転職のやり方

会社を辞めるかどうか迷ったときにまず考えること。過去や現在を考えても答えは出ません。

こんにちは、3回転職して4回目に起業した米山です。

あなたは今、

  • 会社を辞めようかな?
  • 会社に行きたくない
  • 別な会社で働こうかな?

なんて思ってますよね。そして、いつ「会社を辞めます」って言おうか迷っていませんか?

わたしも、何回も心の中で悩んだことがありますので、あなたの気持ちはよくわかります。

  • 人間関係がよくない
  • 仕事が面白くない
  • 上司のパワハラ、セクハラ

など、いろいろな理由で、1回は「辞めようかな?」って多くのひとは悩んでいるからだいじょうぶです。あなただけではないです。

ただ、すぐに「会社、辞めたいです」と上司に言うのはあまり良くないです。わたしは、すぐに上司にそう言ってしまって、かなり損をしてしまいました。

多くの人は、過去にあったことや現在の状況を考えて、「会社、辞めようかな」「辞めたい」って思ってしまい、結果、なんともならずに「辞めます」と言ってしまいがちです。

どんなとき、まず考えなければいけないことがひとつだけあります。それはあなたの未来です。過去や現在を考えてるので負のスパイラルに落ちてしまうんです。未来について考えることで幸せな人生を手に入れることができます。

どのように未来について考えていけばいいのか、考える方法をシェアさせてもらいます。

#NAME?

会社を辞めたいと思う理由

会社を辞める

上でも紹介しまいしたが、会社をやめたい!っておもうには、いろいろな理由があります。

転職サイトの大手「マイナビ」さんのサイトには、こんな数字が載っていました。

「仕事を辞めたい!」と思った理由ランキング

1位:給与や福利厚生が良くない
2位:職場の人間関係が良くない
3位:休日や残業時間などの待遇が良くない
4位:仕事内容にやりがいを感じない
5位:会社に安定性、将来性がない
6位:仕事を正当に評価してもらえない
7位:経営理念や社風が合わない
7位:職場環境が悪い
9位:希望の勤務地でない

調査方法/全国の20~35歳の会社員(正社員)を対象にインターネット調査
実施期間/2015年7月31日~8月2日、回答数370名

(引用:マイナビ

マイナビさんはこの結果に対して、

「この調査では1~4位が全体の約8割に達し、待遇、人間関係、仕事内容が実際の退職理由の大半を占めている」

と分析されています。

つまり、待遇、人間関係、仕事内容が、入社する前に考えていたこととかけ離れてるので、会社を辞めようと思ったということです。

カンタンにすると、

  1. やりたい仕事、入りたい会社を考える
  2. 候補を選ぶ
  3. 情報を集めて1位を決める
  4. 入社して仕事を始める
  5. 思っていたことと違うと気付く
  6. 辞める

という流れです。ほとんどの人は、やめる、やめないに関係なくこの流れで会社に入られるはずです。

そして、やめた後も同じ流れで考えて他の会社に転職して、同じような状況になる方がとても多いです。

では、どこに問題があったのでしょうか?

どこに問題があった?

上の流れの考え方は一見するととても正しくて間違いがないような気がします。ただ、おなじことをくりかえしている方が多い、会社を辞める人がどんどん増えてるということは、どこかが間違ってるはずなんです。

こういうことを言うと、「たまたまなんじゃない?」「偶然だよ」「いい会社に当たらなかっただけ」なんて言う方がとても多いです。

でも、よく考えてみてください。そんなギャンブル的なことで会社を選んでもいいのでしょうか?よく言われることに、人生の半分以上は会社での生活です。そんな大切なことに、あまり考えずにギャンブル的な選択をしてしまったら、とてももったいないです。

問題があるのは、一番初めの「やりたい仕事、入りたい会社を考える」という部分です。多くの方は仕事や会社を考るときに、過去や現在を前提に考えてしまうので、間違った答えを出しがちなんです。

正しく考えるために大切なことは?

