つらい仕事を楽しくする方法。理由を探してリフレームとモデリングでやっつけろ!

つらい仕事を乗り切る方法40代からの仕事

こんにちは、3回転職して4回目に起業したとしです。

あなたは朝起きると毎日、

  • 仕事がつらい
  • 会社に行きたくない
  • ただただ、つらい

って、思ってるはずです。そして、なんとか今だけを耐えていれば、きっと楽しいことが起きて状況が変わるんじゃないか・・・そう思っていませんか。

会社に努めてる人の9割の人がそう思っていますし、わたしもそうでした。

でも、それは無理です。

あなたが何もしなければ、今と同じような状況がずっと続きます。

いまやるべきことはあなたが変わることです。そのやり方は2通りしかありません。リフレームとモデリングを仕えば、あなたは今の状況から抜け出して幸せな未来をつかむことができます。

スポンサーリンク

まずやるべきことは現状の認識

まずは準備が必要です。

あなたが今いる暗いトンネルから抜け出そうとして何かをやっても、うまくいくかもしれませんし、ダメかもしれません。

たとえれば、東京ディズニーランドに行こうと思って、いきなり歩き出しても、近所に住んでない限り無理だと言うことと同じです。

東京ディズニーランドに行くには、まずはチケットを予約して、交通手段を確保して、もっていく荷物を用意して・・・などの準備が必要なんです。

そして、その準備を始める前には、何が足りないかをしっかりと見極めることが必要なはずです。

東京ディズニーランドに行く場合には、無意識に何が足りないのかを考えてるはずです。チケットがないとか、どうやって行こうとか、寒いから着る物をもっていこうとか、暑いから着替えをどうしようとかです。

つまり、A地点からB地点に行こうとしたときに、何が必要なのかを確認することがいちばんはじめにやることです。

今のあなたにとって、A地点は「仕事がつらい毎日」です。B地点は「楽しくて幸せな毎日」です。

A地点からB地点に行くために必要なものが、「現状の認識」になります。

現状の認識とは?

現状の認識とは、カンタンに言えば、何がつらいのかをあなた自身に問いかけることです。

つらい仕事といってもいろいろあるはずですし、人によって全然違ってきます。いろいろなサイトで見てみると、

  • 看護師
  • 医者
  • 営業
  • テレビ局AD
  • 飲食店店長
  • システムエンジニア
  • 長距離運転手

などがつらいと書かれてることが多かったです。

ですが、同じ看護師をされてるかたでも、つらいと感じてるひともいれば楽しくて幸せだと感じてるひともいるはずです。ひとによってなにがつらいのか、何が幸せだと感じるのかはまったくちがってきます。

ですから、あなたにとって、今の仕事や生活の中で「なぜつらいのか?」をはっきりさせることが大切です。つらいことがたくさんあるはずですから、それがなぜなのかをはっきりさせましょう。

それが現状の認識という意味です。

現状の認識をする方法

現状の認識をするには、紙とペンを用意して、

  • いやなこと
  • つらいこと

などをすべて書きだすことです。どんな細かいことでも良いです。雨が降ったら嫌になるとかでも良いです。とにかく、頭の中が空っぽになるまで、いやなことやつらいことを書きだしましょう。

すべて書きだせたら、ひとつずつくわしくみていきます。

その時の質問は、

「なぜ、これがいやなのか?つらいのか?」

です。

たとえば、上に書いた看護師の例では、

  • 睡眠時間が取れないからつらい
  • 患者がわがままで言うことを聞いてくれない
  • 単純に体がつらい

などが、つらかったり嫌だと思う理由にあげられます。

そのうえで、あなたが書きだしたいやなことがすべてなくなったら?と想像してみてください。

  • 睡眠時間が取れたら
  • 患者が言うことを聞いてくれたら
  • 体がつらくなかったら

心の中のおもりが取れる感じがしませんか?

