当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

仕事できないけど頑張る人をどうすればいい?知っておくべきたったひとつの指導方法

仕事できないけど頑張る人-1

どこの会社にも、仕事できないけど頑張る人っていますよね。

そんな人が部下になったときに、どう接すれば良いのか、どうやって指導していけばいいのか迷ってしまうはずです。

そんなことは誰も教えてくれないし、そもそも役職者になれる人は仕事ができる人なので、仕事ができないまま頑張ってしまう気持ちがよくわからないと思います。

そこで、仕事できないけど頑張る人を、どうすれば育てられるのか、そのサポート方法を紹介します。

この記事でわかること

  • 「仕事できないけど頑張る人」が抱える共通の特徴とその背景
  • 真面目すぎることが仕事を上手くこなせない理由になっている可能性
  • 仕事の効率を上げ、ミスを減らすための具体的な対応策
  • 成果を出すための習慣や心構え、及び効果的な指導方法
スポンサーリンク

仕事できないけど頑張る人を理解する

仕事できないけど頑張る人-2

  • 仕事ができないけど頑張る人に共通する特徴とは?
  • 真面目すぎる人が仕事できない理由
  • 真面目にやってるのにできないのはなぜ
  • 一生懸命やってるのにミスをする人への対応
  • 仕事はできないけどいい人っているよね、その価値
  • 仕事ができない人の口癖とその意味
  • 仕事ができない人は自覚がない?認識のギャップ
  • いい部下だけど仕事ができない・・・その扱い方
  • 自分は仕事ができないと思っている人へのエンパワメント

仕事ができないけど頑張る人に共通する特徴とは?

仕事ができないけど頑張る人には、いくつかの共通する特徴があります。

まず、このような人たちは非常に真面目で、責任感が強いことが挙げられます。

ただし、彼らはしばしば、優先順位の設定に苦労したり、自分の能力を正確に評価できないため、見当違いの努力をしていることがよくあります。

また、彼らは完璧主義であるがゆえに、細かいことにこだわりすぎて、大きな目標や締め切りを見失いがちです。

さらに、彼らは新しいスキルや知識を習得することに時間を要することがあり、それが仕事の進行を遅らせる一因となっています。

しかし、このような人たちは、一度理解すればその知識やスキルを深く掘り下げ、高いレベルで使いこなすことができるようになります。

「仕事ができない」と周りから言われたり、自己評価している人たちは、実はそのポテンシャルに気づいていないことが多いのです。

そのため、彼らの能力を引き出し、正しい方向に導くことができれば、あなたの仕事の心強い味方になってくれるはずです。

真面目すぎる人が仕事できない理由

真面目すぎる人が仕事できない理由はいくつかありますが、主に彼らの仕事に対するアプローチ方法に問題があると考えられます。

これらの人々は、しばしばすべてのタスクを同じ重要度で扱ってしまいます。

つまり、緊急性や重要性を考慮せずに、すべての仕事に同じように時間とエネルギーを割くため、本当に重要なタスクに集中できなくなってしまうのです。

また、真面目すぎる人は、自分自身に厳しく、自分の達成したことよりもできていないことに目を向けがちです。

これは自己評価が低く、自信の欠如につながり、結果として仕事のパフォーマンスにも影響を与えます。

このような人は、完璧を求めすぎるあまりに、進行中の仕事を終わらせることができず、プロジェクトの遅延を招いたり、チームメンバーに迷惑をかけたりすることもあります。

いわゆる、「適当に仕事をこなす」ということができないんです。

彼らに必要なのは、自分の努力を認め、自分に合ったペースで仕事を進めることを学ぶことです。

以上のように、仕事ができないけど頑張る人たちには、共通する課題がありますが、これらは適切な支援と理解によって克服できるものです。

彼らの努力を正しく評価し、彼らが自信を持って仕事に取り組めるような環境を提供することが重要です。

真面目にやってるのにできないのはなぜ?

多くの場合、仕事を真面目にやっているのに仕事ができない人たちは、彼らの努力が適切な方向に向けられていないことが原因です。

それは上述した性格の問題でもあるのですが、真面目過ぎてしまうのが裏目に出てしまってるんです。

これらの人々は、仕事に対する熱意や情熱を持っていますが、そのエネルギーを最も必要とされる領域に集中させることができていないのです。

たとえば、彼らは細部にこだわりすぎて大局を見失ったり、効率よりも完璧さを優先したりすることがあります。

真面目にやっているにも関わらず成果が出ない別の理由として、十分なフィードバックや指導を受けていないことが挙げられます。

彼らは自分のやり方が間違っているとは気づかず、同じミスを繰り返し、改善の機会を逃してしまいます。

つまり、真面目に間違ったことを延々と続けてるということです。

このため、彼らの成長や発展は、周囲のサポートや適切なガイダンスに大きく依存しています。

一生懸命やってるのにミスをする人への対応

一生懸命やっているのにミスをする人への対応は、慎重かつ前向きに行う必要があります。

まずは、その人の努力を認め、ポジティブなフィードバックを提供することが重要です。

その上で、ミスを指摘し、なぜそれが問題であるのかを理解させる必要があります。

しかし、このプロセスでは非難や批判を避け、具体的かつ建設的なアドバイスに焦点を当てるべきです。

ミスを繰り返さないための戦略としては、小さな成功体験を積み重ねることが効果的です。

タスクをより小さなステップに分割し、それぞれに達成可能な目標を設定することで、彼らの自信を高め、徐々に大きな成功へと導いていきます。

また、時間管理や優先順位付けのスキルを教えることも、彼らが仕事の質を向上させるのに役立ちます。

一生懸命やっているのにミスをする人たちは、時には自分を過小評価してしまうことがあります。

「どうせおれは」「いつもミスばっかりで申し訳ない」と感じているんです。

彼らが自分の価値や能力を認識できるよう、継続的なサポートと励ましを提供することが不可欠です。

彼らの成長を信じ、彼らが自分自身を信じることができるようにあなたが導くことが、彼らが成功するための鍵となります。

仕事はできないけどいい人っているよね、その価値

仕事場において、技術やスキル面では他の人に及ばないかもしれないけれど、チームにとって欠かせない存在となる人がいます。

彼らは、常に前向きな姿勢を保ち、周りを励ますことで職場の雰囲気を良くするなど、人間関係の面で大きな価値を提供します。

このような人々は、コミュニケーションスキルやチームワークを促進する能力に長けており、プロジェクトやタスクを円滑に進めるのに貢献します。

仕事が得意ではないけれども「いい人」は、他人の意見に耳を傾け、フィードバックを受け入れる柔軟性を持っています。

これにより、彼らは学ぶ意欲が高く、時間が経つにつれて仕事のスキルを向上させる可能性を秘めています。

そのため、短期的には技術的な成果を出しにくいかもしれませんが、長期的にはチームにとって大きな価値を持つことになります。

仕事ができない人の口癖とその意味

「仕事ができない」と自覚している人たちには、特定の口癖が見られることがあります。

たとえば、

  • わたしがやってもダメ
  • どうせ失敗する
  • 他の誰かがやった方がいい

など、自己否定的な言葉を頻繁に使う傾向があります。これらの口癖は、自信の欠如や恐怖心、そして過去の失敗体験が根底にあることを示しています。

これらの言葉を頻繁に使う人たちへの対応には、彼らの自己評価を高めることが重要です。

小さな成功体験を積み重ねさせ、彼らが自分自身に対してもっと肯定的な見方を持てるように支援することが大切です。

また、「できない」という言葉を「まだできない」や「これから学ぶ」といった前向きな言葉に置き換えるよう促し、成長マインドセットを育むことも効果的です。

仕事ができない人の口癖を理解し、その背後にある感情や思考を共感的に受け止めることで、彼らを支援するための具体的な方法を見つけ出すことができます。

このプロセスを通じて、彼らが自分自身の能力を信じ、仕事で成果を出せるようになるための一歩を踏み出すことが可能となります。

仕事ができない人は自覚がない?認識のギャップ

仕事ができないと感じられる人の中には、自分の能力やパフォーマンスについての自覚が不足しているケースがあります。

彼らは、自分が十分に貢献していると思っているかもしれませんが、実際には成果が出ていないか、またはチームの期待に応えられていない場合があります。

この認識のギャップは、フィードバックの不足、自己評価の過大評価、または目標と実績の不一致が原因で生じることが多いです。

認識のギャップを埋めるためには、定期的なフィードバックが不可欠です。上司や同僚からの具体的なフィードバックを通じて、仕事の成果や改善点を明確に伝えることが大切です。

