当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

仕事を頑張るのをやめたらダメ。ツラさの原因と正しい頑張り方の見つけ方

仕事を頑張るのをやめたらダメ-1

こんにちは。

最近のあなた、

  • 仕事頑張るのをやめた
  • 仕事がつらいから頑張れない
  • 頑張っても意味ないんじゃない?

なんて考えていませんか?わたしも転職する前には、そう思っていましたし、サラリーマンのほとんどの方は、一度はそう思ったことがあるはずです。

頑張っても意味がない?とか仕事が嫌で頑張れない・・と思って、頑張るのをやめる人も多いですし、ネットで調べると頑張るのをやめた方がいいと書かれてるものがとても多いです。

しかし、本当に「がんばるのをやめるとすべてうまくいく」のでしょうか?わたしはそうは思いません。

実際に頑張ることをやめた経験から、これからのあなたの人生を楽しく、幸せにしていく、唯一の方法、考え方を紹介していきます。

この記事のポイント

  1. 仕事を頑張るのをやめたときのリスクと影響
  2. 疲れたり、頑張ることに嫌気がさしたりする原因
  3. つらくても頑張ることがしあわせになる秘訣
  4. 正しい場所で正しい頑張り方をすることが大切
スポンサーリンク

仕事を頑張るのをやめたらダメ。仕事のツラさの原因

仕事を頑張るのをやめたらダメ-2

あなたは仕事を頑張ることに疲れたと思っていませんか?

多くの40代の方たちが、仕事への熱意を失い、ただ時間を過ごしているだけになってしまっているのが現実です。

でも、本当に「頑張るのをやめる」とすべてがうまくいくのでしょうか?

  • がんばるのをやめるとすべてうまくいくはウソ
  • やめるのは頑張ることではなくて、仕事
  • 仕事を辞めると言ってもいろいろある
  • 頑張るのをやめることと人生のリスクの関係
  • 頑張ることに疲れた仕事の見直し
  • 頑張るのをやめられない人の特徴
  • 仕事を頑張ることの真の意味

がんばるのをやめるとすべてうまくいくはウソ

たとえば、インターネット上には

  • がんばらなくてもうまくいく方法
  • 頑張ることをやめよう
  • 頑張ることやめて楽しもう

などがたくさん紹介されています。

それらの記事で書かれてることは、

  • 頑張っても仕事が増えるだけ、意味がない
  • 頑張っても出世しない、給料は増えない、無駄
  • 自分だけ頑張るのはバカバカしい
  • 頑張ることが目的になってる
  • 頑張っても最後は追い出される
  • 強迫観念になってるだけ
  • 体を壊してしまう
  • 家族やプライベートが犠牲になってる

などの理由から、頑張らずに適当にやりましょう、もらえるお金の分だけやればいい、と書かれています。

たしかに、頑張っても頑張ってもむくわれない・・・ってことはよくあります。ストレスまみれになって体を壊してしまうかもしれません。

他の人はサボっていて、自分だけ頑張ってるようにみえて、バカバカしくなってしまうこともよくあることです。

だからといって、手を抜いた仕事をしてもいいのでしょうか。

一見すると、ストレスも無くなり、プレッシャーとか強迫観念もなくなって、とても快適な会社生活をおくれるような気がするはずです。

しかし、実際には一時的な解決策に過ぎません。

手を抜いた仕事、適当な仕事をすることで、精神的にはとても楽になりますが、その先はどうなるのか、この記事を読むのを辞めてちょっと考えてみてもらえますか?

当然ですが、今まで頑張ってきたあなたが仕事を手抜きするようになれば、だれからもはっきりとわかるはずです。

あなたの上司や社長からもそのように見られるわけです。当たり前ですが、昇進はなくなります。定年まで今のままで行けばいいですが、左遷とか窓際に追いやられる可能性もあります。

給料も今のまま、ボーナスも徐々に減らされ、退職金だってわかりませんよね。

さらにそのあとはどうなるでしょう?

あなたが65歳になって定年になったとき、それまでの会社生活を振り返ってることを想像してみてください。

やりがいもなく、手を抜いた仕事で、部下や同僚、上司からは軽く見られていた会社生活です。

おそらく何の記憶も残っていないのではないでしょうか。

さらにそれから平均寿命の81歳くらいまでには20年もあります。どうやって暮らしていきましょう?

