終活ノートの書き方とエンディングノートを無料でダウンロードできるサイト![後編]

「終活ノートの書き方は?」の後編です。終活ノートの書き方と、終活ノートの項目、無料のテンプレート、エンディングノートを無料でダウンロードできるサイトなどを紹介しています。前編をよまれていなければ、こちらを読んでください。

関連記事

こんにちは、3回転職してから起業したアラカンのとしです。『世界一受けたい授業』で、福田真弓先生が終活や、終活ノートの話をされていました。福田真弓先生は、税理士の仕事をしているうえで、多くの人の終活を見てきたそうです。一番大切[…]

▶▶中高年のためのプログラミング教室


終活ノートを書く準備

終活ノートを書くときに、準備しておくものは、

  • ノート、ルーズリーフ、市販のエンディングノートなど
  • 筆記具
  • PC
  • 各種書類(通帳、株券、保険証書など)
  • ファイルなどの書類入れ
  • 5枚の紙(何でもいい。A4位のサイズ)

まずは、書くものが必要なんですけど、とりあえずは使いやすいもので良いと思います。エンディングノートとか、終活ノートとして、売られているものもあるので、そちらを初めから使うのも良いと思います。市販のものを使う場合は、そのノートの書式にのっとって、書いていけばいいかもしれません。ここから説明していくのは、何もない状態から書いていくものです。

ノートは、100均で売ってるものでもいいですし、使いやすいのは、ルーズリーフでバインダーにとじるやつだと思います。後から増やしたり、減らすことが簡単にできますから。

あとは、PCと各種書類です。こまかい番号や、パスワードなどを調べながら書く必要があ理ますから、手元に用意してから書くことをお勧めします。さらに、ファイルなど、書類をまとめて入れておくものが必要です。

書く準備ができたら、まずは、何も書いていない5枚の紙を取り出します。

初めに書くこと。

まずは、全体を俯瞰で見ていきましょう。5枚のうちの1枚の紙に、頭の中のすべての情報を片っ端から書いてみます。ブレインダンプです。

書く情報は、個人情報、自分の介護・医療に関して、自分の葬儀・お墓に関して、自分の財産について、など。これらを、細かいことではなくて、タイトルだけ書いておくことです。例えば、銀行口座名、葬儀の仕方、口がきけなくなったら・・・とか。思いつく限り、書き出してください。

これには、2~3日くらいかけても良いと思います。あなただけが知ってる情報は、これ以外に何もないってところまで、頭を絞ってかきだすことです。

その次に、残りの4枚の紙に、それぞれ

  • 個人情報
  • 介護・医療
  • 葬儀。・お墓
  • 財産

と、真ん中に書きます。そして、1枚目の紙に書いたことを、上の4種類に分類して書いていきます。マインドマップみたいに。まずは、頭の中をすべて出してから、それぞれの項目に分けていくという事ですね。ここまでが準備です。

スポンサーリンク

終活ノートの作成

準備が終わったら、ルーズリーフに、順番に書いていきましょう。

個人情報

  • 本籍、経歴、血液型などの基本的なこと
  • 交友リスト

介護、医療

  • 介護が必要になったら、どうするのか?
  • 持病、飲んでいるクスリ
  • 延命治療をどうするか
  • 臓器提供は?

葬儀、お墓

  • 葬儀の規模(一般葬、家族葬、なし、など)
  • 連絡する人リスト
  • お墓について

財産

  • 不動産
  • 保険
  • 株式、証券
  • 銀行口座
  • お宝
  • クレジットカード

最後に、家族への感謝の気持ちや言葉を書いておくといいです。もちろん、上に書いた項目は、ドンドン足していっても良いですし、削って行っても良いです。具体例として使ってください。さらに、書いている途中で思い出すことが出てきますので、ノートに直に足していってください。そのためには、ルーズリーフの方が良いかもしれませんね。

この終活ノートを1回作って、毎年、お正月とかに見直していくことも大事です。情報はどんどん変わっていきますから、修正が大事です。

 

最後に、一番大事な事ですけど、終活ノートは、大事なパートナーや家族にはちゃんとある場所を教えておかないとダメです。たまには、家族全員でそれを見ることも良いかもしれません。

エンディングノートを無料でダウンロードできるサイト

ネットでは、多くの終活ノートのテンプレートがります。探してみたら自分に合ったものが見つかるかもしれません。代表的なサイトを載せておきます。利用してみてください。

40代はとても大切な時期です。第2の人生とも言えます。ワクワクドキドキする40代を過ごすために、このサイトでは、新しいスタートを切るための誰でもできるノウハウをお伝えしています。あなたの毎日が、今以上の笑顔で満ちあふれることを祈っています。

他の記事もすべて無料で読めます。コメントも多くの方が寄せられています。あなたの人生に少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。

関連記事

こんにちは、3回転職してから起業したアラカンのとしです。『世界一受けたい授業』で、福田真弓先生が終活や、終活ノートの話をされていました。福田真弓先生は、税理士の仕事をしているうえで、多くの人の終活を見てきたそうです。一番大切[…]

毎日を楽しむ

幸せになる近道は、毎日を楽しむことです。

過去や未来を嘆いたり悔やんだりしても意味はありません。その日1日をなるべく楽しく面白く暮らすことが大切です。

そのためのヒントは、趣味、生活、旅行、食事関連、動画、ショッピングなどにもあります。

人生を幸せに!と大上段に構えるのではなくて、小さなことから少しずつ作っていくことも大切です。

当サイトではそれらの入り口として基本的なことを記事にしています。気になったタイトルをクリックしてお読みください。