正しく考える方法

過去や現在を前提に考えるのではなくて、未来を前提にあなたの人生を考えることが非常に大切です。

先ほど言ったとおりに人生の半分は会社にいるので、会社ほぼイコール人生と考えてもいいと思います。そのうえで、待遇、人間関係、仕事内容をこまかく考えるのではなくて、もっと上のレベルで考えることが大切だと私は断言します。

だって、給料は上を見ればきりがないですし、どんな会社にもいい人もいれば悪い人もいるし、あなたとは考えが合わない人はよのなかにたくさんいるはずです。会社が変わっただけで、根っこにある問題が解決するわけないです。

繰り返しますが、どんな会社にもプラスとマイナスがあります。あなた自身で会社を経営しない限り、納得できる職場環境はないです。たとえ社長になったとしても、やりたくない仕事をしないといけないときもあります。

なので、新しい会社に移っても、細かいことは解決できるかもしれませんが、あらたな問題は起きるはずです。このままいけば、そのくりかえしがまっています。

そうならないために、一度立ち止まって、未来を前提にあなたの人生をかんがえておくべきです。

未来を前提に人生をかんがえる質問

未来

では、具体的にどうすればあなたの未来を前提にあなたの人生をかんがえることができるのでしょうか?

「人生をかんがえる」っていうと、難しく思われますが、実はとてもかんたんです。何かを考えるときには、かならず心の中で質問します。その質問を変えればいいだけです。

その質問とは、

「本当は、どうだったらいいんだろうか?」

です。10年後、20年後、30年後のあなたはどうなっていたいのかを想像してみることです。カンタンに言えば、すごろくのゴールや人生ゲームでの上がり方をかんがえるということです。

今までの質問は、

  • どうすればいい給料をもらえる?
  • どの会社に入れば安定?
  • 苦労せずに生活するには?
  • たくさん休みがあった方がいいな
  • この会社の社風は?

って感じだったと思います。かなり表面的なことをまず考えてきたはずです。もしくは、ただ漠然と未来のことや家族のことを考えていたかもしれません。好きなことさえできればイイや・・っておもっていたかもしれません。

その質問が間違っていたんです。

でも、仕方ないです。学校でも親からも、そんなことは言われないですし、少し前は大手の会社に入った方がいいとか、公務員になった方がいいとよくいわれていました。あまりそういうことをかんがえること自体ないですよね。

だれも、そんなに先のことをかんがえろとは真剣に言ってくれなかったはずです。

でも、あなたの人生はあなたのものです。あなただけがどういう人生を過ごしたいのか考えられます。だれもあなたのかわりに考えてくれません。言ってくれなかったから考えなくてもいいわけじゃないです。言ってくれなかったのが悪いじゃんと言っても仕方ないです。

それどころか、周りにいる多くの方もそんなことは気にせずに毎日生きてます。

それは非常に怖いことです。中世ヨーロッパで、地図がないまま外海に乗り出していった冒険者のようなものです。

もちろん、流れのまま、何も考えずに生きていくほうが簡単でいいやと思われるかもしれません。が、断言しますが、今のあなたはちがうはずです。

理由は「会社を辞めたい」と思ってるからです。

少しでも良くなりたい、今の状況から逃げたい、こんなはずじゃなかったとうすうす気づき始めたんです。「何も考えない方がいいや」と思ってる人はそんなことに悩みません。どん底の生活になってからでは取り返しがつかないと気付いたので、怖いんです。このままでいくとどうなるかわからないので、あなたの心が「ストップ!」と叫んでるんです。

未来を考えない理由はすぐに結果が出ないから

未来

人生は、営業成績やゲームのように今日やったことが今日のうちに結果が出ません。5年前、10年前に決断した結果が、やっと現在にあらわれます。すぐに結果が出ないから「そんな先のことはわからない」「今が楽しければ」とおもってしまい、今のことだけを考えがちです。

例えば、おいしいものだけ食べて毎日ゲームして運動も何もしなければ、どうなると思いますか?その一瞬、一瞬はとても楽しいかもしれませんが、10年後には確実に人間を廃業してます。

人生が人生ゲームと違う所はその部分です。やり直しがききません。間違ったら転職すればいいじゃん・・と考えてるうちに60歳、70歳になって、最後は病院のベッドに寝ながら「こんはなずでは・・」とつぶやいているのが関の山です。

それでいいんですか?一度未来を想像しながらあなた自身にといかけてみてください。

過去の延長が現在、現在の延長が未来です。絶対に白馬に載った王子様は現れないし、韓国ドラマのように実は御曹司だったなんてことはあり得ません。現在の延長が未来になるだけです。

なので、ちゃんとした人生の目標やゴールをもって毎日を暮していかないと、絶対に幸せになることはできません。あなたにも、「あー。すべてやりつくした。面白い人生だった」と言って、病院のベッドの上で最後の日をすごしてもらいたいです。

そのために、一度立ち止まって人生をかんがえてもらいたいんです。そのために、「会社を辞めたい!」って思ったのは、じつはとってもいいチャンスなんです。

ぜひ、1日とか1週間かけて、

「本当は、どうだったらいいんだろうか?」

と考えてみることをお勧めします。

#NAME?

具体的に考える方法

では、具体的にはどうすればいいのでしょうか?単純に考えると、

「本当は、どうだったらいいんだろうか?」

と、10年後、20年後、30年後・・・を考えていけばいいのですが、そのためのアイデアとして3つの方法があります。

  • エニアグラム
  • 101個の目標
  • 人生の棚卸

ひとつずつみていきます。

エニアグラム

エニアグラムとは、個人の特性を9つのタイプに分ける診断方法です。

自分でもわからなかった本来の性格や思考、行動パターンを知ることができるツールです。 今まで以上に自分のことを知ることができ、自分の魅力を発揮して生きることができるようになります。

こちらで、質問をこたえるだけで診断できますので、確かめてみましょう。

エニアグラム

この質問を答えるだけで、あなた自身が何となく感じていた幸せにな状況を具体的にわかります。例えば、

  • 皆のリーダーになる
  • 縁の下の力持ち
  • トップのフィクサー

など、仕事や人生の中で、どのような立ち位置にいることが一番居心地がいいのかを教えてくれます。居心地がいいことは幸せに近づくことですので、それを参考にしながら人生を見つめなおすことができます。

例えば、「皆のリーダーになることに快感を覚える」と出たら、きっと今までのあなたの人生の中で、まわりのを引っ張っていくことに気持ちよさを感じたことが何度かあったはずです。それをもとに人生を考えると、おなじような傾向の仕事、人生を創造していけば、きっと気持ちよさがどんどん増えていくと考えられます。

もっと簡単に言えば、あなたに向いてるものを見せてくれるテストです。

101個の目標

映画「最高の人生の見つけ方」で紹介された棺桶リストを元にした方法です。

  1. 紙と書くものを用意します
  2. やりたいことを101個書きます
  3. 101個の中で一番やりたいことに赤丸をします
  4. 机の前などの見える場所に貼っておきます

やりかたはこれだけですので、とてもかんたんですよね。

ただし、二つ条件があります。お金も時間も制約かけないでかんがえることと、世界中のだれかがすでにやったことがあること、というものです。

つまり、どれだけお金がかかっても、どれだけ時間がかかってもいいのでやってみたいことを書き出すということです。

例えば、世界一周旅行をするとか、宇宙に行ってみるとかですね。逆に、「タイムマシーンに乗る」なんてのは誰もやってないので書けません。

始めはカンタンそうに見えますが、50個すぎると苦しくなってきます。最後の方はかなりこじつけが多くなってきますが、それでも101個のやりたいことを書いてみましょう。

最期に、なにはなくてもこの1個だけは達成したいことに赤丸をつけます。他の99個はダメでもこれだけはやらなくちゃいけないというものです。そして、書きっぱなしでなくて、見える所に貼っておきましょう。