また、目標設定の際には、達成可能で測定可能な目標を設定し、定期的な進捗確認を行うことで、自己認識と実際のパフォーマンスの間のギャップを縮めることができます。

いい部下だけど仕事ができない・・・その扱い方

「いい部下だけど仕事ができない」という人をどのように扱うかは、管理職やチームリーダーにとって重要な課題の一つです。

このような人は、職場の雰囲気を良くするなどの非技術的な貢献をしていることが多いため、その価値を認識し、適切な役割を与えることが重要です。

まず、その人の強みや適性を見極め、仕事の成果を出しやすい環境や役割を提供することを考えましょう。

たとえば、チーム内コミュニケーションの促進や、社内イベントの企画運営など、人と接することが得意な役割を任せることで、彼らの能力を最大限に発揮させることができます。

また、スキルアップのための支援も重要です。具体的な研修プログラムの提供や、メンター制度の導入を通じて、技術的なスキルや業務知識の向上を支援しましょう。

このようなサポートは、彼らが自信を持って仕事に取り組むことを助け、長期的にはチーム全体の生産性向上にもつながります。

「いい部下だけど仕事ができない」人たちへの適切な対応は、彼らのポテンシャルを引き出し、職場全体のモチベーションや満足度を高める鍵となります。

彼らが持つ独自の価値を認識し、それを最大限に活かすような環境を整えることが、あなたに求められていることです。

自分は仕事ができないと思っている人へのエンパワメント

自分は仕事ができないと思っている人たちに対して、エンパワメントは非常に重要です。

エンパワメントとは、個人が自己効力感を高め、自立して行動できるようにするための支援を指します。つまり、自信を与えるということです。

自己効力感が高まると、人は自分の能力に自信を持ち、より積極的に仕事に取り組むようになります。

まず、彼らが自分自身を過小評価している原因を理解することから始めましょう。

過去の失敗経験、周囲からのネガティブなフィードバック、自分に対する過度な期待など、さまざまな要因が自己評価を下げる原因となっていることがあります。

これらの要因を明らかにし、それに対する具体的な解決策やサポートを提供することが大切です。

自信をつけさせるための具体的なアプローチとしては、以下のような方法があります。

  • 成功体験の提供: 小さな成功体験を積み重ねることで、自己効力感を高めます。簡単なタスクから始め、徐々に難易度を上げていくことで、達成感を感じやすくします。
  • ポジティブなフィードバック: 成功した際には、その成果を認め、具体的なフィードバックを与えることで、自信を持たせます。ポジティブなフィードバックは、自己評価を高める効果があります。
  • 目標設定のサポート: 達成可能で現実的な目標を設定し、その達成に向けて具体的な計画を立てるサポートをします。目標を明確にすることで、モチベーションの向上につながります。
  • スキルアップの機会の提供: 必要な研修プログラムへの参加や、新しいスキルを学ぶためのリソースを提供します。スキルが向上すると、仕事への自信がつきます。

これらのアプローチを通じて、自分は仕事ができないと思っている人たちに対して、自己効力感を高めることができます。

エンパワメントは、彼らが自分自身の能力を信じ、より積極的に仕事に取り組むための強力なツールとなります。

あなたが管理者であれば、これらのアプローチを意識的に取り入れ、部下一人ひとりの能力を最大限に引き出すことが求められます。

スポンサーリンク

仕事できないけど頑張る人を育てるために

  • 変わるための具体的アクション
  • できるようになる習慣の形成方法
  • 仕事ができる人の口癖とその影響力
  • 成長するには何を変えるべき?
  • 突然仕事ができるようになった人の体験談
  • 成長のきっかけをフィードバック
  • できるヤツを見返したいという気持ち
  • 仕事ができない人への指導方法
  • 上司としての心構え

