LIFE

新しい人生のスタートを始めるには?人生の扉を開けるカギはお金と情報と行動の3つ!

こんにちは、3回転職して起業したアラカンの米山慎吾です。

今までの人生を終りにして、新しい人生のスタートをはじめたいと思っていますよね。今までのことをなかったことにして・・・とか、パラレルワールド、タイムリープみたいに新しい人生の扉を開きたい!ってきもち、よーくわかります。わたしも、なんどもそうおもって転職を繰り返しました。新しい人生を始めるときは、今度こそ、人生の楽園にいけるんじゃないかって勝手におもってました。

人生の楽園、パラダイス、桃源郷・・・いまの人生とは違って、何もかもがうまくいってバラ色のような人生もかならずある!必ずそこへ行きたい!って誰もが思っています。あなたにとっての人生の楽園はどういう所ですか?まずは、人生の楽園へ行くための扉を開かなくてはいけません。人生の楽園へ行くためのレシピとチケットを考えてみましょう。

スポンサーリンク
#NAME?

人生の楽園とは?

パラダイス

人生の楽園ってよく言われてるのですが、どういう場所だと想像しますか?

「人生の楽園」と言うTV番組では、定年後の人生を新たにやり直している動画が映し出されています。

多くの場合、都会で暮らしていた人たちが、田舎に家を買ったり借りたりして移住するという企画です。そこでは、農作物を作ったり、自分の好きなことをしながら、地域とつながってお店をやってる人たちが多いですね。60歳、70歳、80歳とかの人たちがほとんどです。動画を見ているこちら側としては、人生の楽園に行っている人だというイメージがあります。悠々自適と言うイメージです。

ただ、もっと早くその生活をしたかったんではないか?その人たちは、そう思ってるんじゃないかって感じるんですよね。とういうのは、その人たちにとって一番楽しい生活が今なんじゃないかって思うんです。中には、もっと早くこの生活をしていれば・・・って実際に言う人もいます。

もちろん、動画では映し出されていないことの方が多いと思います。農業で言えば、ホントの農家の半分も収穫はないんじゃないでしょうか?肥料も、害虫も、害獣もたくさんいて、問題がありますからね。素人ですから。さらには、田舎の近所付き合いって結婚大変です。こちら側に土足で踏み込まれることも多いですからね。だけれども、楽しんでいるんです。

ですから、人生の楽園は何か?と言うと、本当にやりたいことをやるってことだと思うんです。「楽園」を広辞苑で引くと、「安楽な場所。苦しみのない場所」と出てきます。本当にやりたいことをやっている時って、人から見たら嫌なこと、苦しいことでも楽しいですよね。ですから、人生の楽園とは、自分の好きなことをして生活をしていくということだと思います。しかも、行ってみてからわかるような気もします。

あなたも人生の楽園に行ってみたいと思いますよね?そんなの夢だよ~なんてよく言われますが、行けるか、行けないか、それはあなた次第です。まずは、人生の楽園に行くためのレシピです。

人生の楽園に行くためのレシピは?

計画

人生の楽園に行くためのレシピは、一つしかないです。それは、

あなたにとっての人生の楽園は何か?

と考え始める事です。

「人生の楽園」の番組で、

「〇〇さんは、40歳の頃、自給自足の生活をしたくなりました」

「〇〇さんは、お蕎麦屋さんを開こうと、物件を見に行くようになりました」

って、初めの方で人生の紹介みたいなことを西田さんが話されていますよね。おそらく、番組に出ていた人たちは、その人が理想の生活ってなんなんだろう?って考え始めた時から人生が楽しくなり始めたんだと思います。つまり、理想の生活を考え始めた時が、人生の楽園の扉を開いた瞬間なんじゃないかとおもいます。だって、楽しいことを考えたりやり始めると、そのための準備だったらイヤだとは思わないですよね。だから、人生の楽園に行くためのレシピの一番初めは、理想の生活をまず考え始めると言うことです。

理想の生活を考えるには?