今の仕事についたのは、もともと好きだったりやってみたかったからだったはずです。

それが、上の理由でつらく感じてるだけなんじゃないでしょうか。

現状を認識することで、あなたが幸せだと感じるゴールに行くには、何を取り除かないといけないのかをはっきりさせることができました。

それでも、とにかくつらい、やりたくないと思われたら、転職するしかありません。

スポンサーリンク

幸せのゴールに行くためにつらい理由を取り除く方法

「つらいな~」「いやだな~」と思う理由を取り除く方法は2つあります。

  • リフレーム
  • モデリング

どちらも心理学的な言葉ですが、簡単に説明します。

リフレーム(reframe)

リフレームは「リ(re)」と「フレーム(frame)」にわかれます。

「リ」は「再び、繰り返し、反対」、「frame」は「額縁、枠、骨格」です。

「reframe」の意味は、物事を額縁や窓枠を変えて新たに見るということです。

あなたは、世の中に起きてる現象をすべて、あなたの考えを通して意味づけして見ています。そして、それは誰もが同じように思いながら見ていると勘違いしています。

ある一つの出来事にたいして、いろいろな視点から考えてみることです。

メガネのフレームだと思って貰えればわかりやすいです。

式であらわすと「現象+あなたのメガネ=感情」となります。

たとえば、「雨」と言う現象があったとします。

あなたのメガネは今までの経験です。今までに雨が降ったときに嫌なことがあったり、気分が優れなかったことがあったとします。

その2つを足すと、あなたは雨を見ると嫌な気持ちになるということです。

でも、他の人のメガネを見てみるとどうでしょうか?

砂漠に住んでる人のメガネなら、雨は天の恵みなのでとても嬉しい感情を持ってるはずです。

毎日スコールで体を洗ってる人のメガネは、雨が降ってきたら体が洗えるので気持ちい感情を持つはずです。

どちらも同じ現象です。人によって降り方が違ったり、見え方が違うということはないです。

これを利用すれば、今の仕事に対する感情も変わってきます。

現象は今の仕事です。

あなたがどう思っても、だれに文句を言っても、仕事をしてもしなくても、今の仕事は変わりません。

あなたがやめれば、代わりに誰かがやってくるでしょうし、あなたがサボっていたら誰かが「仕事が遅い」と怒られるはずです。

つまり、あなたがどう思おうとしても、仕事は変わらないわけです。

「つらい」と思ってるのが、あなたのメガネです。

どうせやらないと行けない仕事なら、その「つらい」と思うメガネを取ってみたらどうでしょうか。

あなたのまわりの同僚たちの中や、世の中に同じような仕事をしてる人の中には、「つらい」と思う眼鏡じゃなくて「たのしい」と思う眼鏡をしている人がきっといるはずです。

では、どうやればその眼鏡を変えられるのか?を説明します。

それは、視点の移動です。

視点を空間的に移動させること時間的に移動させることです。

視点を空間的に移動させるとは、あなたが働いてるところを俯瞰(ふかん)してみることです。

  • 真上からの視点
  • 上司からの視点
  • あなたの子供からの視点
  • あなたの親からの視点
  • お客様からの視点

などです。

真上からの視点とは、あなたが幽体離脱したと考える方法です。

幽体離脱したあなたは、実際のあなたの上方3mくらいのところから仕事をしてるあなたを見下ろしてると想像します。

仕事をしてるあなたを見たときに、あなたはどう思いますか?目を閉じて想像してみてください。

  • 意外に頑張ってるな
  • 文句ばかり言ってる
  • まわりに迷惑をかけている
  • やる気なさそう
  • もっとテキパキ働けよ

いろいろなことが浮かんでくるはずです。

上司からの視点とは、あなたが上司になったとして、働いてるあなたを見たときの感情です。

やる気なさそうに働いていたら、多くの上司は「ボーナスカットだな」と思うはずです。

いろいろな視点から見ることで、

  • つらいと思っていたのは自分だけ?
  • もっと頑張らないといけない
  • 楽しいと考えればいいんじゃない?

などと思ってくるはずです。

「つらい」と思っていた仕事に対していろいろな見方があることをわかるはずです。

そうなれば、どうすれば楽しくなるかを考えればいいんじゃないか?と気づくはずです。

時間的なリフレームとは、

  • 今から1年後のあなた
  • 今から10年後のあなた
  • 今から50年後のあなた

と言ったフレームで現在を見ることです。

「つらい」と思ってる今の状態のまま1年を過ごしたらどうなるでしょうか。

きっと、おなじように「つらい」と思ってるはずです。その1年って、かなりもったいなくないですか。

逆に、「楽しい」と思って1年過ごしたらどうなってると思います?おそらく、ステージが上がって昇進したり給料が上がってるはずです。

10年後はどうでしょう。更に50年後は?

「つらい」というフレームを「楽しい」と言うフレームに変えたり、「どうやったら出世できるのか」というフレームに変えることで、未来は激変します。

まずは、その事に気づいてください。

そのうえで、楽しくおもわせる方法を考えていけばいいんです。

  • ゲームだと思う
  • その仕事のプロだと思う
  • あなたしかできないと思う
  • ドラマの主人公だと思う
  • 日本一だと思う

などです。これもリフレームを応用したものです。

例えばゲームというフレームで今の仕事見ると、

  • どれだけ早くできるか
  • どれだけうまくできるか
  • 次のステージに行くには

など、ゲーム的な視点で今の仕事を見直すことができて、楽しくなるはずです。

モデリング(modeling)

もう一つはモデリングです。

モデリングとは、もしもあの人だったらどうするのか?って考えることです。

  • イチロー選手だったら
  • 孫社長だったら
  • 織田信長だったら

どうやって今やってる仕事をするのだろうかと想像してみてください。

ネットで調べたり、本を読んだりして、もしもその人だったらあなたが今やってる仕事をどうこなしていくのかを想像しましょう。

それだけで、少し視点が変わって楽しくなってくるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

つらい仕事を乗り越えるにはやるかやらないか

つらい仕事を乗り越えるための方法を説明してきましたが、基本的には、そのつらい仕事をやるかやらないかの2通りの答えしかないということです。

その仕事をやることに耐えきれなかったらやめれば良いですし、なんとかやれそうだったら続ければイイだけです。

ただ、すぐにやめるのはやめましょう。やめた後のことやその後の人生などをしっかり考えてからでないと、あなたの人生がマイナスに向かってしまいます。

⇒ 転職する前に考えること

まずは、なぜ今の仕事がつらいのか、その理由を書き出すことです。

その上で、どうやったら今の仕事の「つらい」思いを「楽しい」に変えられるのかを考えてみましょう。

そのための方法は、

  • リフレーム
  • モデリング

などがあります。

「つらい」という一つの方向からだけ見るのをやめて、空間的時間的いろいろな方向から、今の仕事を見てみましょう。

その上で、どうやったら楽しく思えるのか、フレームを探したり、モデリングをしてみることです。

たとえば、人間関係で悩んでいるときに、なんであの人はあんなことを平気で言えるのだろうか?と思って顔をよく観察して、何を考えてるのかを想像してみるなどです。

「家庭でいじめられてる八つ当たり」とか「愛人に振られた腹いせ」で、あなたに文句ばかり言ってると想像してみると、思わず笑っちゃいますよね。

そんなくだらない人間に文句をいわれて、いちいち嫌になってるあなた自身も小さいと思うはずです。

とにかく、あなたにとっていちばん嫌なことをなくす方向に考えていくことで、すこしずつつらい気持ちが少しになっていくはずです。

凝り固まった頭をほぐして、色々なフレームの眼鏡をかけて、今の仕事を見直してみましょう。

40代におすすめの転職エージェントランキング

向いてる仕事がわからない40代?

やりたい仕事が見つからない

人生でやりたいことが見つからない

スポンサーリンク

ブログの始め方を基礎から知りたい方へ

ブログの始め方を基礎から知りたい方へ、無料メルマガ講座のご案内です。

>>こちらからすぐ無料登録する

40歳から60歳までの20年間が、人生の中で一番楽しくておもしろい時間です。それを知らずに過ごしてる人がたくさんいます。

このブログはそんな損をしてる中高年の方に向けて、今日からの人生をおもしろ楽しく過ごすためのノウハウをまとめています。

でも、面白おかしく生きていくためには、なにはともあれお金が必要になってきます。

そのために、殆どの方が副業をしたいと考えています。でも、どうやっていいのかわからない・・・。

副業の第一歩は、ブログです。リスクゼロで始められて、うまく行けば6桁のお金が毎月手に入ります。

こう言うと「嘘くさいな~」と言われそうですが、多くの人が失敗してるのは基礎を知らないからです。何をすれば良いのか誰も教えてくれないからです。

基礎さえしっかりしていれば、あとは応用していくだけです。

そこで、誰にでもできて、何も知らない人にもわかりやすく説明する無料のメルマガ講座~基礎編~を作りました。

7回の無料基礎講座の後には、不定期でブログに関する知識や毎日の暮らしを楽しむ豆知識などを紹介しています。

今すぐ無料で読めますので、こちらをクリックして登録してください。

メルマガ無料登録 >>

無料メルマガ講座

40代からの仕事や会社について

会社をやめたい、仕事がつらい、転職したい・・・会社や仕事で悩んでる40代の方は本当に多いです。

そんなときに、少しでもあなたのお役に立てればと思って、40代からの仕事や会社について、わたしの経験を元に記事を書いています。

40代の方によく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてお読みください。

コメント