おなじように頑張ることをせず、その日暮らしで楽なことや簡単なことを手を抜きながら最期まで暮らしていけますか?

わたしならそんな生活はまっぴらごめんです。

やめるのは頑張ることではなくて、仕事

では、何がいけなかったのでしょうか?

仕事を頑張るのが嫌だから、頑張るのをやめたからでしょうか?

そうじゃないとわたしは思います。

間違えてしまったのは、頑張るのが嫌だと思ってしまう仕事を選んでしまったことではないでしょうか。

その仕事が嫌い、嫌だ、やりたくない、と思ってるのに、頑張るのは愚の骨頂です。それこそ、ストレスまみれになって体を壊してしまったり、メンタルがイカれてしまいます。

やりたくもない仕事を頑張るのは、わたしも反対です。そんな仕事やるべきではなくて、がんばるのをやめるのは大正解です。

そうじゃなくて、そもそもそんな仕事をやるべきではないんです。

そもそも、人間には1日は24時間、1年は365日、平均寿命は81歳という枠が決められています。

そのなかで仕事をしている時間は、1日8時間だとすると、人生の約3分の1に当たるわけです。

定年までにあと20年間仕事できるとして、約6年分くらいは仕事をしてるわけです。

6年も頑張らない適当な仕事をしていてもいいのでしょうか?

そこには達成感もなければ、充実感もないです。そもそもそんな6年間、めっちゃもったいないとおもいませんか?

そのもったいなさを解消するには、やりたくもない仕事を、頑張ってできる仕事に変えることです。

頑張るのをやめるのではなくて、今の仕事をやめることです。

仕事を辞めると言ってもいろいろある

ただ、やめると言ってもいろいろあります。

文字通り転職したり、起業したりする以外にも、今の仕事を別な角度から見つめ直したり、目標を変えるなど、今やってることの意味を変えるという方法もあります。

本当に大切なのは、あなた自身が仕事にどのような意味を見出し、どのように取り組むかということです。

なんでも頑張ることの裏には、ツラいとか苦しいとか、きつい、などがあります。

でもそれを乗り越えることで、楽しさ、面白さ、幸せも2倍、3倍になるわけです。むしろ、苦しいことがなければ達成感もなければ満足感も得られるわけがないです。

頑張るのを辞めて適当に仕事をこなしてるだけでは、絶対に幸せにはなれません。

ぜひ、今の仕事を見直して、頑張るのをやめるだけでなく、今の仕事の状態を改善していきましょう。

頑張るのをやめることと人生のリスクの関係

頑張るのをやめることには、リスクもあります。

仕事に追われる日々、ふと「もっと楽に生きたい」と思うことは、誰にでもあることです。

でも、頑張るのをやめると、自分自身の成長の機会を手放していることにもなるんです。

人は、新しいことに挑戦し、それを乗り越えたときにこそ、成長できます。それは、スポーツの世界を見れば一目瞭然です。

大谷選手だって、はじめから160キロのボールを投げるなんてできなかったわけです。

厳しくてツラい練習を繰り返すことで、人々の心を魅了するボールを投げ、ホームランを打つことができるようになったんです。

ドラマ『下剋上野球』とか『ROOKIES』、『スラムダンク』など、ドラマチックに描かれていますが、じつはどのスポーツマンでも多かれ少なかれおなじような経験をしているんです。

