当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

顔を見るのも嫌な人の対処法。理由はいいからまずブロックしよう!

顔を見るのも嫌な人の対処法-1

あなたの職場で、

  • 顔を見るのも嫌な人
  • 話したくもない人
  • 声を聞くだけでイライラする人

いますよね?

そういう人にどう対処していけば良いのか、困っちゃいますよね。だって、考えただけでも気分が悪くなるから。

そこで、顔を見るのも嫌な人への対処法や、顔を見るだけでストレスを感じる職場環境、声を聞くのも嫌な人との上手な付き合い方について解説します。

この記事を読めば、嫌いな人への接し方が変わり、職場での日々が少しでも楽になります。

この記事でわかること

  • 顔を見るのも嫌な人はだれにでもいる
  • 顔を見るのも嫌な人を変えようとしても無駄
  • 会社内の全員を好きになることは不可能
  • 職場で嫌な人にイライラしないための具体的な対処法
スポンサーリンク

顔を見るのも嫌な人の対処法。なぜ嫌なのか?

顔を見るのも嫌な人の対処法-2

  • 誰にでも好きな人と嫌いな人がいる
  • きらいな人が変わるのを期待してもムダ
  • 社内の人を全員好きになるのは不可能
  • 職場で苦手な人の傾向を知る
  • 嫌いな人へのその接し方が間違ってる
  • 職場で顔を見るだけでストレスを感じる?
  • 職場で声を聞くのも嫌な人って絶対にいる
  • 死ぬほど嫌いな人と接する必要は?
  • ムカつくときの対処法は忘れること