変わるための具体的アクション

仕事ができないと感じている人に向けて、自己改善に向けて取り組むように指示する具体的アクションには、いくつかのステップがあります。

まず、自分の弱点や改善が必要な領域を正確に把握させることが重要です。それから、その弱点を克服するための計画を立てさせ、実行に移していく必要があります。

  1. 自己評価とフィードバックの収集: 自身の業務を振り返らせ、どのエリアで苦労しているのかを具体的に把握させます。また、上司や同僚からのフィードバックを積極的にすることで、他者からの評価を確認することができます。その結果、自己肯定感もアップします。
  2. 目標設定: 部下が改善したいと思っている点に対して、SMART(具体的で、測定可能で、達成可能で、関連性があり、時間的に制限された)原則に基づいた目標を設定させます。小さな目標から始めて、徐々に大きな目標へと進めていくと良いでしょう。
  3. 計画の立案と実行: 目標達成のための具体的なアクションプランを立て、実行に移させます。例えば、時間管理のスキルを向上させたい場合は、日々のタスクをリスト化し、優先順位をつけさせることから始めてみましょう。
  4. 継続的な学習と成長: 新しいスキルを学ぶための書籍を読んだり、オンラインコースに参加することを推奨して、知識を広げ、スキルを向上させることができます。また、定期的に反省を行い、計画の修正や更新を行わせることが重要です。

できるようになる習慣の形成方法

仕事の効率と成果を高めるためには、良い習慣を形成することが不可欠です。以下は、仕事ができるようになるための習慣形成方法です。

  • 計画性を高める: 毎日のタスクリストを作成し、優先順位を決めてから業務に取り組むことで、時間を有効に活用できます。
  • 集中力を向上させる: 作業中は携帯電話の通知をオフにする、短時間の集中作業後に短い休憩を取るなど、集中力を維持するための工夫をしましょう。
  • 健康的なライフスタイルを維持する: 十分な睡眠を取り、バランスの良い食事を心がけることで、仕事のパフォーマンスを向上させることができます。
  • フィードバックを積極的に求める: 定期的に上司や同僚からフィードバックを求めることで、自己の成長につながります。
  • 反省と改善: 毎日の業務の終わりには、その日の仕事を振り返り、何がうまくいったか、何が改善が必要かを考える時間を持ちましょう。

これらのアクションと習慣を詳しく、わかりやすく仕事ができない部下に教えて、どのようにすればもっと仕事ができるようになるのかを理解させます。

一人だけにそういったことをするといろいろな問題が起きる場合には、育成マニュアルのようなかたちにして、社内勉強会のような感じで全員のスキルアップと意思統一を図っていくことをおすすめします。

仕事ができる人の口癖とその影響力

仕事ができる人たちには、共通する口癖があることがよくあります。

これらの口癖は、彼らの考え方や行動に大きな影響を与えています。

たとえば、「できる方法を考えよう」「チャレンジしてみる価値がある」など、前向きな考えを示す口癖は、困難な状況でも解決策を見つけ出す姿勢を反映しています。

また、「チームで成功しよう」という口癖は、協力して目標を達成することの重要性を示しており、仕事の効率と成果を高めるためには、チームワークが不可欠であることを認識していることを示します。

これらの口癖は、仕事の姿勢だけでなく、周囲への影響も大きいものです。ポジティブな言葉は周囲にも前向きな影響を与え、チーム全体のモチベーションを向上させることができます。

こういった口癖と、上述した仕事ができない人の口癖を紙に書いて、みんなが見えるところに貼っておくのも良いことです。

たとえば、

NGワードは、

  • だって
  • どうせ
  • なんて

このことばが浮かんだら、「ちょっと待て。本当にそうなのか?」と聞くこと。

のような感じで貼っておくことです。

成長するには何を変えるべき?

仕事ができるようになりたいと思ったとき、何から始めればいいのでしょうか?