苦しいことから逃げてしまったら、一流のプロになれません。なので、苦しいことから逃げるのは、自らチャンスを放棄してしまってるのと同じことなんです。

さらに、仕事での成果が出なくなると、それは収入減にもつながります。

それによって、あなたの生活はどう変わるでしょうか?家族との時間、趣味への投資、将来への備え…。頑張るのをやめたことで、大切なものが失われるかもしれません。

頑張ることをやめるという選択は、時には必要かもしれませんが、その影響をじっくり考えて、慎重に決めることが大切です。

頑張ることに疲れた仕事の見直し

あなたは今、仕事に疲れを感じているかもしれませんね。でも、一歩立ち止まって、その仕事を見直してみましょう。

頑張ることに疲れたと感じるとき、それは仕事そのものが原因なのか、それともその仕事の取り組み方が原因なのか、冷静に考える必要があります。

仕事内容を変える必要があるのか、それともあなたの働き方を変えることで解決できるのか、しっかり見極めましょう。

たとえば、仕事の量が多すぎる、スキルに合っていない、やりがいを感じられない…。これらは仕事内容の問題かもしれません。

一方で、完璧を求めすぎている、自分一人で抱え込みすぎている、休息を取らない…。これらはあなたの働き方に問題があるかもしれません。

仕事を見直すことは、あなたの人生をよりよくするための大切な一歩。

どんな仕事も、あなたの幸せのための手段であるべきです。無理をしてはいけません。

もっと自分に合った方法で、仕事と向き合ってみませんか?そうすれば、もしかしたら、仕事の楽しさを再発見できるかもしれませんよ。

頑張るのをやめられない人の特徴

逆に、頑張るのをやめられない人もいます。

あなたのまわりにも、いつも一生懸命、休む間もなく働いている人がいませんか?そういった人たちは、しばしば以下のような特徴を持っています。

まず、自分に厳しいです。完璧を求め、少しのミスも許せない傾向があります。また、他人からの評価を非常に気にします。周りの人たちに認められたい、頼りにされたいという思いが強いんですね。

それから、責任感が強いです。任された仕事に対して、最後まで責任を持ってやり遂げようとします。これは素晴らしいことですが、時には自分の限界を超えてしまうこともあります。

このような人は、自分の価値を仕事の成果で測っていることが多いのです。

でも、時には息抜きも大切。自分を労る時間を持つことも、長期的に見れば仕事の成果につながります。

仕事を頑張ることの真の意味

では、仕事を頑張ることの真の意味は何でしょうか?

仕事を頑張るとは、単に長時間働くことや、忙しいことだけを指すわけではありません。大切なのは、その仕事によって、どれだけ多くの人を幸せにできているのか?ということです。

仕事を頑張る真の意味は、自分のために頑張るのではなくて、他人のために頑張るということです。

たとえば、自分のスキルを向上させることで、チームのためになり、お客様が満足するわけです。

頑張って頑張って仕事をした時に、自分が嬉しいのはもちろんです。でもそれだけじゃ独りよがりの満足でしか無いです。すぐに飽きてしまいます。

でも、頑張って仕事をした時に、目の前にいた人が笑顔になったらどうでしょうか。

きっと、自分が嬉しいと思う時の何倍も、嬉しくて、満足感があるはずです。

頑張るっていうのは、そういうことです。

たとえば、ゲームを思い出してみてください。ひとりきりでやっているときよりも、何人も集まってやったときのほうがうれしくありませんでしたか?

スポーツだっておなじです。

相撲とか柔道、卓球など個人種目の競技でも、仲間がいますよね。その仲間がいっしょに喜んでくれると、喜びも何十倍になります。

たとえば、相撲部屋に所属していない力士、そんな力士はいませんが、もしもいたとして優勝したらどうでしょうか。観客は喜んでくれますが、仲間がいなかったら寂しいですよね。

なので、頑張るってことは自分のために頑張るのではなくて、どれだけ多くの人を笑顔にできるのか?っていうことなんです。

仕事に対する取り組み方、見方をもう一度見直すことで、あなたのこれからの人生が的確に変わってくるはずです。

スポンサーリンク

仕事を頑張るのをやめたらダメ。正しい頑張り方の見つけ方

仕事を頑張るのをやめたらダメ-3

仕事を頑張ることは、自己成長につながり、より良い人生を送るために重要です。ただ、頑張り方には「正しいアプローチ」が必要です。

まず、自分の得意なこと、情熱を感じることに注力することが大切です。

仕事で成功を収めるためには、自分の強みを活かし、それに関連するスキルを伸ばす努力が必要です。

また、バランスも重要。仕事だけでなく、家族や趣味の時間も大切にすることで、仕事の効率も上がります。

そして、目標設定。短期的なものから長期的なものまで、明確な目標を持つことで、日々の仕事に対するモチベーションを保つことができます。

正しいアプローチで仕事を頑張ることは、あなたのキャリアを充実させ、より満足のいく生活へと導いてくれます。

  • 「仕事を頑張らなくてもうまくいく」スピリチュアルの誤解
  • 仕事適度に頑張るのはダメな理由
  • 頑張ることをやめた方がいいと書かれてる本の限界
  • 頑張るのが嫌になった理由と解決策
  • 辞めるために頑張るの意味と効果
  • 頑張ることの重要性を再評価する
  • 仕事を変えるべきか、頑張り方を変えるべきか
  • 自己実現のための適切な頑張り方
  • 頑張ることの心理的健康への影響
  • 頑張ることとストレス管理の関係
  • 自己成長のための頑張り方
  • 頑張ることの仕事満足度への影響

「仕事を頑張らなくてもうまくいく」スピリチュアルの誤解

仕事を頑張らなくてもうまくいくというスピリチュアルな考え方も広まっています。

「引き寄せ」「願えば叶う」「思ったとおりになる」といった甘い言葉です。

ですが、これには大きな誤解があります。

確かにスピリチュアルなアプローチによって、内面の平和や自己受容を促進することができます。

マインドフルネスとか瞑想といったものです。

そういった方法により、幸せへの道や成功方法を明確にして、「思考は現実化する」ことができます。

でも、「目標も計画もなしに、成功はありえない」とも、ナポレオン・ヒル氏は語っています。

どういうことかというと、目標を明確化して、そこに至る道もはっきりさせることで、願いは叶うということなんです。

つまり、自分自身を理解し、心の状態を整えることで、仕事を含む人生全般に良い影響をもたらそうとする考え方です。

当たり前ですが、これを誤解して、「何も努力しなくてもすべてがうまくいく」と解釈するのは大間違いなんです。

自己成長や目標達成のためには、適切な努力と取り組みが必要不可欠です。

スピリチュアルな考え方は、心の健康を保ち、ポジティブな思考を持つことに役立ちますが、それだけで物事が進むわけではありません。あなたの努力や行動が、結果を生み出すのです。

このように、仕事を頑張ることとスピリチュアルなアプローチは、互いに補完しあう関係にあるのです。心の平和を保ちながら、適切に仕事に取り組むバランスを見つけることが大切です。

仕事を適度に頑張るのはダメな理由

正しい頑張り方は、100%の全力で頑張ることです。

でも、多くのサイトでは、「適度に頑張ることが大切」だと書かれています。

「適度に頑張ろう」って言われると、聞こえはいいですよね。

でも、実はこれ、仕事に対する誤ったアプローチなんです。なぜかというと、適度というのは、実はあなたの可能性を制限してしまうからです。

仕事をただ「適度に」やると、自分の能力の限界がわかりません。

そうすると、絶対に成長できないんです。成長できなければ、給料も地位も何もかも今のままだったり、下がるだけです。

これはかんがえてもらうとすぐにわかります。

70%の力で仕事を繰り返していたら、100%の限界は同じままです。

でも、100%の力を常にぶつけていたら、いつか105%の力を出すことができるようになります。

それは100%が100%ではなくなるからです。100%が95%くらいになるわけです。そうなると、95%からもうちょっと頑張れば97%とか98%になっていきます。

そうなったら、最初から見ると105%くらいにはなっていますよね。だから、100%の全力でぶつかることがとても大切なんです。

これは、誰もが経験しています。あなたも経験しています。

小学校の掛け算をおもいだしてみてもらえますか?

1の段から始まって、2の段、3の段と進んだはずです。そして、4の段と進んだそのときの100%は、4の段だったはずです。5の段も6の段もできなかったはず、つまり150%くらいのレベルです。

でも、今はどうでしょうか?九九は全部言えるでしょうし、もっと高度な数学の知識もあるはずです。

4の段から見ると、1,000%とか10,000%の能力になってるいるんです。それは、100%を繰り返してきたからレベルアップできたんです。仕事もおなじです。

ですから、仕事においては「全力を尽くす」という姿勢が大切です。

もちろん、休息やプライベートの時間も大切にするバランス感覚は必要ですが、仕事に取り組むときは、自分の力を最大限に発揮することが、自己成長にもつながるんですよ。

頑張ることをやめた方がいいと書かれてる本の限界

さて、「頑張ることをやめた方がいい」と書かれた本を読んだことはありますか?

こういう本は、たしかに心の負担を軽くする助けにはなります。でも、この種の本にはある限界があるんです。

これらの本は、しばしば仕事における頑張り方を見直すことを勧めます。

しかし、これはあくまで一時的な解決策に過ぎません。

なぜなら、本質的な問題解決には至らないからです。仕事のストレスや挑戦から逃避することは、一時的には楽になるかもしれませんが、長期的には自己成長の機会を逃すことになります。

たとえば、あかちゃんのころからすべてがんばらなければどうなりますか?おとなになってもおきあがれないはずです。せいぜいはいはいどまりですよね。

「極端だよ」といわれるかもしれませんが、そういうことなんです。苦しいこと、ツラいことを経験しない限り、幸せは手に入りません。

だから、これらの本を読むときは、あくまでも一つの視点として受け止め、自分の仕事やキャリアにどう活かせるかを考えることが大切です。

そして、自分自身で問題に向き合い、解決策を見つける努力も必要です。そうすることで、より充実した仕事生活を送ることができますよ

頑張るのが嫌になった理由と解決策

では、頑張るのが嫌になった理由はどういうものなのでしょうか?

多くの場合、仕事を頑張ることが嫌になるのは、報われない感じがするからです。

長時間働いても、期待される結果が出なかったり、認められなかったりすると、頑張る意欲を失いがちです。また、自分の仕事が無意味に感じることも、頑張る気持ちを削ぐ原因になります。

そもそも、いくら頑張って働いてもお金をもらうことができなかったら、頑張るのを辞めてしまいますよね。

頑張ってもリターンを得ることができないと思ってしまったら、嫌になってしまうわけです。

そうなったときの解決策は、まずは自分の目標を明確にすることです。

何のために仕事をしているのか、何を成し遂げたいのかを考えると、頑張る理由が見えてきます。

たとえば、

  • 頑張ることで出世をしたい
  • 給料をアップさせたい
  • 上司に認められたい
  • 早く帰宅して家族サービスをしたい
  • 多くの人を笑顔にしたい

など、目標を明確化することです。

これは、ミッションと言ってもいいです。この仕事をすることで何を成し遂げたいのか、もっと言えば、人生の目標・ミッションを考えることです。

何のために生きているのか?ということですね。

そうやって仕事をする意味をたった一つに絞ることで、再び頑張れるようになります。

関連:人生のミッションとは

そして、小さな成功を積み重ねることも大切です。小さな目標を達成することで、自己効力感が高まり、やる気が再燃します。

頑張ることは、自分自身の成長に繋がります。だから、仕事に対するアプローチを少し変えてみるだけで、また違ったやりがいを感じられるかもしれませんよ。

辞めるために頑張るの意味と効果

辞めるために頑張るというのもアリです。

この考え方は、一見矛盾しているように思えますが、実は非常に合理的なアプローチです。

辞めるために頑張るとは、現在の職場やポジションにおいて最善を尽くし、次のステップへの準備を整えることを意味します。

このプロセスを通じて、自己のスキルアップやキャリア開発に役立てることができます。

これは会社をやめるだけの話ではないです。

ただ会社をやめてしまえば、おそらく今の会社よりもレベルダウンするはずです。

でもレベルアップしたいなら、今の会社にいる間にスキルアップや資格をとったり、色々なチャレンジが必要です。

辞めるために頑張るというのはそういう意味です。

さらに、今の仕事に全力を尽くすことで、新しい仕事を探す際の強力なアピールポイントになります。

たとえば、転職面接で「前の職場ではこれこれの成果を上げました」と具体的に語ることができれば、あなたの価値を高めることができます。

辞めるために頑張るというのは、自分の将来に投資することなんです。今、この瞬間に最善を尽くすことで、あなたの将来はより明るいものになるでしょう。

頑張ることの重要性を再評価する

頑張ることの重要性をもう一度見つめ直してみることをおすすめします。

頑張ることの大切さって、時に忘れがちですよね。

特に、毎日同じことの繰り返しで、何のために頑張っているのか、その意味を見失いがちです。

でも、ここで大切なのは、頑張ること自体が、あなたの成長に直結しているという点です。頑張ることで、新しいスキルを習得したり、自己成長を感じたりすることができます。

頑張ることは、自分の限界を超えていく過程です。

その過程で得られる達成感や、自分自身の可能性を引き出す喜びは、計り知れません。

とはいえ、頑張るってことはとてもつらかったり、苦しかったりするんです。

それを感じないようにするためには、誰のために頑張るのかを考えることです。

あなたは今の仕事、誰のためだったら頑張れますか?奥さんですか?お子さんのためですか?それとも自分自身のためですか?