誰にでも好きな人と嫌いな人がいる

わたしたちは日々、多くの人と関わりを持ちます。

そして、自然と好きな人や嫌いな人が出てくるものです。

なので、会社に嫌な人とか苦手な人がいるのは、当たり前のことなんです。

転職サービスのスタッフサービスといいう会社の公式サイトには、1526人に聞いた「職場に苦手な人がいますか?」というアンケート結果が載っていました。

苦手な人

(引用:スタッフサービス

実に、75%の人に苦手な人がいるということなんです。

もちろん、上司だけでなく同僚や後輩にも苦手な人がいると答えています。

この感情の背景にはさまざまな理由があります。

例えば、性格の不一致、価値観の違い、あるいは過去のある出来事によるものなど、人間関係に影響を与える要因は多岐にわたります。

また、人の感情は複雑であり、同じ人でも状況や時間によって好き嫌いが変わることもあります。

そのため、誰かを好きになることも、嫌いになることも、私たちの日常生活において自然なことなのです。

好きな人とは一緒にいたいし、好きなひとの顔を見たり言葉を聞くと、心がウキウキワクワクしてきます。

逆に、きらいな人とは一緒にいたくないし、声を聞いても顔を見ても、イライラしてきます。

それは世界中の誰でも同じ事で、人間の本能なんです。

きらいな人が変わるのを期待してもムダ

顔を見るのも嫌な人の対処法-3

職場に嫌いな人がいると、イライラしたり怒りの気持ちが湧いてきますよね。

実は、その気持ちの裏側には、相手に自分好みに変わってもらいたいという願望とか期待があるんです。

「そんなことないよ」と思われるかもしれませんが、あなたの心の中で、

  • なんでそんな事を言うの
  • なんでできないの
  • なんでいちいち言ってくるの

とイライラして思ってるという裏側には、何も言わないでほしいとか、もっと丁寧に行ってもらいたいとか、ちゃんとやってくれよ、と思ってるわけです。

つまり、相手にあなたが思ってるように変わってもらいたいわけです。

でも、人はそう簡単には変わりません。

これこれこういう理由だから、こう変わってくれとか、こうした方が良いよとはっきり言葉に出して言っても、人ってほとんど変われません。

なので、あなたがココロの中で思っていても、きらいな人は嫌いな行動をずっと続けていくんです。

なので、嫌いな人が自分の期待通りに変わることを願うのは、実は非常に難しいことです。

そう思うこと自体がムダなので、きらいな人は嫌いなままで良いんじゃないでしょうか。

それよりももっと楽しくて建設的なことを考えていくことをおすすめします。

社内の人を全員好きになるのは不可能

顔を見るのも嫌な人の対処法-4

さらに言えば、仕事をする上で、会社内の全員を好きになることは不可能です。

好きな人がいればきらいな人がいる、それはとても当たり前のことです。

なぜなら、人それぞれ異なる性格や価値観を持っているため、必ずしもすべての人と相性が良いわけではないからです。

例えば、一部の人とは仕事の進め方や意見の違い、コミュニケーションのスタイルの違いなどで、自然と距離を感じることがあります。

このような状況は、職場環境において非常に普通のことであり、自分自身を責める必要はありません。

これは家族でも同じです。

家族だから、同じ会社の人だから、同じクラスの人だから、といった理由で、好きになったり仲良しになる義務はありません。

好きなひととだけ関係を結んでいけば良いんです。

職場で苦手な人の傾向を知る

顔を見るのも嫌な人の対処法-5

職場で苦手な人との関わりは避けられないものですが、あなたはどういう時に特にイラッとするのかを知ることは、対処法を見つける上で役立ちます。

一般的に、コミュニケーションの取り方が原因で苦手意識を持つことが多いです。

たとえば、自己主張が強すぎる人、約束を守らない人、否定的な発言を繰り返す人などがその例です。

また、業務上の責任を他人に押し付けるような行動も、多くの人が苦手と感じるポイントです。

これらの傾向を理解し、適切な距離感を保つことで、イライラを最小限に抑えることが可能です。

あの人は、ああだからイラッとするんだ、と思っていれば、それほど苦にはならなくなるはずです。

嫌いな人へのその接し方が間違ってる

顔を見るのも嫌な人の対処法-6

そもそもですが、今のあなたのきらいな人への接し方が間違ってるんです。

その人について考えれば考えるほど、好きなひとはもっと好きに、きらいな人はもっと嫌いになります。

どんどん上書きされていくということですね。

あなたも経験があると思います。

始めはちょっとイラッとしただけなのに、それが重なっていくとイライラが増したり、過去の出来事を思い出して腹を立てたりするようになりますよね。

その結果、どんどん嫌いになっていくのではないでしょうか。

重要なのは、嫌いな人を考えないことです。

嫌いな人の存在に意識を向けすぎず、自分の目の前のタスクや好きなことに集中することが効果的です。

また、嫌いな人を考えることが減っていくと、記憶自体も薄くなっていって、どうでも良くなっていきます。

だからといって気軽に接すると、ふたたびイラッとしてきますので、一度決めたら関わり合いにならないことが大切です。

職場で顔を見るだけでストレスを感じる?

顔を見るのも嫌な人の対処法-7

同じように、職場で特定の人の顔を見るだけでストレスを感じる現象は、記憶の相乗効果によって引き起こされます。

これは、過去にその人との間に起きた不快な出来事や交流が、顔を見るだけでその記憶を呼び覚まし、ストレス反応を引き起こすことを意味します。

このような場合、その人を見ないことでストレスを軽減することができます。

人の目はとても優秀で、見ようと思わなければ見えないものです。

心理学のカクテルパーティ効果みたいなものです。

カクテルパーティー効果は、

カクテルパーティー効果とは、音声の選択的聴取のことで、選択的注意の代表例である。1953年に心理学者のコリン・チェリー (Cherry) によって提唱された。カクテルパーティー現象ともいう。 カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、自分の名前などは、自然と聞き取ることができる。~以下略~(引用:ウィキペディア

簡単に言えば、人混みの中でざわざわしていても、自分の名前を好きなひとに呼ばれたら気づくというようなものです。

気にすれば気にするほど、きらいな人の顔に目が言ってしまうので、どんどん嫌な気持ちになってしまうんです。

結局それが重なっていって、ココロの中に嫌な気分になるスイッチになってしまいます、

職場で声を聞くのも嫌な人って絶対にいる

顔を見るのも嫌な人の対処法-8

職場には、その声を聞くだけで不快感を覚える人もいます。

これは、その人の声や話し方が過去のネガティブな出来事や感情と強く結びついているために起こります。

けっしてその声が嫌だとか耳障りだとか、という理由ではないです。

例えば、過去にその人から受けた批判や、不快なフィードバックが、その人の声を聞く度に思い出されるのです。

このような状況では、可能であればその人との直接のコミュニケーションを避け、書面やメールでのやり取りを優先させることが有効です。

しかし、仕事上避けられない場合もあるため、その際は自分の感情をコントロールし、客観的に対応する技術を身につけることが大切です。

感情に流されず、業務を効率的に遂行することで、職場でのストレスを軽減できます。

死ぬほど嫌いな人と接する必要は?

顔を見るのも嫌な人の対処法-9

職場で死ぬほど嫌いな人がいる場合、その人と積極的に関わる必要はあるのでしょうか?

ここをよく考えてもらいたいです。

何かを伝えるときに、誰かを介して伝えることはできないですか?

何かを聞いたりお願いするときには、仲介してくれる人を探せないですか?

嫌いな気持ちは変えられないので、できるだけ接することを避けようとする努力が必要です。

それをすることで、1時間に1回嫌な思いをしていたのが、1日に1回に減れば、あなたの健康にはすごい良い影響が出てくるはずです。

あなたは嫌な思いをするために会社に行ったり、生活してるんじゃないです。

もっと言えば、あなたは面白いこと、楽しいこと、嬉しくなることをするために生きているんです。

嫌なことを無理やり捺せられるためではないです。

そのところをもう一度よく覚えておいてください。

ムカつくときの対処法は忘れること

顔を見るのも嫌な人の対処法-10

職場でイライラする出来事や人物に直面したとき、その感情に対処する最も効果的な方法は、その場の出来事を忘れ、強いリアクションを示さないことです。

イライラが生じた瞬間に深呼吸をして、注意を別のことに向けてすぐに忘れるといった簡単なリラクゼーション技術を利用できます。

また、感情的な反応を抑えるためには、一時的にその場を離れるのも有効な手段です。

もしその状況や人物との接触が避けられない場合は、自分の感情をコントロールするための方法を見つけることが大切です。

例えば、ストレスを感じたときには日記を書く、信頼できる同僚や友人に話を聞いてもらうなど、ポジティブなアウトレットを見つけることが推奨されます。

このようにして、感情的な反応を最小限に抑えることが、楽しい会社生活を送るための秘訣になります。

スポンサーリンク

顔を見るのも嫌な人の対処法を具体的に

顔を見るのも嫌な人の対処法-11

嫌な人とは関わり合いにならなくても良い、誰にでもきらいな人はかならずいる、ということを理解してもらえたと思います。

つぎに、その顔を見るのも嫌な人とと接しないための、具体的な方法を見ていきます。

具体的には、次の項目になります。

  • 会わない、近づかない
  • 目を見て話さない
  • 最低限の返事で終わらす
  • 敬語を使う
  • 1対1で会わない
  • 記憶から消去する
  • 文句を言われたらはっきりときらいだと言う
  • 職場の嫌な奴を撃退してはダメ
  • 上司に何か言われたらはっきり言う
  • 家族でも同じ。なるべく関わり合いにならないこと

会わない、近づかない

まず一番大事なことは、可能な限り、

会わない、近づかない

といことです。

姿を見かけたら逃げてもいいです。顔を背けてもいいです。何をしてもいいので、その人から離れましょう。

嫌な人を避けるためにいろいろな方法がある中で、最も有効な対策の一つが、物理的にその人と距離を置くことです。

実際に距離を置くことで、不快な感情や不要な衝突を避けることができます。

顔を見たり、声を聞いたり、話をしなければ、嫌な気持ちにはなりません。

まずは、嫌な人をあなたの目の中から消すことです。それがいちばん大切なことです。

とはいえ、会議だとか、チームでの仕事だとか、どうしても接点ができてしまう場合があります。

そういったときには、あなたの心に武器と防具をつけましょう。

具体的には、

  • 目を見て話さない
  • 最低限の返事で終わらす
  • 敬語を使う
  • 1対1で会わない
  • 記憶から消去する
  • 文句を言われたらはっきりときらいだと言う