大切なのは、まず自分の考え方と行動パターンを見直すことです。

仕事ができる人たちが持つ前向きな口癖を取り入れることから始めてみましょう。ポジティブな言葉を意識的に使うことで、考え方が変わり、それが行動に反映されるようになります。

なので、まずはあなたの業界の仕事ができる人のパターンを調べて、モデリングすることです。

多くの会社では、入社時の研修しかしていません。その後、いろいろなことが起きるたびにそれを参考にして学んでいくために、同じ会社でも人それぞれの仕事のやり方をしています。同じやり方じゃないんです。

学校の先生が特にそうですよね。いい先生もいれば、悪い先生もいます。とんでもない校長もいます。

それは一定した教育ができていないためなんです。そもそもそういうものはできないと思ってるわけです。

でも、仕事って数学の方程式と同じなんです。同じ会社だったら同じ仕事のやり方じゃないとまずいですよね。担当が変わるたびに違ったやり方をされたんじゃ、たまったものじゃないです。

なので、あなたがやるべきことは、仕事のマニュアルとか教科書をつくることです。それによって、誰もができて誰もが成果を上げれる仕事ができるようになれば、最高ですよね。

これからの時代は、個人の資質に任せた仕事の取り組み方ではなくて、会社全体で武器を作っていくことがとても大切になります

突然仕事ができるようになった人の体験談

仕事ができるようになった人たちの中には、「突然」成果を出し始めたと感じる人もいます。

実際には、そういった変化には、さまざまな背景があります。

ある人は、新しいプロジェクトに取り組むことで自分の強みを発見し、自信を持つようになったと言います。

また、別の人は、上司やメンターからの具体的なフィードバックをきっかけに、仕事への取り組み方を変えたと報告しています。

こうした体験談からわかるのは、多くの場合、「突然」の変化は、小さなきっかけや変更が積み重なった結果であることです。

たとえば、次のような変化が挙げられます。

  • 環境の変化: 新しいチームやプロジェクトへの配属が、未知のポテンシャルを引き出す。
  • フィードバックの活用: 具体的な指摘やアドバイスを真摯に受け止め、改善につなげる。
  • 自己啓発の努力: スキルアップのための継続的な学習や、新しい知識の積極的な取り入れ。
  • 心構えの変化: 失敗を恐れずにチャレンジする姿勢や、ポジティブな自己認識の形成。

きっかけはきっかけにすぎません。あくまでも、変わりたいとかどうしたら良いのかという前向きの姿勢がとても大切になります。

それをつくりだすのは、役職者であるあなたの仕事です。

成長のきっかけをフィードバック

仕事ができるようになったきっかけをフィードバックすることで、それぞれの人の成長に役立てることができます。

それは日報というかたちでもいいですし、聞き取り調査でもいいです。

とにかく、どうしてうまくいったのか、なぜうまくいったのか、など聞き出して、部内、課内の部下たちにフィードバックすることです。

そういう事ができていない会社は、

  • あの人が知ってる
  • あの人だからできる
  • あの人にまかせておけばいい

と言ってる社員が多いです。そういう人が何人もいれば、周りの人はとても楽です。その人に任せておけばいいだけですから。

でも、その人がいなくなったらどうしようもなくなりますよね。病気になったり、引き抜かれたりしたら、その仕事の品質を保てなくなってしまいます。

なので、基本的に誰がやってもできるようにしておくべきなんです。そのためにやるべきことが、うまく行ったことのフィードバックになります。

できるヤツを見返したいという気持ち

仕事で苦労した経験がある人ほど、自分の成長を実感し、かつての自分や周りの疑念を見返したいという強い気持ちを持っています。

それを利用して、ヒエラルキーをつくってモチベーションを上げていく方法もありますが、やめておいたほうが無難です。

というのも、そういう気持ちのままでいると、部内や課内のコミュニケーションが上手く行かなくなってしまうからです。

向上心はとても大切なものなのですが、それをしっかりとプラスの方向に導いていくことがとても大切なことになります。

仕事ができない人への指導方法

仕事ができないと感じられる人への指導には、しっかりとしたシステムに沿って行うことがとても大切です。

そのためには、しっかりした教育が必要となります。

あなたが今までやってきたことを一子相伝のようなかたちで教えるのではなくて、誰もが読めて、誰もが意見を言うことができるようなマニュアル、教科書をつくって、システム的に教育していくことがとても大切です。