そういう考え方もとても大切ですが、いちばん大切なのは、繰り返しになりますが、今の仕事によって、笑顔になる人がいるっていうことです。

その人のために頑張ることがとても大切です。

たとえば、あなたがガソリンスタンドで働いているのでしたら、そのスタンドに給油しに来た人のためにがんばることです。

仕事を頑張るのではなくて、給油しに来た人のためにがんばる、その人が笑顔になるために頑張る、と考えることがとても大切になります。

ですから、頑張ることの重要性をもう一度、心に留めておきましょう。それがあなたの人生を豊かにする一歩になるはずです。

仕事を変えるべきか、頑張り方を変えるべきか

とはいえ、あなたの今の仕事で、多くの人を笑顔にするイメージがまったくわかないときには、「仕事を変えるべきか、それとも頑張り方を変えるべきか」を考えることです。

まず、頑張れない原因は何なのかを見極めることが大切です。

もしその原因が、仕事内容や環境ではなく、あなた自身の頑張り方にあるなら、頑張り方を変えることが解決策になるでしょう。

たとえば上で説明したように、仕事の目標設定を見直したり、時間管理を改善したりすることで、仕事の進め方が効率的になり、結果として満足感を得ることができるかもしれません。

一方で、仕事の内容自体が合わない、または人間関係などの環境が原因であれば、職場を変えることも一つの選択肢です。

ただ、転職は大きな決断ですから、その前に、自分が本当に求めているものが何なのかをしっかり考えることが大切です。

いずれにしても、あなたにとって最善の道を選ぶことが大切です。そのためにも、自分自身と向き合い、考える時間を持ってくださいね。

関連:全く落ち込まない人は成功しない

自己実現のための適切な頑張り方

そもそも、あなたは何のために頑張っていますか?

あなたが仕事で何を達成したいか?をかんがえてみることです。

自己実現とは、自分の夢や目標を実現すること。これには、ただ無闇に頑張るのではなく、賢く、効率的に頑張ることが求められます。

まずは、自分の長所や短所を理解し、それを生かした仕事の進め方を考えましょう。自分の得意分野で力を発揮することで、仕事の効率は格段に上がります。

また、短所や苦手なことは、他人の力を借りたり、新しい学びを取り入れたりすることでカバーすることができます。

そして、自分自身の成長を感じるためには、目標を小分けにして、それぞれを達成するたびに自分を褒めることも大切です。

小さな成功を積み重ねることが、自己実現への道を切り開いてくれるでしょう。

頑張ることの心理的健康への影響

頑張ることは、心理的健康へも影響してきます。

頑張ることは、時にストレスになることもありますが、適度な頑張りは自信や満足感を生み出し、心理的な健康を支える重要な要素です。

自分の努力が報われたとき、達成感や充実感を得ることができるんですね。

ゲームで言えば、ラスボスの前の中ボスです。ステージクリアとか面クリアみたいなものです。

そういったゲートがあることで、心理的な健康を手に入れることができます。

ただし、頑張り過ぎは逆効果です。過度なストレスは心理的な不調を引き起こす原因になり得ます。バランスを取りながら、自分に合ったペースで頑張ることが大切です。

それには、自分自身の限界を理解し、無理なく仕事を進めること。そして、十分な休息を取り、プライベートな時間も大切にすることが必要です。

心と体のバランスを整えることで、頑張ることが心理的な健康にも良い影響を与えるでしょう。

頑張ることとストレス管理の関係

頑張ることで、ストレスを感じてしまい、メンタル的に落ち込んでしまうから、適当にしたほうがいいという人も多いです。

あなたは仕事をする上で、どのようにストレスを感じていますか?