これは多くの方が実践してる方法で、私の場合は毎年のお正月に更新しています。できたことは消してあたらしくやりたいことを付け加えてます。これをやることで、脳のエンジンが働きだします。書かれたものに向かって、どうすればいいのかを無意識に考えはじめるということです。

人生の棚卸

人生の棚卸と言うのは、あなたが今まで生きてきたことを紙に書きだしてみるということです。

やり方は、

  1. 紙と書くものを用意します
  2. 幼稚園、小学生、中学生など年代別に紙を用意します
  3. 各年代で、楽しかったこと10個、つらかったこと3個、エネルギーが上がったことを10個、思い出して書きだします

これだけです。

エネルギーが上がったこととは、あなたのテンションがマックスになったことです。

例えば、誰かに褒められたとか、みんなで文化祭を盛り上げたこととか、大会で優勝したとかなどですね。各年代を書きおえたら、並べてみることです。おそらく、共通してる部分が浮かび上がってくるはずです。エニアグラムとおなじです。

例えば、

  • リーダーになるとテンションが上がる
  • 新しいものを作るとテンションが上がる
  • 裏方でプロジェクトを成功させるのが得意

などですね。それをこれからの人生の中で多く経験できるようにしていけば、幸せだと感じることが増えてくるはずです。

以上、3つの方法を紹介しましたが、あらためていいますが、転職、退職を考え始めたときは、これからの人生をかんがえ直すまたとないチャンスです。

目的をもたない航海や旅行は失敗しやすいですが、「あそこに行くんだ!」という強い信念を持って人生に立ち向かえば必ず成功するはずです。

目的やゴールは人生の羅針盤みたいなものですから、ぜひ、この機会に少しでも良いですから考えてみましょう。

#NAME?

会社を辞めるかどうか迷ったときがチャンス!

迷った時がチャンス

会社を辞めるかどうか迷ったら、まず未来を前提に人生を考えてみましょうと言うことをシェアしてきました。おわかりになってもらえたでしょうか。

「やめようかな、どうしようかな?」なんて考えてるときには、どうしても目先のことしか考えることができません。せいぜい、半年先の生活や次の就職先くらいしか、考える余裕がないはずです。

でも、そこでいちどたちどまって、もう一度人生をかんがえなおしてみることをおすすめします。そのための質問は、

「本当は、どうだったらいいんだろうか?」

です。どうなったらあなたは幸せになれるかをまずかんがえて、そこからさかのぼっていくことで夢のような幸せをてにいれることができます。

もちろん仕事だけが人生のすべてではないです。ただ、あなたが男性でしたら、人生のほとんどは仕事や会社についやしてるはずです。あなたが女性なら、仕事に対する比重は少なくなりますが、それ以外のポイントもふえてくるはずです。

「やめようかな?」ってなやんだら、とりあえず、将来どうしたいのかをもう一度考えてみましょう。

そのうえで、今の会社、仕事があってないのでしたら会社を辞める方向に持っていけばいいだけです。おそらく、将来のことをかんがえればしぜんにいまの問題の答えはでてくるはずです。

会社を辞めると決められたら、こちらの会社の辞め方を読んでもらえれば、スムーズにやめることができるはずです。

⇒会社の辞め方

≫マイナビエージェント公式サイト


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
1961年、長野県生まれ。静岡大学卒業。大手出版社就職後、何社か経て53歳で会社設立。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの読書

40歳で人生を見直す

  1. コック警部
  2. サラリーマンの後ろ姿
  3. boy

何か悩んでいませんか?

  1. コック警部
  2. 人生の転機は40代
  3. 幸せ
  4. tired-cat
  5. 瞑想
  6. 目標の達成方法
  7. 人生は登山

最新情報

介護
  1. 旅行
  2. カビ対策
  3. 宣言
  4. すし
  5. 絵本
  6. 水鉄砲

多くの人に読まれている情報

  1. ロストバゲージ
  2. 介護
  3. そら豆
  4. 絵本
  5. ケツメイシ
  6. 瞑想
  7. ロンドン
  8. 心を手当てする方法
エステ・タイム
PAGE TOP