに、せっかく生きていてなぜそれをしようとしないのか?ってだんだん思いはじめるはずです。歩いている先に100万円が落ちていたら拾いますよね。それと同じです。

まずは、その100万円が、あなたにとっては何かを考える事が大事ですね。

スポンサーリンク
年収

40代はとても大切な時期です。第2の人生とも言えます。

ワクワクドキドキする40代を過ごすために、このサイトでは、新しいスタートを切るための誰でもできるノウハウをお伝えしています。あなたの毎日が、今以上の笑顔で満ちあふれることを祈っています。

他の記事もすべて無料で読めます。多くの方からコメントも寄せられています。あなたの人生に少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。

人生に迷っていたら

毎日がつらい、苦しい、大変、・・・など、どうしたらいいのかわからないってことはよくあります。

そんなときに、少しでもあなたのお役に立てればと思って、人生の生き方について、よく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてください。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク