当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

伝える力を言い換えると?人生を変えるコミュニケーション術!

コミュニケーションは人生のあらゆる側面に影響を与える力強いツールです。

その中でも特に基本的なものは「伝える力」です。

伝える力を高めることは、未来への投資と言えるでしょう。

伝える力を持つことで、ビジネスの場だけでなく、人生全般においても成功しやすくなります。キャリアアップや人間関係の構築において、この力が大きな役割を果たすからです。

ただ、そのためには日々の努力と研鑽が必要です。まるで木を育てるようなもので、時間と努力をかけて育てることで、大きな木になります。

この記事を通じて、あなたが「伝える力」を新たな視点から捉え、日常生活や職場でのコミュニケーションがさらに豊かになる手助けとなることを願っています。

  1. 「伝える力」の深い意味とその核心的な要素
  2. 伝える力を言い換えると「指導力」であるという新たな視点
  3. 指導力を高めるための具体的な方法と技術
  4. 伝える力が日常生活や職場でどのように役立つかの具体的な例
スポンサーリンク

伝える力を言い換えると?ビジネスを変えるコミュニケーション術!

伝える力を言い換えると?コミュニケーション力

  • 伝える力を言い換えると「指導力」
  • 伝える力を構成する7つの能力を高める方法は?
  • クッション言葉の活用法
  • 先を見据える力とは?

伝える力を言い換えると「指導力」

伝える力を言い換えると、「指導力」になります。

指導力とは他人を導き、目標に向かってともにあるき進める能力のことです。

漫画『ワンピース』の中のルフィのような人です。一見するとただ好きなことをやってるように見えますが、結局はみんなをラフテルまで連れて行こうとしてますよね。

指導力とは単純に命令して行動させる力ではないんです。

指導力を分解すると、

  1. ビジョンの提示
  2. コミュニケーション能力
  3. 判断力と決断力
  4. 人材育成とデリゲーション
  5. 適応力と柔軟性
  6. 誠実と倫理観
  7. 自己認識と自己改善

の7つの項目になります。翌々考えてみると、ルフィはこのどれもが高水準の能力を持ってるのがわかるはずです。

伝える力も、これらの7つの能力に分解することができるわけです。

この力をビジネスの場で活かせば、例えば月間の売上目標を2倍、3倍へと引き上げることも夢ではありません。

そのために必要なのが、コミュニケーション能力の向上や、部下の意見を受け入れる柔軟性など、7つの能力が求められます。

これを理解した上で、日々の業務においても、伝える力を高める練習を積極的に行うことが重要です。

たとえば、部下とのミーティングでは、彼らの意見を積極的に取り入れ、共に成長するような関係を築くことが求められます。

関連:40代夫婦のスキンシップの取り方

伝える力を構成する7つの能力を高める方法は?

伝える力を構成する7つの能力を高める方法

前述したように、伝える力は7つの力に分けることができます。

  1. ビジョンの提示
  2. コミュニケーション能力
  3. 判断力と決断力
  4. 人材育成とデリゲーション
  5. 適応力と柔軟性
  6. 誠実と倫理観
  7. 自己認識と自己改善

それぞれを高める具体的な方法を紹介します。

「ビジョンの提示」を高めるには

ビジョンを提示する能力を高めるには、

  • 目標設定と計画策定
  • ストーリーテリング
  • フィードバック

になります。

「目標設定と計画策定」とは、長期的なビジョンを明確に定義し、それに向かって達成するための具体的な目標と計画をきめてみんなに知らせることです。

このプロセスでは、SMART原則(具体的、測定可能、達成可能、関連性があり、時間制限がある)を利用して目標を設定すると効果的です。

ストーリーテリングの技術はビジョンを効果的に伝えることにめちゃくちゃ有益です。

ストーリーテリングを習得するには、物語の基本構造(導入ー展開ークライマックスー結末など)を理解して、具体的な比喩や例をつかって、感情に訴えかける練習が必要です。

参考書籍:ストーリーで伝える

フィードバックの収集と反映をすることで、伝える力を高められます。フィードバックとは伝えた相手の反応です。

ビジョンの策定と共有のプロセスにおいて、関係者からのフィードバックを収集し、それをビジョンの改善と具体化に活かすことが重要です。

これにより、ビジョンが現実的かつ達成可能なものになります。

関連:人生ビジョンの作り方と見せ方

「コミュニケーション能力」を高めるには

コミュニケーション能力を高めるには、アクティブリスニングです。

アクティブリスニングとは、傾聴のことです。

会話をするときに、相手の話をただひたすら聞き続けるのではなく、相手が伝えたい本質的な内容や感情を汲み取り、相手がどうしてもらいたいのかを想像しながら会話することです。

関連:聞く力を高めるたった1つの方法

「判断力と決断力」を高めるには

判断力と決断力を高めるには、情報収集と経験です。

なるべく多くの情報をあつめてから、失敗を繰り返す経験によって、この2つの力を高めることができます。

参考:失敗から学ぶ

関連:判断力を鍛える方法

「人材育成力とデリゲーション」を高めるには

デリゲーションとは、部下に仕事を任せることです。

漫画『ワンピース』で、ルフィの相手はボスです。相手ボスの右腕、左腕がゾロ、サンジ、その下が他のメンバーです。しかも、海の相手はジンベエ、ネガティブ相手はウソップなど、適材適所です。

すべての相手をルフィが戦っていたら、ゾロもサンジもみんな、誰も育ちませんよね。

ビジネスもそれと同じです。部下の長所、短所を見抜いて仕事を任せていくことで、あなたはもちろん部下も育っていきます。

相手に気持ちよく仕事を任せることを繰り返していくと、伝える力も高まっていきます。

「適応力と柔軟性」を高めるには

「適応力と柔軟性」とは、変化する状況や新しい情報に対して、迅速かつ効果的に対応できる能力です。

「適応力と柔軟性」を高めるには、経験を積むことしかないです。

経験が豊富な人は、今までさまざまな状況や問題に遭遇し、それに対処する方法を学んできたため、同じようなことが起きたときに今まで以上の良い結果を得られるように動いてくれます。

もちろん、新しい情報や変化する状況に対しても、いままでのことを組み合わせたり応用して、迅速かつ効果的に対応できます。

経験を積むことで、失敗から学ぶ機会も増え、それが新しい視点やアプローチを試す勇気を与えます。

これは、特定の状況や問題に対する新しい解決策を見つけ出す能力、つまり「柔軟性」を高めるのに非常に役立ちます。

「誠実と倫理観」を高めるには

誠実性と倫理観を高めるには、心のなかにしっかりした一つの規範を作っておくことが大切です。

ルールと言ってもいいかもしれません。何か起きたときにそれに照らし合わせて行動していくことで、一定の価値観を持つことができます。

誠実性と倫理観を高める規範としては、

  • お天道様が見ている
  • 敬天愛人
  • 仁義礼智

などがあります。紙に書いて壁に貼っておき、毎日1回は見たり、言ったりすることです。

「自己認識と自己改善」を高めるには

自己認識と自己改善とは、あなたがが自分自身の強み、弱み、価値観、信念などを深く理解し(自己認識)、その上で意識的な努力を通じて自身を向上させるプロセス(自己改善)のことです。

自己認識に効果的なのは、x-mindを使った心の棚卸しとか、エニアグラムです。

自己改善にはモデリングがおすすめです。

モデリングとは、成功している人や優れた技術を持つ人の行動、思考パターン、信念体系などを観察し、それを自身に取り入れることを指します。

要はすごいと思う人を真似するわけです。

自己認識ですごい人とあなたとの違いを認識して、すごい人のマネをしていくことで、モデルとなる人の考え方にちょっとずつ近づいていけます。

クッション言葉の活用法

クッション

クッション言葉とは、言葉の緩衝材のような役割を果たす言葉のことですよね。

これを活用することで、コミュニケーションがより円滑になります。

たとえば、提案や意見を述べる際に、「もしかしたら」といったクッション言葉を用いることで、相手が受け入れやすくなるかもしれません。

その他にも、

  • ちょっとしたことなのですが
  • もしかしたら
  • 実は
  • 何となく感じるのですが
  • おそらくこれは私だけかもしれませんが

などがあります。

ただし、その使用は適切なバランスが求められます。

過度にクッション言葉を使用すると、メッセージがぼやけてしまい、逆効果になる可能性があります。

このように考えると、クッション言葉の活用は、まるで料理におけるスパイスのようなもので、適量が最良の結果をもたらします。

また、具体的な状況や例を挙げることで、読者にクッション言葉の効果的な使用法を示すことができます。

先を見据える力とは?

先を見据える力とは、未来の可能性やリスクを予測し、現在の行動を計画する力のことです。

この力を持つと、ビジネスの場での成功がより手に入りやすくなります。

たとえば、市場のトレンドを先読みし、新しい商品開発を行うことで、競合他社に先駆けて市場をリードすることが可能です。

関連:未来を変える方法

ただし、そのためには、広範な知識と洞察力が必要です。

このような力は、まるで将棋の名人のように、数手先を読む力と言えるでしょう。

そして、この力を高めるには、日々の情報収集と分析が欠かせません。

また、具体的な数字やデータを用いて、未来予測の正確さを高めることが推奨されます。

関連:断固たる決意の固め方

スポンサーリンク

伝える力を言い換えると? 人生と家庭での幸福への道

伝える力を言い換えると? 人生と家庭での幸福への道

  • 人生や家庭内でも伝える力は必要?
  • 伝えたと伝わったは違う?
  • 人に伝わる話し方は?

人生や家庭内でも伝える力は必要?

伝える力は、ビジネスだけでなく、人生や家庭においても非常に重要な要素と言えます。

ちょっと想像してもらうだけでもわかると思いますが、家庭内での円滑なコミュニケーションを保つためには、この力がゼッタイに必要です。

その際には、相手の感情や立場を考慮すること、つまり聞く力もとても重要です。

関連:聞く力が家庭円満にもっとも効く

順番は、相手の話を聞くのが先で、伝えるのがその後です。

多くの人は、夫婦になると特に自分の言いたいことだけを伝えてしまいます。お互いにそんな漢字なので、会話のキャッチボールにはならないんです。

まずは、あなたに伝えたいことがあっても、まずは何も言わずに聞くことです。

たとえば、

あなた「今度の休みのことなんだけど、予定ある?」

相手「予定ねえ・・・あれとあれが・・・」

相手の話が終わるまで待ちましょう。そして、伝えたいことがおそらく却下されると思ったら、言わないことです。

そのあたりが、結婚は忍耐の連続だと言われるひとつの要因です。

伝える力と聞く力は、まるで家庭内の調和を保つための接着剤のようなもので、家庭内の関係を強化する効果があります。

まずは家庭内がとても幸せになることで、あなたの人生も裕な幸せに包まれていきます。

伝えたと伝わったは違う?

勘違い

「伝えた」と「伝わった」は、実は大きく異なる概念ですよね。

これを理解することで、コミュニケーションの質が向上します。

どうすればいいかというと、伝えたいことをただ述べるだけでなく、相手が理解できたかどうかを確認することが重要です。

ただし、その際には、相手の反応やフィードバックを注意深く観察することが求められます。

たとえば、あなたが「今度の休みに〇〇へ行こうよ」といったときに、相手がどんな顔をするのか、どんな目の動きをするのか、なんと言い出すのかに集中することです。

このようなスキルは、まるで芸術家が作品を創り出すプロセスのようなもので、感受性と洞察力が求められます。

そして、この力を高めるには、日々のコミュニケーションを通じて、相手の反応を読む力を鍛えることが重要です。

人に伝わる話し方は?

話したことが伝わるかどうかも、コミュニケーションの質を大きく左右します。

人によく伝わる話し方は、まるで音楽のように、リズムや調和が重要となります。

たとえば、途中で間をおいたり、別な話しを少し挟んだりして、話し方に変化をつけることで、聞き手の興味を引きつけることができます。

またそういったテクニックも大切ですが、ここでもやはりストーリーテリングが大切になります。

始めに落ちを言ってしまったら漫才や落語になりませんよね。

「この間大変なことが起きたんだ」

という枕詞を言えばいいのに、「この間、道にできた穴に落っこちたんだ」と始めに言ってしまうと、相手の興味がなくなります。

相手の興味をぐっとこちらに引き寄せて話をすること、そして、相手の反応を見ながら、話し方を調整することが大切です。

参考:口下手のままでも伝わる話し方

人の興味を引き付けながら話せる能力は、まるで指揮者がオーケストラを指揮するようなもので、多くの要素を同時にコントロールしながら行うものです。

明石家さんまさんみたいな感じですね。

関連:明石家さんまにならう相づち

明石家さんまさんのような相づちの力を高めるには、日常の会話を通じて、ちょっとずつ練習する努力が必要です。

まとめ: 伝える力を言い換えると未来への投資

記事のポイントをまとめます。

  • 日々のコミュニケーションを通じて相手の反応を読む力を鍛える
  • 人によく伝わる話し方はリズムや調和が重要
  • 話し方に変化をつけることで聞き手の興味を引きつける
  • ストーリーテリングの技術がコミュニケーションの質を高める
  • 話を始める際には興味を引く枕詞を使用する
  • 相手の反応を見ながら話し方を調整することが重要
  • 伝える力と聞く力は家庭内の調和を保つ接着剤のようなもの
  • 「伝えた」と「伝わった」は異なる概念であり、その理解がコミュニケーションの質を向上させる
  • 相手の反応やフィードバックを注意深く観察することが重要
  • 伝える力はビジネスマンにとって必須なスキルであり、プロジェクトの進行をスムーズにする
  • 自分の考えを伝える際には具体的なデータや事例を用いることで説得力を高める
  • 伝える力を構成する7つの能力はビジョンの提示、コミュニケーション能力、判断力と決断力、人材育成とデリゲーション、適応力と柔軟性、誠実と倫理観、自己認識と自己改善
この記事を書いた人
アバター画像

はじめまして、ミックです。

わたしの記事を読んでいただいてありがとうございました。すこしでも喜んでいただければ、とても嬉しいです。

わたしは神奈川県在住の50歳で、システム工学、情報経営学を専攻後、何度か転職した後に、ホームセンターの店員として働いていました。

3年前に、とし編集長からブログの作り方を教わり、そのままライターとして参加させてもらっています。

座右の銘は「思考は現実化する」です。

40代からの人間関係
スポンサーリンク



40's Exchange

コメント