になります。

目を見て話さない

顔を見るのも嫌な人の対処法-13

人と会話する際、目を見て話すことは信頼感やコミュニケーションの質を高めると言われますが、嫌いな人とのコミュニケーションでは逆効果になります。

相手の目を直接見ることで感情が高ぶったり、不快感が増したりしてしまうんです。

なので、意識的に目を見て話さない事が大事です。

これは、自分の感情を守るための防具といえます。

会話中には相手の顔ではなく、手元や会話の内容に関連する物に目を向けるなど、視線をうまくコントロールすることがポイントです。

たとえあなたの態度が不適切に解釈されてもいいです。

嫌いだってわかってもらえれば、なお良いです。

きらいだとわかれば二度と相手から近寄ってこないからです。

相手に気を使う必要はないです。あなたは相手を嫌いだから。

「なんで見てくれないんですか?」と聞かれたら、「すみません。あなたのことが苦手なので」などと答えておきましょう。

最低限の返事で終わらす

顔を見るのも嫌な人の対処法-12

嫌いな人とのコミュニケーションを極力減らす一つの方法として、会話を最低限の返事で終わらせることがあります。

これは、不要なやり取りを避け、関係をさらに悪化させるリスクを低減させる効果的な対策です。

例えば、相手からの質問やコメントに対しては、「はい」「いいえ」「わかりました」など、簡潔に返答することを心掛けます。

決して反論してはいけません。

反論すると答えが帰ってきて、それに対して再び答えないといけないからです。

嫌いな相手をロボットだと思って、対処して話をしていきましょう。

敬語を使う

顔を見るのも嫌な人の対処法-14

嫌いな人とのコミュニケーションにおいて、敬語を使うことは非常に有効な戦略です。

敬語を用いることで、相手との間に一定の距離を保ちつつ、尊敬と礼儀を示すことが可能になります。

これは、感情的な対立を避けるためのバリアとして機能し、職場などの公的な場では特に重要です。

また、敬語を使うことで、自分自身も冷静さを保つことができ、不快感を感じることなくコミュニケーションを取ることが可能になります。

あなたもまわりの会話を聞いているとわかるはずです。

敬語を使って話をしていると、距離があると感じませんか?

「これ、たのむよ」「はい、はい」という会話よりも、「これ、お願いします」「わかりました」のほうが、距離感があって他人行儀ですよね。

敬語を使うことで、尊重と距離感を保ちながら、より円滑な人間関係を築くことが期待できます。

1対1で会わない

顔を見るのも嫌な人の対処法-15

嫌いな人との直接的な接触を避けるために、1対1で会わないことは有効な手段です。

これは、不快なやり取りを最小限に抑え、不要なストレスから自身を守るための方法です。

職場や社会的な場では、必ずしも避けられない場面もあるため、グループでの活動を選ぶ、または第三者を交えるなどして、直接的な接触を回避する工夫が求められます。

この対処法は、相手との間に生じる可能性のある衝突を防ぎ、自身の精神的な負担を軽減させます。

可能な限り、3人以上で会話をすることを心がけることで、あなたの負担は減ります。

記憶から消去する

瞑想

上述しましたが、毎日毎時間「嫌い」「嫌い」と思えば思うほど、嫌いの度合いが深くなっていきます。

逆に、1週間に1回ほどしか考えなければ、その事を考える回数は激減していきます。

人は忘れる動物だからです。

嫌いな人に関するネガティブな記憶や感情は、長期にわたってくりかえされると、心理的な負担となります。

長期的に繰り返さないことで「記憶から消去する」という方法は、その影響を軽減し、ポジティブな精神状態を保つために役立ちます。

具体的には、禅とかマインドフルネス、セドナメソッドをおすすめします。

簡単にやり方を説明します。

  1. 目を閉じて座る
  2. 呼吸に意識を集中する
  3. 眼の前に川が流れてることを想像する
  4. 右手から船が流れてくる
  5. その船に嫌いな人を乗せる
  6. 左手に流れていって見えなくなる