なので、今すぐに仕事できない人へ対応するのではなくて、そういったシステムがなければ、まずは教育のシステムを作っていきましょう。

そのためにできるのは、あなたも含めて仕事のやり方の可視化です。

  • どのように
  • いつ
  • どこで
  • 何を
  • どんな

など、5W1Hでしっかりとした仕事のやり方をエクセルやワードに落とし込むんです。それをまとめて、マニュアルとすることで、誰もが参加してるマニュアルになります。

毎日の仕事で何らかの問題が置きたり、何らかの成果が出た場合には、そのたびにバージョンアップさせていくことです。

上司としての心構え

上司として部下を指導し、チームを成功に導くためには、適切な心構えが必要です。リーダーとしての責任を全うするために、以下のポイントを心に留めておきましょう。

  • 部下の成長を信じる: 部下一人ひとりの可能性を信じ、彼らの成長と成功を心から願う姿勢が重要です。自分の期待が部下のモチベーションと自己実現に大きく影響することを理解しましょう。
  • 公平性を保つ: 全ての部下に公平な態度を取ることで、チーム内の信頼と協力を促進します。個人の偏見や好みを仕事に持ち込まないよう心がけてください。
  • コミュニケーションの重視: 効果的なコミュニケーションは、チーム運営の基盤です。オープンで正直な対話を通じて、部下の意見や懸念を真摯に聞き、適切なフィードバックを提供しましょう。
  • 自己成長の追求: 上司自身も常に学び、成長し続ける必要があります。新しい知識やスキルを積極的に身につけ、それを部下に伝えることで、チーム全体の成長を促進します。
  • 誠実さと一貫性: 部下からの信頼を得るためには、誠実さと行動の一貫性が欠かせません。約束を守り、決定や行動に一貫性を持たせることで、部下との信頼関係を築き上げてください。

これらの心構えを持つことで、上司としての役割を果たし、部下やチームを成長させることができます。

リーダーシップは単に指示を出すことではなく、部下の成長を支援し、彼らが最大限のパフォーマンスを発揮できる環境を提供することにあります。

まとめ:仕事できないけど頑張る人の育成方法。改善への道筋と役職者としての心構え

この記事のポイントをまとめます

  • 仕事ができないけど頑張る人は、主に要領が悪いことが原因
  • 真面目すぎる性格が、効率的な仕事の妨げになることがある
  • 真面目に取り組むが結果が伴わない原因とは、優先順位の誤り
  • ミスを繰り返すが一生懸命な人への適切な対応方法が存在する
  • 仕事の能力と人柄は必ずしも一致しないことがある
  • 仕事ができない人特有の口癖には、その背景にある心理が反映されている
  • 仕事の自覚がない人には、そのギャップを埋めるアプローチが必要
  • 自己認識が低い人へのエンパワメントが、自信回復の鍵
  • 仕事を改善するための具体的なアクションとは、習慣の見直しから始まる
  • 仕事ができる人の口癖には、成功へのヒントが隠されている
  • 突然仕事ができるようになる人は、あるきっかけを経験している
  • 上司としては、部下の成長を促す心構えが求められる
この記事を書いた人
とし

こんにちは、としです。
 
昭和36年生まれで、現在は62歳です。
 
何回も転職を繰り返し、4度目の会社の社長からのきつい言葉がきっかけで脱サラしました。
 
52歳のときでした。
 
脱サラしたときに、40歳からの10年間は何だったんだろう?としみじみ後悔しました。
 
40代のときに何をやるべきなのか、どういうことを考えていくべきか、その有無でその後の人生がだいぶ変わってきます。
 
その気付きから、こころ認定や終活ガイド、P検、安全運転能力検定などの資格を取りました。
 
現在は、ライフタイムアドバイザーとして日々努力を積んでいます。
 
40代は、人生の中でもいちばん楽しくてキラキラしています。
 
何を考えていけば良い結果が出るのか、わかりやすくお伝えしていきます。

としをフォローする
40代からの仕事
スポンサーリンク
としをフォローする