円満退社

では、あなたには、理想の生活とは何か、考えたことありますか?物質的なモノでもいいですし、精神的な生活でもいいです。あなたに、すでに理想の生活のイメージがあれば、OKです。後は行動するだけです。

なければ・・・・ちょっと困りますよね。ただ、多くの人は、「まあ、適当に」「働かなくて食べていければ」「安定して暮らしていければ」「まあ、いいか」みたいにかんがえています。でも、人生の楽園には行きたいので、ああいう番組をみて羨ましがってるだけなんですよね。それはよーく判ります。わたしも昔は同じでしたから。「適当に仕事して、お金も苦労しないくらいにあればイイかな?」って思ってました。

でも、それでは、おそらく人生の楽園には行けないし、人生が終わる瞬間に後悔するんじゃないかな?って、この番組を見ていて思ったんです。気づいたきっかけは、義父です。最後の10年間、認知症になって1銭も残せなかったんです。しかも、やりたいことをせずに逝ってしまいました。70歳ちょっとで。認知症を介護しながら、この人の人生ってもったいなさすぎるって思ったんですよね。それを自分に置き換えたら、ちょっと怖くなってしまって、人生の楽園とか、起業を考え始めたんです。

そのためには、101個の目標の法則を使って、考え始めることです。

101個の目標を考えるというのは、あなたが将来にやってみたいことや、欲しいものを101個書き出すことです。ただ、条件が少しあります。

  • 世界の中で、誰かがすでにやってること
  • 時間、お金、場所、全ての制約を取っ払って考える
  • 人生でやりたいことすべてを書く

の3つを意識して考えてください。カンタンに言うと、何の制約もなく、すべて実現可能としたら、何をやってみたいのかを考えるということです。

 参照:目標設定のコツ

この目標を考えることによって、あなたがどういう人生を歩きたいのか、どういう未来を描いているのかちょっとわかってくると思います。あなたが書いた101個の目標の中で、一番大切な、これだけは絶対に達成したいという目標があると思うんです。それが、人生の楽園に一番近いものです。とりあえず、それをあなたの人生の目標にしてしまいましょう。また後で、変わっても問題は全くないですからね。^^

書きだすとわかりますが、意外に101個の目標、やりたいことって浮かんでこないんです。わたしは2日がかりで何とかひねり出しました。あなたも、半日とかお休みの日を1日使って屋てみましょう。

あなたの人生の楽園、目標が決まった瞬間に、あなたは、人生の楽園に行くための扉を開きました。目の前には、たぶん人生の楽園が見えているはずです。あとは、人生の楽園に楽しく行くだけです。では、人生の楽園に行く方法を考えてみましょう。

人生の楽園に行く方法は?

あなたがいまいる所がスタートで、人生の楽園をゴールとしましょう。そうすると、その間のプロセスが問題になりますよね。単純に行きたいと思っているだけでは、ムリです。引き寄せの法則とか、よく言われますが、思っているだけではまず無理でしょう。人生の楽園へ行くには、チケットが必要なんです。チケットと言っても、一枚の共通チケットと2枚の個別チケット2枚が必要です。

人生の楽園に行く共通チケットは、お金です。

「人生の楽園」に出ている人たちは、公務員とか大手の企業を定年退職された人が多いです。と言うことは、退職金は6,000万円とか、給料も50万円位はもらっていたと想像できます。なので、1年くらいは無収入でも全然へっちゃらなんですよね。その上で、やり始めた事業が成功したら生活費には困らないし、もっとやりたいことができるようになるんです。生活費をちゃんと工面してから、やりたいことをやっている人達なんです。見ている人は、あの生活で暮らしているような錯覚を受けますが、勘違いしないでくださいね。銀行貯金は5,000万円位あった上での、農家の生活とかお蕎麦屋さんをひらいたりとかしているわけです。

なので、あなたも人生の楽園に行くには、共通チケットであるお金をなるべく貯めてください。本業で貯めてもイイですし、節約して貯めてもイイですし、副業や週末起業で貯めてください。私が思うに、節約しながら副業が一番いいような気がします。インターネットを使ったにビジネスをお勧めします。ま、人生の楽園の内容にもよりますが。

あなただけの人生の楽園への個別チケットの1枚目は、情報です。人によって楽園は違ってますので、それぞれの楽園に行くためには、方法も、準備するものも違ってきます。お金を使わずに情報をこつこつと集めてください。同じことをやろうとしている人は、意外に多いです。その人たちは、何らかの方法で情報を発信されています。あなたがやろうとしていることに関して、少なくとも、今の日本で出されている情報はすべて入手してください。インターネット、著作、セミナー、勉強会・・・すべてです。それが、あなただけの人生の楽園への1枚のチケットになります。

もう一枚は、あなたの行動です。番組「人生の楽園」を見ていると、行動って大事だな~って、本当にそう思います。誰もが、こうありたいと思っているだけなんですが、あの番組に出ている人たちが普通の人と違うのは、実際に行動してることです。