これを繰り返します。

または、

  1. 目を閉じて座る
  2. 呼吸に意識を集中する
  3. 黒くて大きなゴムでできた袋を持ってると想像する
  4. その中に嫌なことや嫌いな人をいれる
  5. 頭の中の嫌なことをすべて入れたら袋の口を縛る
  6. 袋から手を離す
  7. 地面にできた深い穴の底に落ちて行ってしまう

これをくりかえすことで、嫌なことやきらいな人への気持ちは少なくなっていきます。

文句を言われたらはっきりと嫌いだと言う

嫌いだとはっきり言う

嫌いな人から文句を言われた際には、はっきりとした理由を伝えることが大切です。

この対応は、無用な誤解を避け、自身の感情や立場を明確にするために有効です。

ただ、「嫌いだから話さない」という理由を伝える際には、言葉選びに注意が必要です。

直接的すぎる表現は相手を不必要に傷つける可能性がありますから、自分の感情を尊重しつつも、相手の尊厳を守るバランスを取ることが重要です。

例えば、「価値観の違いを感じるため、積極的に関わることが難しい」と伝えることで、相手に対する敬意を保ちつつ、自分の境界を守ることができます。

このような対応は、将来的な対立や摩擦を防ぐためにも役立ちます。

職場の嫌な奴を撃退してはダメ

顔を見るのも嫌な人の対処法-7

職場において、嫌な人物を積極的に「撃退」しようとする行動は避けるべきです。

このようなアプローチは、不和や対立をさらに悪化させる可能性があり、自身の精神状態にも悪影響を及ぼすことがあります。

嫌いな人について考えれば考えるほど、その感情は強まり、最終的には自己の心理的な負担となり得ます。

したがって、対立を避け、ポジティブな関係性を築くためには、自分の感情管理に重点を置くことが重要です。

とにもかくにも関わり合いにならないこと、話したり想像したりしないことが、大事です。

撃退なんてできっこないし、ますます絡んでこられたら大変です。

このように、嫌いな人に対する自身の感情をコントロールすることで、より健康的で生産的な職場環境を維持することができます。

上司に何か言われたらはっきりと言う

顔を見るのも嫌な人の対処法-9

きらいな人への態度が、上司につたわって上司からなにか言われることがあるかもしれません。

そんなときには、はっきりと「嫌いです」と伝えることです。

うやむやにしたり複雑にしないことで、シンプルに伝わるはずです。

そうすることで、プロジェクトチームをべつにしてもらったり、なるべく関わり合いにならない仕事を割り振ってくれることも考えられます。

上司だって人間だし、管理する立場なので、部下たちが気持ちよく仕事をすることを最優先してくれるはずです。

会わない人間をおなじタスクにして効率を避けることは、普通の上司ならまずしませんので、はっきりと伝えることが大切になります

家族でも同じ。なるべく関わり合いにならないこと

顔を見るのも嫌な人の対処法-8

家族関係でもおなじです。

必ずしも全員が互いに好意を持っているわけではありません。

家族だから仲良くしなきゃいけないとか、わかりあえるとか、最後まで味方になってくれるとか・・・それは幻想です。

どんな関係でも、好き嫌いは自然なことであり、嫌いな家族がいると感じることは決して珍しいことではありません。

このような状況でも、不要なストレスや衝突を避けるために、なるべく関わりを最小限に保つことが一つの解決策です。

例えば、共通の興味が少ない、価値観が異なるなどの理由で苦手意識がある場合、無理に関係を深めようとするよりも、お互いの空間を尊重し合う姿勢が大切です。

ただし、家族間であればあるほど、避けられない接点は存在します。

そういった時は、敬意を持ちつつ、必要最低限のやりとりを心がけることが、双方の精神衛生にとって有益です。

重要なのは、関係を強制せず、お互いの個性やプライバシーを尊重することにあります。

まとめ:顔を見るのも嫌な人の対処法。理由はいいからまずブロックしよう

ブロック

この記事のポイントをまとめます

  • 好き嫌いは日常生活において自然なこと
  • 性格の不一致や価値観の違いが嫌いの理由
  • 嫌いな人が変わることを期待しない方が良い
  • 人の性格や価値観は一朝一夕には変わらない
  • 嫌いな人との接点を減らすことがストレス軽減に繋がる
  • 会社内の全員と良好な関係を築くのは非現実的
  • 職場での苦手意識はコミュニケーションの取り方に起因することが多い
  • 嫌いな人について考えすぎると感情が強まる
  • 直接の接触を避けることでストレスを軽減できる
  • 敬語を使うことで相手との適切な距離を保つ
  • 1対1での会話を避けることで衝突のリスクを減らす
  • ネガティブな記憶は自己成長の一部と捉える
  • 文句を言われたら理由をはっきり伝える
  • 職場の嫌な人に対する感情をコントロールする
  • 家族間でも無理に関わりを深めようとしない

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

すこしでも参考になったと思われましたら、ポチッといいねマークを押してもらえると嬉しいです。

ブログの始め方を基礎から知りたい方へ

ブログの始め方を基礎から知りたい方へ、無料メルマガ講座のご案内です。

>>こちらからすぐ無料登録する

40歳から60歳までの20年間が、人生の中で一番楽しくておもしろい時間です。それを知らずに過ごしてる人がたくさんいます。

当サイトはそんな損をしてる中高年の方に向けて、今日からの人生をおもしろ楽しく過ごすためのノウハウをまとめています。

でも、面白おかしく生きていくためには、なにはともあれお金が必要になってきます。

そのために、殆どの方が副業をしたいと考えています。でも、どうやっていいのかわからない・・・。

副業の第一歩は、ブログです。リスクゼロで始められて、うまく行けば6桁のお金が毎月手に入ります。

こう言うと「嘘くさいな~」と言われそうですが、多くの人が失敗してるのは基礎を知らないからです。何をすれば良いのか誰も教えてくれないからです。

基礎さえしっかりしていれば、あとは応用していくだけです。

そこで、誰にでもできて、何も知らない人にもわかりやすい無料のメルマガ講座~基礎編~を作りました。

7回の無料基礎講座の後には、不定期でブログに関する知識や毎日の暮らしを楽しむ豆知識などを紹介しています。

今すぐ無料で読めますので、こちらをクリックして登録してください。

\無料で誰でも読めます/
無料メルマガ講座

無料メルマガ講座

40代からの人間関係について

人間関係について悩んでる40代の方は本当に多いです。

そんなときに、少しでもあなたのお役に立てればと思って、40代からの人間関係について、わたしの経験を元に記事を書いています。

よく読まれてる記事をまとめてみました。

気になったタイトルをクリックしてお読みください。

この記事を書いた人
とし

こんにちは、としです。
 
昭和36年生まれで、現在は62歳です。
 
何回も転職を繰り返し、4度目の会社の社長からのきつい言葉がきっかけで脱サラしました。
 
52歳のときでした。
 
脱サラしたときに、40歳からの10年間は何だったんだろう?としみじみ後悔しました。
 
40代のときに何をやるべきなのか、どういうことを考えていくべきか、その有無でその後の人生がだいぶ変わってきます。
 
その気付きから、こころ認定や終活ガイド、P検、安全運転能力検定などの資格を取りました。
 
現在は、ライフタイムアドバイザーとして日々努力を積んでいます。
 
40代は、人生の中でもいちばん楽しくてキラキラしています。
 
何を考えていけば良い結果が出るのか、わかりやすくお伝えしていきます。

としをフォローする
40代からの人間関係
スポンサーリンク
としをフォローする