仕事における頑張りは、時に大きなストレスとなることがあります。ですが、ストレスは必ずしも悪いものではありません。適度なストレスは、私たちを動かし、成長させる原動力にもなります。

重要なのは、ストレスをうまく管理することです。自分がストレスを感じやすい状況を知り、それを避けるようにすること。

また、ストレスが溜まったと感じたら、運動をしたり、趣味に没頭したりして発散することが大切です。

実は、体でも同じことが起きています。

筋肉をつけるにはまず筋肉を壊さないといけないですし、骨もおなじです。ストレスによって成長するわけです。

そもそも、驚いたり興奮したりした時に出てくるアドレナリンは、恐怖や刺激などのストレスによって出てくるものです。

恐怖などのストレスを感じることで、アドレナリンが出て心拍数が上がり、その恐怖から猛スピードで逃げ出すことができるんです。

火事場の馬鹿力とか、戦いの最中は痛みを感じない、といったことは、アドレナリンの影響なんです。

つまり、ストレスを感じてアドレナリンが出ないと、生命が危機にさらされても対処することができないんです。

ストレスを上手く管理して、仕事への集中力や適応力を高めて、良い結果を出すことが迚も大切です。

仕事で頑張ることと、心身の健康を守るためのストレス管理。このバランスを見極めながら、仕事に取り組んでみることです。

自己成長のための頑張り方

繰り返しになりますが、自己成長するためには、頑張ることがとても大切になります。

そもそもですが、自己成長のためには、ただ闇雲に頑張るのではなく、自分自身に合った方法で努力することが必要です。

自分の強みや弱みを知り、それを生かすか補う努力をすることが、自己成長への近道です。

たとえば、新しいスキルを身につけたい場合、独学だけでなく、セミナーやワークショップに参加してみるのも一つの方法。

また、仕事の中で小さな目標を立て、それを達成することで自信をつけることも大切です。

自己成長は一日にして成らず。長い目で見て、じっくりと自分を磨いていくことが大切です。

自分自身に合ったペースで頑張り、少しずつ自己成長を感じていきましょう。

頑張ることの仕事満足度への影響

頑張ることは、仕事満足度へもかなり影響してきます。

あなたは、仕事で頑張ることがどのように自分の仕事満足度に影響していると思いますか?

実は、適切に頑張ることは、仕事の満足度を大きく高めることができます。

仕事で成果を出すために頑張ることは、自信と達成感を生み出します。これは仕事のやりがいに直結し、自分の成長を感じられる瞬間です。

ただし、注意が必要なのは、過度なプレッシャーやストレスを伴う無理な頑張り方です。これは燃え尽きや仕事への嫌悪感を生む可能性があります。

また、そもそもですが、頑張った先にあなたが思い描いている未来があるのかどうかもとても大切になってきます。

たとえば出世とか給料、人間関係などです。

これを頑張り続ければ、出世できて、それがあなた自身の目標なら嫌にならずに頑張れるはずです。

でも、出世できるけど給料は上がらないとき、あなたの目標がお金でしたら、頑張るのは難しいですよね。

そうなったら、上司に交渉するか、転職するしか無いです。

大事なのは、自分の能力とリソースを理解し、それに見合った目標を設定すること。そして、小さな成功を積み重ねることで、仕事の満足度を高めていくのです。

仕事での頑張りは、バランスが鍵。自分自身に合ったペースで頑張り、仕事の満足度を高めていきましょう。

まとめ:仕事を頑張るのをやめたらダメ。ツラさの原因と正しい頑張り方の見つけ方

仕事を頑張るのをやめたらダメ-4

この記事のポイントをまとめます

  1. 頑張るのをやめるとすべてうまくいくはウソ
  2. 頑張るべき仕事で頑張ることが大切
  3. 頑張らないと成長も幸せな人生もない
  4. 頑張るのをやめる人生にはリスクが伴う
  5. 頑張ることに疲れた仕事は見直す必要がある
  6. 仕事を頑張る真の意味は自己成長と達成感にある
  7. 頑張ることをやめるスピリチュアルなアプローチには誤解がある
  8. 仕事を適度に頑張ることのデメリットを理解する
  9. 頑張るのが嫌になった理由と解決策を探る
  10. 頑張ることの重要性を再評価し、自己実現のための適切な方法を見つける
  11. 頑張ることとストレス管理の関係を理解する
  12. 頑張ることの仕事満足度への肯定的な影響を認める
この記事を書いた人
ミック

はじめまして、ミックです。

わたしの記事を読んでいただいてありがとうございました。すこしでも喜んでいただければ、とても嬉しいです。

システム工学、情報経営学を専攻後、何度か転職した後に、ホームセンターの店員として働いていました。

現在は50歳で、これまでの経験やこころ認定、終活ガイドなどの資格を活かして、みなさまのためになるような記事を書いていきたいとおもってます。

40代からの仕事
スポンサーリンク

\お気軽にコメントをどうぞ/