  • 田舎に土地を見に行った
  • 古民家を探しに遠くまで行った
  • リフォームを始めた
  • 勉強会に行き始めた

など、その道に必要なことを行動し始めているんですよね。その結果が、あのTV番組です。あれは、完成形を切り取って見せてくれてるだけですから、勘違いしないでください。いきなり、家が建つことはないんです。お店にも人が入る訳がないんです。その前に、多くの必要な行動をしているので、何もしていなくても成功してるように見えているだけです。あなたも、人生の楽園のイメージが出来たら、行動してください。実際にその場所に行って見たり、触って見たり、感じてみてください。同じことをやっている人のお店に行って、そのサービスを受けて話を聞くとか、味わってみることが大事です。

はじめは、「俺にはムリかな」って思うかもしれません。でも、人生をかけて勝負するとなったら、何となく出来そうな気がしませんか?ゴールが分からに状態ではじめるよりも、誰かがやっていて、実際に見る事が出来るほうが成功の確率はたかくなります。思ってるだけで行動しないというのが、一番悪いパターンです。実際に見てみて、本当にムリっぽかったら、変えればイイだけですからね。行動してみましょう。

スポンサーリンク

 

 

新し人生をスタートするには?

 

新し人生をスタートするために、まず必要なことは、あなたにとって何が理想の生活なのかを考えることです。今の生活が嫌だから、いまの仕事が嫌だから、今の環境がいやだから・・・いろいろあると思いますが、いやなことばかりを見てみてもつまりませんよね。どういう世界に行きたいのか、どういう生活をしていきたいのか、どうせだったら最高の世界、人生の楽園を想像してから新しい人生をスタートしていきましょう。

そのためには、101個の目標を考えていきましょう。101個の目標を考える事が、あなたの人生の再スタートをするカギになります。人生の楽園の扉を開くカギです。

そして、人生の楽園へ行くための共通チケットは、お金です。日々の生活を節約して、副業をしながらお金を貯めてください。さらに、あなただけの人生の楽園への2枚のチケットは、情報行動です。情報をなるべく集める事と行動することが、人生の楽園へのチケットです。

もう一度言います。人生の楽園へのチケットは、お金と情報と行動です。もうすでに、人生の楽園への扉は開いているわけですから、行くだけです。しかも、失敗はないです。失敗とは、うまくいかなかったことを勉強しただけです。成功する経験と勉強する経験しか、この世の中にはありません。

今から、人生の楽園への旅を始めてみましょう!あなたが、この記事を読み終わって、「よし、やるぞ!」って思うだけで、旅は始まります。人生の楽園への旅は、楽しいです。しかも、今までどんな人生を歩んできたかはあまり関係ありません。前を見て進んでいくだけでだれもが行きつくことができます。毎日が楽しいですから、ぜひ、あなたも行ってみましょう。

40代はとても大切な時期です。第2の人生とも言えます。ワクワクドキドキする40代を過ごすために、このサイトでは、新しいスタートを切るための誰でもできるノウハウをお伝えしています。あなたの毎日が、今以上の笑顔で満ちあふれることを祈っています。

他の記事もすべて無料で読めます。コメントも多くの方が寄せられています。あなたの人生に少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
1961年、長野県生まれ。静岡大学卒業。大手出版社就職後、何社か経て53歳で会社設立。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 未来の選択
  2. 結婚
  3. CROSSROAD-40
  4. 人生の時間

何か悩んでいませんか?

  1. 未来を変える
  2. 目標の達成方法
  3. 悩みは解決できない
  4. 結婚
  5. 旅
  6. 未来の選択
  7. 「なんか疲れたなー」と感じた時
  8. 人生に失敗しない方法
  9. お盆にレンタカーでドライブ旅行

最新情報

  1. 人生を幸せにするのは質より量
  2. 「なんか疲れたなー」と感じた時
  3. ベースボール
  4. 人生の転機
  5. Self-improvement
靴
  1. アナウンサー
  2. ロンドン
  3. ウィーン
  4. 校閲
  5. 木星のオーロラ
  6. アドラー心理学
  7. 有吉の夏休み2019inハワイ77時間密着

多くの人に読まれている情報

  1. ラード
  2. 口内フローラ
  3. ボディビルダー
  4. 九州パンケーキ
  5. 絵本
  6. 人生の転機は40代
auひかりバナー
PAGE TOP