終活ノートの書き方は?ダウンロードできる無料のエンディングノート![前編]

こんにちは、3回転職してから起業したアラカンのとしです。

『世界一受けたい授業』で、福田真弓先生が終活や、終活ノートの話をされていました。福田真弓先生は、税理士の仕事をしているうえで、多くの人の終活を見てきたそうです。一番大切なのは、終活ノートの書き方。エンディングノートとも言われますが、何をどう書けばいいのか、教えてくれました。

スポンサーリンク

終活とは?

終活とは、

「人生の終わりのための活動」の略であり、人間が人生の最期を迎えるにあたって行うべきことを総括したことを意味する言葉。

ウィキペディアより引用)

つまりは、自分がいなくなってしまう前に、準備をしておきましょうと言うことです。福田真弓先生は、「自分のため、家族のために、終活をしましょう」と話をされていました。終活をしておかないととっても大変になるようです。残された方にしたら、当然、初めての事で何もわからないし、細かいことを聞こうにも、本人はいないし・・・どうしようもならなくなってしまうのが現実の様です。

なので、できる時に、できる時から準備を始めていくのが、終活ということです。もちろん、本人だけでなくて、家族みんなの問題なので、みんなで話し合ってどうしていけばいいのか決めていくことをお勧めします。一人で抱え込むのは、あまりよくないのではないでしょうか。

終活をしていないと何が困るのか?

番組では、残された家族の方に、「何が一番困ったか?」という調査をしてました。その結果は、

  • 遺品の整理
  • 提出する書類が多い
  • 親戚、関係者への連絡
  • 遺影用の写真
  • 葬儀をどこに頼むか
  • 費用

一つずつ見ていきましょう。

遺品の整理

番組の最後で、遺品整理のサービスをしてくれる会社を紹介していたんですけれども、本当に大変そうでした。特に、一人で住んでいる場合は、全て整理しなければいけないので、普通の人にはムリだと思います。単純な引越しよりも、もっと大変ですね。引越しだと、そのものが何なのかわかる人がいるので、わりとスムーズにいきますから。片づける人が、初めて見るものばかりだと、きっと途方に暮れてしまうのではないでしょうか。

番組で紹介された会社に頼むと、すべてやってもらえて、32万円でした。

やっていたことは、

  • 衣服
  • 生活関連の道具、家電など
  • 仏壇
  • 掃除

など、全てを整理したり、処分したりして、最後には、何も残ってはいなかったです。もちろん、遺品として残すものはとってあったと思います。写真とか、形見とか、大事なものは、別な場所にあったんだと想像できます。

考えてみればわかると思いますが、使っていた生活用品は、全て要らなくなります。それを、残された人が処理するのは、並大抵な努力では難しそうです。特に、デジタル関係です。パスワードとか、ネットバンキングとか。そのままになってしまう可能性もあるのではないでしょうか。小説家だったら、書きかけの原稿とか、事業家だったら、隠し財産とか、いろいろ考えられますよね。普通、他の人のパソコンの中身を見ても、ちんぷんかんぷんですからね。

一人住まいの場合、ペットが大変だとも話されていました。引き取り手がないから、保健所っていうパターンもあるらしいです。

提出する書類が多い

提出する書類が多いというのも大変です。初めてですし、時間も限られています。特に注意したいのは、銀行関連です。亡くなったことがわかると、口座は凍結されてしまいます。ですから、なるべく生前贈与とか、いろんなやり方で対処しておいた方が良いのではないでしょうか。お葬式をだすお金がない!なんてこともあるようです。

その他には、

  • 年金
  • 健康保険
  • パスポート
  • 免許証
  • クレジットカード

もちろん、市役所とかの公的機関に提出するものも多いですから、気を付けないといけないです。

スポンサーリンク

 

親戚、関係者の連絡

これは、どこまで連絡すればいいのか?っていうことらしいです。亡くなった方の関係している人ですね。仕事だったり、友人関係だったり、本人しかわからないことが多いと話されていました。さらには、連絡リストがあればいいんだけど、年賀状だけっていう人も多いです。

なので、最終的には、新聞に乗せておしまいというのが多いと思います。

遺影用の写真

これは、意外に盲点です。若い時の写真しかなかったり、サングラスをした写真しか無かったりします。芸能人でしたら、なんとか形になりますが、一般の人で、変な写真しかない場合は、困ると話されていました。さらには、真正面を向いている写真がない、写真自体がないってこともあるようです。

葬儀をどこに頼むか?

これも、いきなりなくなってしまった場合は大変だと思います。終末医療の病院だったら、葬儀屋さんのリストとかお寺のリストもすべてそろっていますから、病院の方がすべて教えてくれます。その後は、葬儀屋さんの言うとおりにしていれば、なんとかなります。

費用

番組で発表された、平均の葬儀費用は、188万円でした。これは、葬儀屋さん次第で変わってくるし、葬儀に来る人の数でも変わってくるから何とも言えないですけど、最低200万円位は用意をしておいた方が良いと話されていました。実際には、香典で帰ってきますから、それほどかからないとは思いますが、用意はしておいた方が良いと思います。

 

以上が、一番困ったことでした。

これを考えただけでも、大変だと思いますよね。ですから、終活ノートを準備しておくことが、残された人にとって大事だと話されていました。

次は、肝心の終活ノートの書き方です。

関連記事

「終活ノートの書き方は?」の後編です。終活ノートの書き方と、終活ノートの項目、無料のテンプレート、エンディングノートを無料でダウンロードできるサイトなどを紹介しています。前編をよまれていなければ、こちらを読んでください[…]

毎日を楽しむ

幸せになる近道は、毎日を楽しむことです。

過去や未来を嘆いたり悔やんだりしても意味はありません。その日1日をなるべく楽しく面白く暮らすことが大切です。

そのためのヒントは、趣味、生活、旅行、食事関連、動画、ショッピングなどにもあります。

人生を幸せに!と大上段に構えるのではなくて、小さなことから少しずつ作っていくことも大切です。

当サイトではそれらの入り口として基本的なことを記事にしています。気になったタイトルをクリックしてお読みください。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク